ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《白皇角の意思 ルーベライノ》考察―合うデッキにはとことん合う感じ【デュエル・マスターズ】

紋章軸のメタリカも使用中。ポフルです。

今後見せる事が出来ればいいですね。

 

本日は100パックのSR、《白皇角の意志 ルーベライノ》を考察していきましょう。

 

 

 

 

カード情報

 


白皇角の意志 ルーベライノ

光文明 メタリカ/ワンダフォース

コスト3 パワー2000

GRクリーチャー

■自分の光の呪文を唱えるコストを1少なくする。ただし、コストは0以下にならない。


 

考察

光の呪文コストを1減らすGRクリーチャーですね。

 

呪文のコスト軽減は強力ですが、こうしたカード特有のデメリットとして「依存し過ぎると、除去が得意なデッキを相手にしたときにうまく使えない」というデメリットは存在しています。

更にこの子に関してはGRクリーチャーなので、狙ったタイミングで出せない点が困る所ですね。

 

とはいえ、現環境におけるGR召喚を使うデッキの中でメジャーな物である「赤白轟轟轟」や「白赤メタリカミッツァイル」、《音奏ハイオリーダ》を採用したデッキ辺りでは、《ヘブンズ・フォース》や《ハムラティス・ジャッジ》、《ジャミング・チャフ》《♪正義の意思にひれ伏せ》等、光の呪文を少なからず使用する物が多いです。それらデッキのGRゾーンに刺しておけば、思わぬ形で活躍するかもしれないです。

 

もちろん、GR召喚を行うタイプのサッヴァーク関連デッキに入れても良いでしょう。

各種裁きの紋章(特に《集結ノ正裁Z》や《剣参ノ裁キ》でしょうか)を唱えるコストを減らす事が出来る点は単純に嬉しいですし、メタリカなので《煌銀河サヴァクティス》の能力をサポートする事もできますね。

 

ただし、GR召喚の性質上この子を絶対的に信用するのはややリスキーですね。

「ルーベライノを最初に立てて光の呪文を連発する事が出来るから強い」という認識ではなく「ルーベライノを最初に立てる事が出来れば、光の呪文を連発する事が出来るかもしれない」くらいの認識に留めておきましょう。

 

 

まとめ

SRとしては、GRクリーチャーである事を踏まえてもかなり地味な印象です。ただ、現状流行っているGRデッキのほとんどで力を発揮できそうなポテンシャルは秘めているので、今後見かける事もあるかもしれませんね。

少なくとも私は欲しい。

 

以上。ポフルでした。