ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ギガント・テキサリス》考察―久しぶりのこの脳筋感【デュエル・マスターズ】

ただいま寝不足。ポフルです。変な事書かないように頑張ります。

 

本日は《ギガント・テキサリス》を考察していきます。

 

 

 

カード情報

 


ギガント・テキサリス

自然文明 グランセクト

コスト8 パワー12000

■マッハファイター

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルに勝った時、カードを1枚引く。その後、パワー12000以上のクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。


 

考察

通常パックでは久しぶりに見た気がします。パワー12000以上のクリーチャーをサポートする大型グランセクトですね。

マッハファイター+バトルに勝った時に1ドローしつつパワー12000以上のクリーチャーを1体手札から踏み倒せるクリーチャーです。

 

コスト8、パワー12000以上のマッハファイターとしては他に、

  • バトルに勝った際、自然のコスト6以下のクリーチャーをマナゾーンから踏み倒す《リ・ハナッキ・パンツァー》
  • パワー13000な上に、バトルに勝てば1枚の手札補充+2マナブーストと破格の《カブトリアル・クーガ/ミステリー・ディザスター》
  • バトルに勝った時に、デッキトップ3枚の中から進化でないパワー12000以上を踏み倒す《ストロング・ゴライアス/氷結ハンマー》
  • バトルに勝てば相手のシールドをマナ送りにでき、出た時に他のクリーチャーを強化できる《DX銃斬首領SEVEN》
  • クリーチャー面には特徴が少ないものの、呪文面が序盤のマナ加速要員となる《摩破目 ナトゥーラ・トプス/ストンピング・ウィード》

が挙げられます。

また、コスト8でパワー12000以上を踏み倒しできるクリーチャーとしては、上の《ストロング・ゴライアス》に加えて《メガロ・カミキュロス》も挙げられますね。

 


メガロ・カミキュロス

自然文明 グランセクト

コスト8 パワー12000

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の自然のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■T・ブレイカー

■このクリーチャーが攻撃する時、自然のパワー12000以上の進化でないクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。


 

これらの事を考えると、この子のポジションというのはかなりの激戦区と言えますね。

 

特にパワー12000以上の踏み倒しに関して言えば、2ブロック構築の事を考えない場合、進化元こそ必要なものの、《ボントボ》からきれいにつながるコスト7の《バードリアント》が存在している点が悩ましいところです。

 


バードリアント

自然文明 グランセクト

コスト7 パワー12000

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の自然文明のクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■T・ブレイカー

■キズナコンプ(このクリーチャーが攻撃する時、好きな数の自分のクリーチャーのKP能力を使う)

 KP―自分の山札の上から2枚を見る。その中から自然のパワー12000以上の進化でないクリーチャーを1体、バトルゾーンに出してもよい。残りを自分の手札に加える。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

そんな激戦区の中でこの子を使うのであれば、差別点として挙げられる点は2点です。

  • (NEOクリーチャーと比較して)目立つ下準備無しで出たターンに攻撃できる点
  • 踏み倒し先に文明の縛りが無く、進化クリーチャーも踏み倒し可能な点

 

前者に関しては、デッキ内に無理して軽量クリーチャーを搭載しなくても機能しやすく、手札、フィールドのカード消費が少ないという利点があります。もちろん、相手がクリーチャーを用意していない場合は攻撃できない点は欠点と言えますが。

 

重視したいのはむしろ後者かもしれません。

《「理想」の極 シャングリラ・エデン》のような、単純に重すぎる進化クリーチャーの踏み倒し補助として使って良し、《賀二流忍者ザリガニンゾウ》《超不死 デスマトメル》のような、場にクリーチャーを要求しない進化クリーチャーを使って一気に攻めるも良し。

個人的に、シャングリラ・エデンとの相性は注目したいところがありますね。自身を進化元にする事によって、「エターナル・Ω」で《ギガント・テキサリス》自身共々手札に戻るので、また出し直す事が可能です。

 


「理想」の極 シャングリラ・エデン

無色 ガーディアン/ゼニス

コスト12 パワー17000

■進化GV・Ω:自分の墓地、マナゾーン、バトルゾーンからクリーチャーを1体ずつ選び、その3体を重ねた上に置く。

■T・ブレイカー

■このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。相手はそれを自身の山札に加えてシャッフルする。

■このクリーチャーがタップしている時、相手のクリーチャーは攻撃もブロックもできない。

■エターナル・Ω(このクリーチャーがフィールドを離れる時、代わりに手札に戻す)


 

www.dmasters-pohu.com

 

ただ、墓地にクリーチャーを補充しなければならないのが欠点と言えば欠点でしょうか、《イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ》のような軽量ツインパクト呪文や、《霞み妖精ジャスミン》あたりで補助したいところですね。

ていうかこういうデッキ作りたいな。

 

とはいえ、ここまでの事はあくまで「この子をメインでデッキを組む場合」の話です。《バードリアント》で出して、相手のクリーチャーを何とかしながら、バードリアントで手札に加えた方のパワー12000以上のクリーチャーを呼び出したり……のように、他の踏み倒しグランセクトと併用するのも十分アリではありますね。

手札からの踏み倒しというのは、《メガロ・カミキュロス》以来であり、ドロー能力があるので手札も減らないとなれば、中々に強力だと言えるでしょう。

 

まとめ

久しぶりにきた派手なグランセクトです。パワー12000以上のサポート能力は相変わらず。今までのグランセクトとはまた違った使い方も出来るので、メインで使うならこの子にしかできない何かを見つける事が重要となるでしょう。

単純にグランセクトデッキの隠し味として使っても、それなりの活躍はできそうです。

 

以上。ポフルでした。