ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ドドド・ドーピードープ》考察―BOX価格超えまでしたSRの実力は実際どうなのよ【デュエル・マスターズ】

平成最後の記事。ポフルです。

 

平成最後の記事に相応しく、超天篇第一弾を良くも悪くも盛り上げた《ドドド・ドーピードープ》を考察する事で、気持ちよく令和を迎えましょう。

 

 

 

カード情報

 


ドドド・ドーピードープ

火文明 ビートジョッキー/ワンダーフォース

コスト4 パワー7000

GRクリーチャー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーが攻撃する時、自分の手札を2枚捨てる。


 

考察

 

考察記事って書くものですね!!!!申し訳ない!!!!

 

これ書くまで「出た時の能力で2枚捨てる」だと思っていました。そりゃここまで人気もでますね。

 

スペックとしては、GRクリーチャーでありながらパワー7000のW・ブレイカーとかなり強烈です。その代わり、攻撃時に手札を2枚捨てなくてはなりません。

 

この子の強力な点としては以下の通りです。

  • 現状、条件無しでのパワー7000、W・ブレイカー。
  • G・G・Gを使うデッキであれば、手札を捨てる事はメリットにもなる。
  • 手札0なら実質デメリット無し。

 

これらは、現在大会での使用率が高い「赤白GR轟轟轟」との相性がぴったりです。

轟轟轟のマスターG・G・Gを発動する為に手札を無くす必要があるので、手札を捨てる事は場合によってメリットとなります。また、優勢状態では基本的に自分の手札が0の状態で戦う事になるので、デメリットはそこまで気になる事はありません。

 

 


"轟轟轟"ブランド

火文明 ビートジョッキー

コスト7 パワー9000

■マスターG・G・G(ゴゴゴ・ガンガン・ギャラクシー):自分の手札がこのカードだけなら、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンに火文明のカードがあれば、カードを1枚引いてもよい。その後、自分の手札を好きな数捨ててもよい。こうして捨てた手札1枚につき、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体、破壊する。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

さらに素の状態でパワー7000と、相手の轟轟轟能力もすり抜けてくれます《KAMASE-BURN》で7000火力になる事も忘れてはいけませんね。

 

他のデッキにも採用できなくは無いですが、そういったデッキにおいて攻撃時に手札2枚を失う事は痛いので、基本的には「G・G・G」を使うデッキでの採用となるスペックと言えるでしょう。もしくは手札補充をしないデッキでの採用ですね。

 

基本的に1~2コスト計算のGR召喚によってここまでのサイズが出てくるのはかなりの脅威です。GR召喚を扱う速攻気味のビートダウンデッキをしっかり強化してくれるカードと言えるでしょう。それ以外でも、GR召喚を使うデッキでどうしてもGRクリーチャーで2打点が欲しいという場合、《鋼ド級 ダテンクェールB》と選択、もしくは両方採用する事になりそうですね。

 

今後必須か否か

個人的には「長い目で見た時に必須とは言えないかもしれない」と言いたいですね。

やはり手札を捨てるというデメリットは、速攻気味のビートダウンや墓地を利用するデッキでもない限りは使いにくいものとなっています。

素の状態でW・ブレイカーというのは強力ですし、おそらく今後こうしたカードは多くは登場しないと思われます。しかしながら、「デッキ構築次第では無条件かつデメリット無しでW・ブレイカーを持つクリーチャー」というのは今後確実に出てくるでしょう。具体的には、《The ジョラゴン・ガンマスター》等のように、「マナゾーンやフィールドにあるの特定のカードの枚数によって強化されるクリーチャー」であったり、闇文明のGRクリーチャーで「墓地にカードが複数枚ある場合に強化されるクリーチャー」等。

今までのデュエマの傾向として、そしてGRクリーチャーの選択肢を増やす為に、こうしたカードはいずれ開発されるかと思います。

 

こうした、「条件次第で強化されるクリーチャー」が充実した際、ドーピードープの居場所というのは、「墓地ソースのような、墓地にカードを溜める事に意味のあるデッキ」か、「轟轟轟のような、手札を減らす事に意味のあるデッキ」での採用となるでしょう。

 

 

 ただ、「必須では無い」と断言する事も出来ないですね。今の予想をまとめると、「デザイナーズデッキでの採用はいずれ減っていく」というもので、例えば「メタリカミッツァイル」のような非デザイナーズデッキの場合、デザイナーズデッキでの採用が主となる「条件次第でデメリット無しのW・ブレイカー持ちのGRクリーチャー」達の採用は避けられる事になります。

 

オーラデッキを組んでいる身としては、「《極幻夢 ギャ・ザール》との兼ね合いが悪いので、オーラデッキにドーピードープはいらない。つまり必須では無い」と考えていますが、これもまたオーラデッキの行く末によっては覆る可能性もあります。

 

ひとまず。現状のみで考えれば「必須では無い」と考えて良いと思います。ただし、「CSやGPで常に結果を残したいプレイヤー、すなわち競技志向の高いプレイヤー」にとっては、持っておいて損は無いのではないかと言っておきましょう。

 

まとめ

よくも悪くも盛り上がったこのカード。今後の評価に関しては今後のGRクリーチャーの動き次第にはなります。

個人的には、この子を無理して買わなければやっていけないような状況にならない事を祈るばかりですね……。

 

 

以上。令和もよろしくお願いします。ポフルでした。