ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《終端の闇 ウゴカ・ザルコ/再誕の輝き》考察―実用的最軽量デーモン・コマンド【デュエル・マスターズ】

 5月病には気を付けて。ポフルです。

 

本日は、コロコロオンラインにて情報が出てきました《終端の闇 ウゴカ・ザルコ/再誕の輝き》の考察をしていきましょう。

 

妄想構築録の方も面白い事が書かれていますよ。

 

 

 

 

カード情報

 

終端の闇 ウゴカ・ザルコ

闇文明 デーモン・コマンド

コスト2 パワー6000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚、自分のマナゾーンから墓地に置く。

再誕の輝き

自然文明 コスト1 呪文

■カードを1枚、自分の墓地からタップしてマナゾーンに置く。

 

考察

クリーチャーとして

2コストでパワー6000のW・ブレイカーですが、自分のマナを1つ減らさなければならないデメリットを持っています。

軽量クリーチャーでこのスペックは、闇文明としては中々破格ですね。

 

ただし、マナのカードを1枚墓地に送るデメリットはかなり痛いです。ビートダウンで使うのであれば、なるべくデッキの中身を軽くするか、マナブーストを多めに積むか、はたまた自身の種族を活かして《S級侵略 デッドゾーン》等への侵略の種とするか……といった工夫は欲しいですね。

 

コントロールやコンボデッキのようなデッキの場合、マナが潤沢となった後半であれば墓地回収や蘇生カードと合わせた疑似的なマナ回収としても扱う事ができそうです。本来なら《白米男しゃく》等と言った直接的なマナ回収を使う方が効率がいいのですが、併用するカードによっては墓地に直接叩き込めた方が嬉しい場合もあるので一長一短と言ったところでしょう。

 

さらに、コスト2以下のデーモン・コマンドの中では、一番悪魔神の進化元として採用しやすいクリーチャーと言えますね。

現状コスト2以下のデーモン・コマンドは、

  • 1コストであるものの、タップインによって進化クリーチャーの旨みが活かしにくい《天斬の悪魔龍 ジュランデス》
  • 1コストであるものの、サイキック・クリーチャーを破壊しなければ自壊する《友斬のマジ・スマーン》
  • 2コストではあるものの、手札の進化クリーチャー含むすべての手札を捨てなければならない《虚像の大富豪 ラピス・ラズリ》

と、進化元としては使いにくいものばかりが揃っています。

タップインも自壊もせず、手札を減らさないウゴカ・ザルコが進化元として優秀な事がわかりますね。

 

 

進化デーモン・コマンドの中で相性の良いクリーチャーとしては、

  • ウゴカ・ザルコのデメリットで非闇文明のカードを墓地に送れば実質デメリット無しの《悪魔神 ドルバロム》
  • ウゴカザルコで墓地に送ったカードを回収できる《死神明王ガブリエル・XENOM》《悪魔神グレイトフル・デッド》等
  • ウゴカザルコで墓地に送ったクリーチャーを蘇生する《覇王ブラックモナーク》《悪魔神デスモナーク》

が挙げられます。

とはいえ、デーモン・コマンド指定の進化クリーチャーは出すだけで8割方勝負が決まる子も多いので、使いたい悪魔神を選ぶのもいいかもしれませんね。

 

マナゾーンのカードを墓地に送るカードには他にも《ダンディ・ナスオ》や《カラフル・ダンス》、《カラフル・ナスオ》等様々な物が存在していますが、それらカードと比べた際のメリットとして「ライブラリアウトの心配がない」という利点と、「ツインパクトである」というメリットが挙げられますね。

色の合うコントロールデッキで墓地を利用するデッキの場合、積極的に採用してもいいかもしれません。

 

呪文面

墓地のカードをマナゾーンに置く効果を持ちます。

 

基本的には《再誕の社》の下位種と見れますね。1コストでのマナブーストが出来るのは利点と言えます。

特に《フェアリー・ライフ》等のブーストで増えた1マナによって、墓地に送られた《フェアリー・ライフ》等を即座にマナゾーンに送る事が出来る点は優秀ですね。手札消費は激しいですが、《フェアリー・ライフ》と《再誕の輝き》が揃っていれば2ターン目に2ブーストが出来るという事になります。

 

1コストという軽さのおかげで、何かのアクションを行って余ったマナを有効利用するという使い方も可能です。もちろん《ガガガン・ジョーカーズ》等の1コスト呪文と合わせた2ターン目ブーストとして扱っても良し、マナ回収と併用して墓地回収としても良しの、かなり器用な呪文と言えるでしょう。

 

ツインパクトとして

クリーチャー面のデメリットは気になりますが、そのデメリットを克服する方法さえ確率しておけば、その軽さも相まってかなり器用な事が出来る1枚と言えそうですね。

 

基本的にはマナを伸ばしやすく墓地を利用しやすい黒緑系のデッキへ採用し、どちらの能力も有効活用できるような構築を目指したいところですね。

 

色の合うツインパクト系のデッキでの採用も考えて良いかと思います。

《輪廻暴冥》での蘇生、《ナ・チュラルゴ・デンジャー》によるマナから呼び出す為の墓地回収等等、その器用さを活かす基盤は揃っていますね。

 

 

まとめ

片面がデメリットクリーチャーでありながら、使うデッキさえ間違えなければ器用なカードだと言えますね。

デッキ構築の幅を広げてくれそうなカードです。これを軸にデッキを組む……というより、既存のデッキに入る余地が無いかしっかり考えてみたいカードですね。

 

以上。ポフルでした。