ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《暴走獣斗 ブランキー》考察―最近多いバイクの強化【デュエル・マスターズ】

今になって思うと、

「侵略ってなんだかんだかなり良い調整されたカードだったんだな」と思う、ポフルです。

 

本日は《暴走獣斗 ブランキー》を考察していきましょう。今日のアニメで公開されました。

本当は他のカードの考察記事を更新しようかと思いましたが、先にこっちを書いてしまった方が良いかと思いまして。 先ほどまで書いていた次第です。

 

 

 

カード情報

 


暴走獣斗 ブランキー

火文明 ソニック・コマンド

コスト4 パワー4000+

■スピードアタッカー

■このクリーチャーが攻撃する時、相手のシールドを1枚選ぶ。相手は、このクリーチャーにそのシールドをブレイクさせてもよい。相手がそうしない場合、自分はカードを2枚引く。

■バトル中、このクリーチャーのパワーを+3000する。 


 

考察

新規ソニック・コマンドです。最近多いですね。

 

まどろっこしいですが、攻撃時、相手に「シールドを1枚ブレイクさせられるか、相手に2枚ドローさせるか」を選ばせる事が出来るクリーチャーですね。

 

コスト4のコマンド持ちスピードアタッカーもここまで来たか

と思ってしまうスペックですね。

 

相手のシールドをブレイクする場合、《熱き侵略 レッドゾーンZ》と《轟く侵略 レッドゾーン》の侵略を宣言する事によって、ブランキーの能力+レッドゾーンZの焼却+レッドゾーンの3打点によって、一気に5枚のシールドを葬る事が出来ますね。

レッドゾーンZに次いで、相手プレイヤーを仕留める事に特化した動きが期待できますね。

 

2枚ドローはシンプルに強力ですね。レッドゾーン系統のデッキでは侵略の都合上どうしても手札が減ってしまいますが、それを補ってくれる能力になってくれます。コスト4でドローが出来るクリーチャーという点で、今までのソニック・コマンドとの差別化は十分出来ていると言えるでしょう。

 

難点としてはやはりというか、「相手に選ばせる」という点でしょう。

いや、これで自分が選べるとかなら逆に頭おかしいカードでしたけど。

 

除去系トリガーが多いデッキを相手にした場合、「相手にシールドブレイク能力を選ばれてS・トリガーを引いてしまい、1ターン稼がれてしまう」という状況が多くなると考えられますね。侵略能力を先に処理していた場合は単純にブランキー+侵略クリーチャー分のカード消費になってしまいますし、侵略を待機させていた場合には、侵略クリーチャーの出た時能力が発動できません。

トリガーがそこまで多くないデッキが相手であればこのような心配は多少減るのですが、除去トリガーが多い環境の場合は、この子を使うよりも他の4コストソニック・コマンドを選んだ方が良い場面もあるかもしれません。

 

ドロー補助が欲しい場合も、いざという時にドローできない可能性があるというのは不安が残ります。多少コストが高くても《暴走機 "F-亞"》や《轟速 ザ・マッハ》あたりを優先しても良いのかもしれません。

 


暴走機 "F-亞"

火文明 ビートジョッキー/ソニック・コマンド

コスト5 パワー5000

■G・G・G:自分の手札が1枚以下なら、このクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札を1枚選んでもよい。そうしたら、残りをすべて捨て、そのターンの終わりにカードを2枚引く。


 

www.dmasters-pohu.com

 

とはいえ、スパーク系等足止め系のトリガーを主とするデッキや、トリガーがそこまで多くない相手に対しての突破力はかなり魅力的です。

能力自体はレッドゾーン系統と相性の良いものです。多少不安定でも、「1ターンでも早く相手を仕留めたい」と考えるのであれば十分採用候補となるでしょう。

 

まとめ

不安定ながらソニック・コマンドらしい突破力は魅力的です。レッドゾーンを使う方には是非手に入れて欲しいカードでした。

 

以上、ポフルでした。