ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

【デッキ診断コーナー】「白単 琉瑠ミットーテム」診断【デュエル・マスターズ】

メタリカになると口うるさくなりがち。ポフルです。

悪い癖や。

 

令和初の記事が診断記事です。年号跨ぐまでデッキ診断コーナーを長引かせて本当に申し訳ありません。

 

本日は、ハシビロコウ様より頂きました「白単 琉瑠ミットーテム」の診断です。デッキ投稿ありがとうございます。

 

 

 

デッキ情報

デッキ作成者

ハシビロコウ

 

デッキ名

白単 琉瑠ミットーテム

 

デッキ内容

ピラミットーテム 4枚

太陽の使い 琉瑠 3枚

気高き魂 不動 3枚

大迷宮亀 ワンダー・タートル 3枚

緑知銀 フェイウォン 4枚

奇石 トーパズ 4枚

青守銀 モルゲン 3枚

紅の猛り 天鎖 2枚

ジャスティ・ルミナリエ 3枚

シンクロ・シールド 4枚

トロワ・チャージャー 4枚

Dの牢閣 メメント守神宮 3枚

 

診断基準

メタは考慮せず、デッキ内容のみの診断

 

その他

ピラミットーテムが使いたいと思い作りました。 ピラミットーテムで呼んだ琉瑠や不動でクリーチャーを守りつつ、攻撃曲げでお茶を濁して頭数を揃えてからビートするデッキです。 ブロッカーを積んでいないのは序盤にラビリンスを達成しつつシールドを守る為と、中盤以降は琉瑠がいるからです。

 

診断

メタリカのデッキと見ていいでしょう。

琉瑠!!!

個人的に、メタリカの大型の中で一番、ロマンと実用性のバランスがSRらしいと思っているクリーチャーです。使いにくいけど使いたい。使いこなせば中々の制圧力。好きです。

 

そちらを、登場以降メタリカのサポート性能が高い《ピラミットーテム》で降臨させると。

さらに、不動と琉瑠によって自身のクリーチャーに完全耐性を与える事によって、死なないクリーチャー軍団によるビートダウンを狙うと。決まれば、この布陣をどうにかできるデッキは少ないでしょう。

 

おそらく序盤は《トロワ・チャージャー》でクリーチャーを展開しながらマナブーストし、攻撃曲げを使って《ピラミットーテム》降臨まで粘るという物でしょうか。

 

このデッキを見て思った事として、

個人的に描いているメタリカの基本形とかけ離れ過ぎて、診断が難しい。

 ですね……。

 

ひとまず、私のメタリカの基本形を箇条書きします。

  • 《一番隊クリスタ》と《龍装者バーナイン》によるコスト軽減とドローによって、大量展開。
  • 上記と併用して、《紅の猛り 天鎖》or《赤攻銀 カ・タブラ》のような、タップイン高パワークリーチャー+《緑知銀フェイウォン》のような攻撃曲げで相手の攻撃をいなしつつ、ビートダウンを開始。ラビリンスの達成。
  • バーナインで引き込み、クリスタで軽減された《正義の煌き オーリリア》等のメタクリーチャーで相手の動きを制限。
  • 一番隊でコスト軽減した《オヴ・シディア》《気高き魂 不動》《赤攻銀 マルハヴァン》等、大量展開したクリーチャーを活かすフィニッシャーでとどめ。

 

私がメタリカデッキを組む時は、「裁きの紋章」を使う時以外なるべくこの基本形を崩す事無く組み上げる事としています。

 

今回のこのデッキはそんな私の描いているメタリカの基本形からやや逸脱したデッキとなっていて、こう、しっかりとした診断ができる自信がないです。

 

 

……と、言い訳にも似た前置きを書いたうえで、このデッキを深く掘り下げていきましょう。

 

ここまで書いて、「私にとってのメタリカの基本形と比較する事で、今回のデッキに採用されているカードの役割をとらえていく」という事ができそうなので、そんな感じで書いていきましょう。

 

採用カードについて

各種攻撃曲げクリーチャー

私の攻撃曲げクリーチャーの使い方としては、

「序盤から終盤まで、天鎖等の高パワーの置物と組み合わせた鉄壁の防御により、相手の攻撃を常に封じつつ、相手のシールドを1枚でも多く削ってラビリンスを達成させる、デッキの主力」

という物でした。

そのため、2ターン目にクリスタを出してから3ターン目、相手が速度の速いビートダウンだと感じた場合にはバーナインの降臨を1ターン遅らせて《緑知銀 フェイウォン》と《紅の猛り 天鎖》を出して、攻撃曲げの準備を整えるというプレイも考えています。

こうして文章にしてみると攻撃曲げクリーチャーの役割でっけぇな。

 

反面、このデッキでは《紅の猛り 天鎖》が2枚しか採用されておらず、《一番隊 クリスタ》も存在していません。3ターン目に相手からの攻撃を完璧にいなす為には、「2ターン目に2枚しかない天鎖を引き込みつつ、3ターン目にフェイウォンを出す」という行動が必須です。2ターン目に4枚積みの《フェアリー・ライフ》や一番隊が引けないとよく嘆くプレイヤーとしては、この不安定さがわかるかと思います。

 

ともなれば、このデッキにおける攻撃曲げの役割というのは、「恒久的に守る為のクリーチャー」ではなく「使い捨て覚悟で1回の攻撃を防ぐクリーチャー」と捉える事が出来るでしょう。相手の打点をずらして1ターン延命するという事ですね。「《ピラミットーテム》を必ず出す」という心意気が見えてきます。

 

とはいえ、トーパズのような「自身をタップする能力は持っていない攻撃曲げクリーチャー」は、相手プレイヤーを殴る必要が出てくるのでアンチシナジー感は出ています。4枚積みの《シンクロ・シールド》で補うのでしょうか。

 

とはいえ、メメントが出てからは自分から攻撃曲げの誘発はできます。後半に琉瑠による防御性能を高める為ともとれるでしょうか。

 

《Dの牢閣メメント守神宮》

上の攻撃曲げクリーチャーと合わせて疑似無限ブロッカーとなる他、Dスイッチでフィールドのクリーチャーを無力化する事も可能ですね。

 

《太陽の使い 琉瑠》が出た後であれば、攻撃曲げクリーチャーを常にタップ状態にして置く事によって、攻撃曲げ+ブロッカー能力により、アンブロッカブル以外の相手クリーチャーの攻撃を受けとめ続ける柔らかい壁としての運用も可能となりますね。

 

おそらく対ビートダウンにおいて、1ターンでも長く延命するという使い道もあるのでしょう。このデッキでは優秀なカードとして扱えます。

序盤から終盤まで有効利用できる上に、デッキコンセプトとしても有用です。ただし張替えの危険性があるとやや脆いです。色々な理由からこれは4枚積みでも良いと思います。

 

《トロワ・チャージャー》

《一番隊 クリスタ》の代わりにピラミットーテムを1ターン早く降臨させる為のカードでしょう。

《緑知銀フェイウォン》を出せば、カード消費をある程度補えますね。

 

 

 

ここまでカード1枚1枚を見た限り、このデッキの小型カードの役割は「ピラミットーテムをなんとしてでも出す為に延命する為のカード」と捉えられそうです。

 

 

ここまで理解した上で、このデッキでなんとなく変えた方が良いのではないかと思うカードを挙げていきます。

 

《ジャスティ・ルミナリエ》

もしも、「場に必要なカードを揃えてからビートダウンを始める」というコンセプトを絶対視するのであれば、このカードは「コスト5以下の光のクリーチャーを出すだけのトリガーカード」にしかならないと思います。ビートダウンの質が向上している現状、こちらもシールドブレイクしなければラビリンスの達成は難しいものになってきています。

 

「オーリリアのラビリンスは達成しやすいんですけれど」という疑問が浮かぶかと思いますが、《正義の煌き オーリリア》のラビリンス達成が容易な理由としては3点挙げる事ができます。

  • 《一番隊 クリスタ》や《ヘブンズ・フォース》によって3ターン目には殴り手+オーリリアの2体を無理なく並べられる点。
  • このラビリンス能力が活きるのは、「呪文を主体としたコントロール」または「特定の呪文を起点としたビートダウン」である為、間接的にシールドを守る事が出来る点。
  • オーリリアのラビリンス能力自体が「メインフェイズに適用状態にして置く必要が無い」という点。

 

特に最後の点は大きいです。《ジャスティ・ルミナリエ》は自分のメインフェイズでラビリンスを達成しなければなりません。つまり「シールド優位状態で1ターン跨ぐ」と言う条件も重なります。

 

同じくターンを跨がなくてはならない《紅の猛り 天鎖》は、「自身がタップインの高パワーなので、攻撃曲げとの併用で無理なくシールドを守れる」という点と、「そもそもラビリンス能力は手札補充なので、相手がラビリンス警戒でシールドを攻撃した時点で手札補充の役割は果たせている」と言えます。

 

《記憶の紡ぎ 重音》も併用するのであればもう少しだけ達成は楽なのですが、それが入っていない上に「序盤でのビートダウンは考えていない」のであれば、《ジャスティ・ルミナリエ》のラビリンス能力達成は難しいと言って良いでしょう。

 

コントロールデッキばかりの環境であれば、こちらのビートダウン無しでも良いのかもしれませんが、それでも「シールドを追加しながらこのカード+コスト8メタリカを揃える」というのは中々難しいです。

仮にトリガーカードとしての採用だったとしても、素直に《ノヴァルティ・アメイズ》に変えてしまった方が良いかと思います。

 

《大迷宮亀ワンダー・タートル》

初代メタリカの強力なクリーチャーです。メメントとの相性も攻防共に良し。《ピラミットーテム》をリクルートできる点も良し。メタリカの大型の中では癖のあるもののかなり強力な部類に入るでしょう。

 

ただ、このデッキの最終到達点である「瑠瑠と不動で完璧な耐性を与えてビートダウン」という点を考えると、ややオーバーキル気味では無いかと思ってしまいます。

 

たしかに、「ピラミットーテムの光臨能力1回目でワンダー・タートルを出し、ラビリンス能力で完全耐性を与えた上で次のターンに琉瑠か不動を手出しし、2回目の光臨でもう片方を出す」といった形で安全な制圧が可能ですが、おそらくこのデッキ、相手がビートダウンの場合ワンダー・タートルのラビリンス能力での完全耐性付与は難しいのではないかと思います。

もちろん、対コントロールの為に1~2枚程度刺しておくのは良いかと思いますが、いっそ抜いてしまって他の採用候補カードに変えてしまった方が、少なくともピラミットーテムの光臨発動には漕ぎつける気がします。

 

《紅の猛り 天鎖》

個人的にここ、悩む枠ですね。

序盤の手札補充方法が少ないこのデッキにおける唯一の手札補充方法であり、攻撃曲げとの相性も良いカードであり。

 

とはいえ、2枚と少な目なので、序盤に確実に引き込める保証はないですし、終盤には琉瑠がドローソースになりますし、その頃には攻撃曲げの壁としての有用性も少なめ……と、ちょこっと地味に見えてしまいます。

 

とはいえ、メメントが剥がされた際の攻撃曲げ場所としては有能ですし、むずかしいですね。

 

ここは抜いてしまい、後述の《奇石マクーロ》のような確実性のあるドローにしてもいいかもしれません。

 

 

採用候補カード

ここまで、抜くカードの候補を挙げてきたので、ここで採用候補カードを書いていきます。

 

《ノヴァルティ・アメイズ》

全タップ+ドローに加え、スーパーボーナスでコスト8以下の光のクリーチャーを出す事ができます。

ボーナス達成を絶対視はできませんが、そもそも単純に1ターン止める事が出来るカードです。「《マスター・スパーク》で1ターン止めれる上に運次第で場に大型クリーチャーを残す事が出来る」と考えれば十分強力です。

琉瑠やピラミットーテムを出す事も出来ると考えれば、1ターン耐える為のカードとして考慮したいです。

 

《青守銀 ルヴォワ》

メタリカにおいては、2体のクリーチャーを止める事が出来る優秀なトリガークリーチャーです。このデッキであれば、琉瑠とメメントで防御を固める為のクリーチャーとして利用できます。

 

《奇石マクーロ》

メタリカと呪文専用のサーチカードです。

3コストと《トロワ・チャージャー》に対応しているので、手札消費を軽減できます。

 

私の普段のメタリカデッキであれば他のクリーチャーを優先する事が多いのですが、このデッキではメメントによるブロッカー付与のおかげで無駄になりにくいですね。

 

 

 

今回は「序盤の攻撃を捨てて、安定性を強化する」「ラビリンスは諦める」という方針で改造案を出しましたが、「序盤から殴ってラビリンスを達成する」という方向性でも良いという場合であれば、最初の方に書いた私のメタリカ基本形を元に組んでいただければと思います。

具体的には、

「クリスタ4バーナイン4天鎖3、オーリリアを何枚か刺してトーパズ、モルゲン、トロワを抜く」

位で、私のメタリカ基本形は完成します。

 

まとめ

この記事を書き終わって、

「なんか私のメタリカ基本形の考え方だけが独り歩きしてんな」なんて思ってしまいましたが、なんだかんだちゃんと診断はできたかなと思います。ハシビロコウ様のお役に立てれば幸いです。

 

上手く決まれば圧倒的な制圧力を誇るこのデッキ。ぜひとも使いこなしてみてください。

 

以上。ポフルでした。