ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《パッパラパーリ騎士》考察―【デュエル・マスターズ】

ジョーカーズ、みんな使ってますか?私《はさめ姉》しか使ってないです。ポフルです。

 

本日は《パッパラパーリ騎士》の考察になります。アニメにて公開されましたね。

 

 

 

カード情報

 


パッパラパーリ騎士

無色 ジョーカーズ/ワンダーフォース

コスト3 パワー2000

GRクリーチャー

■マナドライブ2(J):このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンのカードが2枚以上でジョーカーズがあれば、ジョーカーズを1枚、自分の墓地からマナゾーンに置く。


 

 

考察

GRクリーチャー版《パーリ騎士》とでも言うべきクリーチャーですね。

新能力「マナドライブ」を引っ提げてのGR化です。

 

マナゾーンにジョーカーズが1枚以上で、カードが2枚存在している時という条件は、案外満たしやすい条件なのではないでしょうか。

ジョーカーズでなくても、《ガガガン・ジョーカーズ》《超GR・チャージャー》のような汎用性の高いカード、《行燈どろん》《マン・オブ・すて~る》のようなジョーカーズ以外でも採用できるS・トリガーを多めに採用してあれば、GR召喚を行える頃にはマナドライブの条件を満たせている気がします。

おそらくその条件の緩さが理由だと思いますが、墓地からマナゾーンに置けるのはジョーカーズに限定されています。非ジョーカーズデッキで使う場合、《ガガガン・ジョーカーズ》や《カツラデランス/「アフロ行きま~す」》のように、低コストかつ汎用性の高い呪文を用意すべきでしょう。

逆に言えば、これらのジョーカーズカードと併用する事によって、どんなデッキでもマナブーストが出来るようになるという事です。GRクリーチャー故の不確定性からあまり過信したくはないですが、覚えておいても良さそうです。

 

ジョーカーズにおける《パーリ騎士》は、ガンバトラー軸でもジョラゴン軸でも、《ヤッタレマン》と共にエース級のクリーチャーを出す為の準備役として、前半から後半までしっかり活躍できるクリーチャーです。《ヤッタレロボ》と共に、GRクリーチャーになったのはうれしい所ですね。

基本GR召喚を行うのはガンバトラー軸となっていますし、そちらでは他のGR召喚クリーチャーと共に主戦力となってくれるでしょう。ジョラゴン軸でも最近は《プラモデール》採用型というのも見かけるので、入れておいて無駄になる事は無いかもしれませんね。

 

……こういう淡泊な物って、書くことあんまりないですね!!!!

 

 

まとめ

ジョーカーズのマナドライブ持ちGRクリーチャー。今後のジョーカーズの構築に影響を与える事になりそうですね。

 

以上。ポフルでした。