ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《Wave All ウェイボール》考察―初、水文明クリーチャーのマスターカードはテクニカル【デュエル・マスターズ】

最近、動物と触れ合いたい感がスゴイ。ポフルです。

海でも地上でも空でもいいや。

 

本日は、超天篇第2弾「蒼きCAPと漆黒の大卍罪」にて登場する水文明のマスターカード《Wave All ウェイボール》を考察していきます。

 

コロコロチャンネルの生放送でネット上で公開されました。


【生配信第3弾!】コロコロコミック6月号の魅力を徹底紹介!!

 

 

 

カード情報

 


Wave All ウェイボール

水文明 トリックス/ワンダーフォース

コスト2 パワー5000

■このクリーチャーは攻撃できない。

■各ターン、自分が初めて呪文を唱えた時、GR召喚する。

■クリーチャーの能力によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。


 

考察

水文明初、クリーチャーのマスターカードですね。

……ムートピアのマスターカード欲しかったなぁ……。

 

攻撃できないデメリットを持つ代わりに、コスト2でパワー5000と高めの数値を誇る上に、クリーチャー能力限定のアンタッチャブル、各ターン、自分が呪文を唱える度にGR召喚を行う能力とてんこ盛りです。

 

単体では打点にすらならない所が気になりますが、それを補って余りあるスペックを持っていますね。

パワーが高いので半端な火力呪文では届かず、クリーチャーによって選ばれないので、G・W・Dの相打ちすら許しません。高パワーのマッハファイターが気になる所ではありますが、逆に言えばマッハファイター以外では倒すのに苦労しそうなスペックと言えるでしょう。

 

そしてこの場持ちの良いクリーチャーが持つ、各ターン、初めて呪文を唱えるとGR召喚が出来るシステム。噛み合ってますね。

 

除去が蔓延し、ゲームスピードも上がった現在、システムクリーチャーに求められるのは「他カードとの併用しやすさ」「場持ちの良さ」「単体でアドバンテージを稼ぐ能力」となっています。

この内「単体でアドバンテージを稼ぐ能力」というのは持ち合わせていませんが、「他カードとの併用しやすさ」と「場持ちの良さ」は持っていますね。

 

このクリーチャーのコストが2とかなり低いので、「何かの呪文を唱える前にウェイボールを出して更にアドバンテージを稼ぐ」という行動をとりやすくなっています。

打点にならない性質を考えると、2ターン目に出すよりも、3ターン目以降に他の呪文を唱える前に出すのが良いでしょう。そもそもGR召喚のコスト設定は1~2なので、「他の呪文にGR召喚能力を付与する」という感覚で使う事も十分使用可能です。手札消費は気になる所ですが、総合的なカード消費で見ると、

「《♪仰ぎ見よ閃光の奇跡》=コスト7・手札消費1・クリーチャー1体」

「《Wave All ウェイボール》+《スーパー・スパーク》

  =コスト7・手札消費2・クリーチャー2体」

と、展開できるクリーチャー数で見ればそこまで気になる事でもなさそうです。むしろ、「次のターンにまた呪文を唱える事が出来ればさらにカードを増やせるぞ」と考えれば十分なのではないでしょうか。

 

使い方としては、軽量呪文や踏み倒しができる呪文《スパイラル・ゲート》《シンクロ・スパイラル》、もちろん他文明の力も借りて《ゴースト・タッチ》に《ゼンメツー・スクラッパー》等の、相手を妨害しつつ、自分はGR召喚によってどんどんクリーチャーを増やし、相手が疲弊してきた所を、GR召喚による物量で攻めていくという使い方となるでしょう。

《龍装艦スペルエビート》によるコントロールを使われた、もしくは使った事がある方からしてみれば、あのいやらしさにGR召喚のギミックまで付与されるという恐ろしさを感じてもらえるかと思います。あんまりメジャーなデッキでは無いですけれどネ。

《ゲオルグ・バーボンシュタイン》、《改造治療院》と共に、相手のカードをハンデスしながらGR召喚していけば、かなりいやらしい事になるでしょう。

 

 

出すGRクリーチャー候補としたいのはやはり《パス・オクタン》ですね。相手のターン中のみとはいえ、回避したいウェイボールの除去の身代わりとなってくれます。

 


パス・オクタン

水文明 トリックス/ワンダーフォース

コスト2 パワー1000

GRクリーチャー

■相手のターン中、相手が自分の他のクリーチャーを選ぶ時、可能ならこのクリーチャーを選ぶ。


 

www.dmasters-pohu.com

 

また、光の呪文でコントロールする事も考えるのであれば、《白皇角の意志 ルーベライノ》も候補ですね。《命翼ノ裁キ》等のシールド追加呪文のコストを下げる事が出来る点はうれしいです。

 

 

 


白皇角の意志 ルーベライノ

光文明 メタリカ/ワンダーフォース

コスト3 パワー2000

GRクリーチャー

■自分の光の呪文を唱えるコストを1少なくする。ただし、コストは0以下にならない。


 

www.dmasters-pohu.com

 

 

その他、打点補強の《フォー・ユー》、単純にビートダウン対策となる《バツトラの父》や《防護の意志 ランジェス》。もしも《デッドリー・ラブ》等のスーサイド呪文を使うのであれば、《補充 CL-20》等のフィールドから離れた時の能力を持つクリーチャーも候補となるでしょう。

 

コントロールする事前提で書いていきましたが、1ターンに一度GR召喚ができる点を考えて、ビートダウンで扱うのも面白いかもしれません。《KAMASE-BURN》のような、GR召喚が出来る呪文と併用してどんどんクリーチャーを並べていくようなデッキも構築できるでしょう。

単純に《エナジー・ライト》が2枚ドローしながらクリーチャーを場に残せるようになるというだけでかなりのスペックだと言えますね。

 

呪文を発動して自軍をサポートしたり、相手を足止めしたりしつつ、自分は新たな兵隊を作る。

 

新章第2弾以降のムートピアが目指した場所ってここなのでは???

 

 

まとめ

初の水文明マスタークリーチャーは、中々にテクニカルですね。

総じて、ビートダウンにもコントロールにも期待できる拡張性の高いクリーチャーだと言えそうです。今までのマスターカードが「特定のデッキを組めば強い」という感じのカードだったのに対して、このマスターカードはデッキ構築者のアイディアと腕が問われるようなマスターカードだと言えそうです。

こういうカードがどんどん増えていくのが個人的にはうれしい所です。

 

 

 以上。ポフルでした。