ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《C.A.P.カイト》考察―新能力「マナドライブ」とは【デュエル・マスターズ】

今日から忙しい日の復活ですね。ポフルです。

皆様心身共に気を付けて。

 

 本日は、コロコロコミック6月号付録の《C.A.P.カイト》の考察です。新能力も存在しているらしく、中々興味深いです。Youtubeのコロコロチャンネルにて公開されています。

 


【デュエ速】令和初!!マナドライブ最速公開!コロコロ6月号付録のC.A.P.カイトは、新能力持ちで大変なことに・・・【マナドライブ】

 

 

 

カード情報

 


C.A.P.カイト

水文明 トリックス/ワンダーフォース

コスト4 パワー3000

GRクリーチャー

■マナドライブ3水:このクリーチャーが攻撃する時、自分のマナゾーンのカードが3枚以上で水文明があれば、相手のクリーチャーを1体選ぶ。次の自分のターンのはじめまで、そのクリーチャーは攻撃もブロックもできない。


 

考察

新能力「マナドライブ」を持つGRクリーチャーですね。

 

新能力「マナドライブ」

自分のマナゾーンのカードの数と、マナゾーンにある文明を条件とするキーワード能力になりますね。

今まではメインデッキの文明に関係なく超GRを構築していましたが、この「マナドライブ」を持つクリーチャーを使う場合にはメインデッキの文明も多少は考えなければならなくなりました。

 

条件は「マナ武装」と似ていますが、「指定された文明のカードが1枚あれば良い」という点で、マナ武装よりも緩い条件となっていますね。

 

メインデッキを単色で構築する必要はありませんが、タッチではGR召喚の特性上少し不安が残ります。指定された文明のカードが8枚以上あれば、このマナドライブの条件を達成しやすいでしょうか。

 

なんにしても、今までの「とりあえず汎用性の高いGRクリーチャーだけ集めておけばいい」という風潮に風穴を開けて欲しいキーワード能力ですね。

 

《C.A.P.カイト》の考察

コスト4でパワー3000。GRクリーチャーとしては高めのパワーに加えて、「マナドライブ3水」を達成する事で、攻撃時に相手クリーチャーを行動停止にできますね。

「マナゾーンにカードが3枚以上あり、水文明のカードが1枚以上あれば……」という発動条件は、水文明のカードをしっかり採用していれば容易に達成できる条件です。

 

今までのGRクリーチャーの能力は受動的なものが多かったのに対して、こちらは攻撃時の能力と能動的なものになっています。能動的な能力の発動ができるGRクリーチャーは、今後も何かしらの条件付きの物が多くなるのかもしれませんね。

 

相手のビートダウンの速度を緩めつつこちらは攻撃を続けるという能力は、中々に優秀です。殴り返し対策にも貢献してくれますね。メインデッキに入るカードの場合はやや物足りない能力ですが、GRクリーチャーであれば十分優秀なカードだと言えそうです。

動画でされている通り、ギャザール能力でケルベロックを付けての連続攻撃との相性も良いです。

 

攻撃時能力故に、自分のターンでのGR召喚を狙うよりも、相手のターンのS・トリガーでGR召喚してカウンターを狙っていきたいようなクリーチャーですね。

そういった意味では《*/弐幻ニャミバウン/*》等のオーラトリガー、相手がパワー2999以下のクリーチャーを使うデッキの場合の《KAMASE-BURN!》、単純に強力な《行燈どろん》あたりで相手の攻撃を防ぎつつ、次のターンに撃ち漏らしたクリーチャーを行動停止にする……と言った活躍に期待したいですね。

 

コロコロコミックの付録という、いわばプロモーションともいえるカードとしては、中々強力なカードだと思いますね。

 

まとめ

新能力、「マナドライブ」によって、能動的な動きが可能となっているGRクリーチャーですね。

ビートダウンに入れて良し、S・トリガーのおまけとして出てくるカードとして有効利用しても良しの、中々強力なクリーチャーだと言えそうです。

 

以上。ポフルでした。