ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《卍魔刃 キ・ルジャック》考察―あまり触れてこなかった重量級オーラは出せれば強力【デュエル・マスターズ】

オーラデッキ大好きになりました。ポフルです。

今年はビートダウン得意になれるように努力します。

 

本日は、今まで考察出来ていなかったSRのオーラ。《卍魔刃 キ・ルジャック》を考察します。

 

 

 

 

カード情報

 


卍魔刃 キ・ルジャック

闇文明 ドルスザク/マフィ・ギャング/デリートロン

コスト7 パワー+8000

オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体につけるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

■これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。

■これをクリーチャーに付けた時、そのクリーチャーに付いているオーラ1枚につき、相手のクリーチャーを1体破壊する。

■これを付けたクリーチャーが破壊された時、コスト6以下のオーラを1枚、自分の墓地からバトルゾーンに出す。


 

考察

オーラの中では現状、《極幻海 ゼーガギル》と並ぶ最重量オーラですね。

 


極幻海 ゼー・ガギル

水文明 トリックス/デリートロン

コスト7 パワー+6000

オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体につけるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

■すでに他のオーラが付いているクリーチャーに付けるなら、このオーラを使うコストを2少なくする。

■これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。(「パワード・ブレイカー」を持つクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)

■これをクリーチャーに付けた時、相手のクリーチャーを2体まで選ぶ。次の自分のターンのはじめまで、それらのクリーチャーは攻撃もブロックもできない。


 

 

あちらにはコスト軽減能力がありましたが、こちらにはコスト軽減能力はありません。《*/零幻チュパカル/*》や《接続 CS-20》のようなコスト軽減、もしくはマナブーストによって素早く出したいところです。

とはいえ、キ・ルジャックの能力的にはチュパカルや接続の能力で複数のオーラと共に付けるのが良いでしょうか。今後の自然文明オーラの動向によっては、マナブーストと共にオーラを重ねてキ・ルジャックを重ねるというプレイも考えられるでしょうか。

 

 


*/零幻チュパカル/*

水文明 トリックス/デリートロン

コスト2 パワー+0000

オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体につけるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

■自分のオーラを使うコストを1少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。


 


接続 CS-20

水文明 トリックス/デリートロン

コスト4 パワー2000

GRクリーチャー

■自分のオーラを使うコストを1少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。このようにしてオーラを使った時、それをこのクリーチャーに付ける。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

能力としては、お馴染みのパワード・ブレイカー付与に加えて、付けたGRクリーチャーに付いているオーラの数分、相手クリーチャーを除去する能力、そして付けているGRクリーチャーが破壊された場合にコスト6以下のオーラを墓地からバトルゾーンに出す能力を持ちますね。

 

パワード・ブレイカー付与に関しては、むしろここまで大型のオーラには付いていなければおかしい気がする能力ですね。さりげなくパワー+8000なので、《重圧 CS-40》等、元々のパワーが4000のGRクリーチャーに付けるだけでT・ブレイカーを達成できる点はうれしいですね。パワー2000であっても、何かしらのオーラを付けておけば容易にT・ブレイカーまで到達できます。これだけでかなり攻撃的なオーラだという事が窺えますね。

 

メインとなる能力はやはり、ついているオーラの数だけ相手クリーチャーを破壊する能力ですね。

GRクリーチャーに複数のオーラを重ねる事は1枚の除去によるカード消費が激しいというリスクがあります……とは、このブログ内での常套文句ですね。しかしながらこの複数確定除去は、その「複数のオーラを重ねるリスク」に見合った能力と言えます。

もちろん、キ・ルジャック自身も付いているオーラとしてカウントできるので、ただこのカードを使うだけで単体除去として使う事は可能ですね。

 

複数のオーラを付けずに単体で使う場合でも、単純に強力だった《狼虎サンダー・ブレード》を上回るパワーに加えて破壊時の蘇生能力と盛沢山です。ロマンカードに見えて、かなり堅実なカードだと言えそうです。

 

除去能力は強制なので、《シン・ガイギンガ》等の選びたくないクリーチャーも選ばなければならない場合もあります。ガイギンガのみの場合は出す事を控えるというのはもちろんの事、ガイギンガ以外のクリーチャーは破壊しておきたいという場合は、敢えて既にあるGRクリーチャーに重ねずGR召喚して重ねるという事も考えたいですね。そういった意味では、オーラ特有のプレイバリューの高さも利点と言えるでしょう。

 

付けたGRクリーチャーが破壊された時の蘇生能力ももちろん強力ですね。単純に「複数のオーラを重ねるリスク」を軽減する事に一役買ってくれています。

《無修羅デジルムカデ》や《極幻夢 ギャ・ザール》が付いたGRクリーチャーに重ねる事によって、疑似的な破壊耐性として扱う事も可能です。

デジルムカデで攻めのスピードを封じたり、ギャ・ザールでアドバンテージを稼いだりしつつ、キ・ルジャックを重ねて相手の場を一掃しながらムカデやギャ・ザールに疑似的な破壊耐性付与。相手からしてみればかなり厄介なオーラとなってくれますね。

 

もちろん、《ア・ストラ・ゼーレ》も蘇生圏内です。キ・ルジャックと役割は被っていますが、かなり厄介な抑止力となってくれるでしょう。

 

 

欠点としてはやはりその重さですね。《極幻夢 ギャ・ザール》に対応していないコスト7というのは厳しい所です。

コスト7に見合う性能はしっかり持っているので、複数枚積みたいと思えてしまうカードですが、自然文明オーラの全貌が見えるまでは2枚程度の採用に抑えて様子見したいところですね。

 

また、《ア・ストラ・ゼーレ》と役割が多少被ってしまう点も気になる所でしょう。バウンスと確定除去の違いを活かして、上手く共存させたいところです。

 

まとめ

コスト7と重量級のオーラですが、その重量級であるが故のカードパワーは十分持っていると言えるでしょう。

現状「4枚積みたい 」とは言い辛いカードですが、1~2枚刺しておくことで、しっかりとした活躍ができそうです。

 

以上。ポフルでした。