ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《審絆の鎮り 新蓮/ジャスティス・シェイパー》考察―白青の超強力カード【デュエル・マスターズ】

メタリカのスタートデッキ発売日が私誕生日なんですよね。ポフルです。

……買いたいなぁ……。

 

 本日は《審絆の鎮り 新蓮/ジャスティス・シェイパー》を考察していきます。

 

 

 

 


審絆の鎮り 新蓮

光文明 メタリカ

コスト7 パワー6000

NEOクリーチャー

■シンパシー:クリーチャー(このクリーチャーを召喚する時支払うコストは、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体につき1少なくなる。ただし、コストは0以下にならない)

■NEO進化:自分の光のクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■W・ブレイカー


ジャスティス・シェイパー

水文明 コスト3 呪文

■自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中から光のカードをすべて自分の手札に加える。その後、残りをすべて自分の墓地に置く。


 

考察

またすげぇもんが来たなぁ……。

 

クリーチャー面

シンパシー:クリーチャーを持つシンプルなNEOクリーチャーですね。

大量展開できるデッキであれば、低コストで奇襲的に2打点を形成出きるようになるクリーチャーです。

メタリカのようなデッキにはぴったりですね。

 

それ以外にはあまり書くことが無い位には淡泊なカードです。

ツインパクトである点がどこまで活かせるかですね。

 

呪文面

むしろ怖いのはこちらの面ですよね。

3コストでデッキトップを3枚捲り、その中の光のカードをすべて手札に加える事が出来る呪文です。

 

《コアクアンのおつかい》が多色ツインパクトとなった代わりに、闇文明のカードを引けなくなった物と捉えて良いと思います。ただ、多色ツインパクトとなった恩恵はかなり大きく、このカードの能力で2枚目のこのカードを手札に入れる事が可能となっています。《コアクアンのおつかい》のデメリットだった「自身を手札に入れる事ができない」という点をしっかり解消していますね。

 

《コアクアンのおつかい》を見ればわかる通り、3コストで3枚ドローはかなり強力です。(+1ブーストの余地がある《決闘者・チャージャー》が異常なだけです)

合うデッキには必須カードとして採用されるのではないでしょうか。

 

ツインパクトとして

クリーチャー面がかなり淡泊なので、基本的には呪文面の能力に期待して採用する事になるでしょう。その呪文面が強力なおかげで、淡泊なクリーチャー面も気になりませんね。

 

白青のデッキは基本的に、「手札にコンボパーツを固めてビートダウン」もしくは「場にクリーチャーを大量展開してからビートダウン」といったプレイが求められる為、速度を重視まではしないデッキがほとんどです。現環境において相手の速さについて行く為の調整はするかもしれませんが、その調整方法として速さを選択し辛い色構成のデッキになる事がほとんどです。

 

そのため、《ガガ・ピカリャン》や《タイム1 ドレミ》等の優秀なドロー能力持ちクリーチャーよりも優先して採用する余地もある事でしょう。もちろん、これらのドロー能力持ちクリーチャーと合わせてクリーチャー面のシンパシーを使いやすくするという事も考えられます。

 

メタリカデッキにおいても、《龍装者バーナイン》に次ぐ優秀なドローソースとして使う事が出来るでしょう。除去カードにおびえる事無く手札補充が出来る点はうれしい所です。呪文面を使う為には水文明のマナが必要な事は頭に入れておく必要があります。デッキ構築はやや難しくなるかもしれませんが、スタートデッキを雛形にしてしまえる点はうれしいですね。

 

ただし、青白のビートダウンデッキは「速度を上げにくいデッキ」であるが故に、「プレイングの面で速度を要求される」という事もあります。

「この呪文を使う暇があるならクリーチャーを1体でも展開しておくべき」というプレイングを要求される場面も考えられる為、最終的にこの呪文の居場所が無くなってしまう恐れがあるという点は気にしておきたいですね。クリーチャー面のシンパシーのおかげで他のドロースペル程気になる事は無いかもしれませんが。

 

 

とはいえ、このカードが一番活躍できる場所は「天門系」や既に構築が困難ではありますが「白青ロージアミラダンテ」のような、「青白のコントロールデッキ」である事は間違いないですね。どちらもコントロールの起点となる《ヘブンズ・ゲート》や《ドラゴンズ・サイン》の手札消費が激しい為、その欠点をしっかり補ってくれます。

多色であるが故のマナ基盤として、単純な3枚ドローカードとして、いざという時の打点として……縦横無尽の活躍が出来ると思います。クリーチャー面はお飾りのようになってしまいますが、デッキ全体を見た際に《ヴォルグ・サンダー》1枚で追い詰められるリスクを減らす事が出来ると前向きに捉えましょう。

 

全体的に、白青系のデッキの強化カードと見る事が出来るでしょう。欠点も少し挙げましたが、それでも強力なカードである事は間違いないと見ていいでしょう。

 

まとめ

白青のデッキにおける新たな強力手札補充カードですね。この先白青のコントロールデッキを組む際には真っ先に候補に挙がる必須級カードと見て良いでしょう。

 

 

以上。ポフルでした。