ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

「超GRスタートデッキ キラのギラミリオン・ギラクシー」攻略【デュエル・マスターズ】

誕生日でした。ポフルです。

 

誕生日だし、メタリカのデッキくらい買っていいよね!!!という事でメタリカのデッキ買ってきました。

 

折角なので、キャップのデッキとジョーのデッキ同様攻略記事を書いていこうかと思います。

 

 

 

 

デッキ内容

 

超GR

《ギラミリオン・ギラクシー》 2枚

《催眠の意志 レンブラ》 2枚

《制圧の意志 エルグレ》 2枚

《発起の意志 ラパエロ》 2枚

《純白の意志 ヴィンチ》 2枚

《越境の意志 ドナート》 2枚

 

メインデッキ

《審判の鎮り 新蓮/ジャスティス・シェイパー》 3枚

《奇石 ルドルゴ》 4枚

《青守銀 ルヴォワ》 4枚

《緑知銀 フェイウォン》 3枚

《審絆 バンジョルノ》 2枚

《審絆 パプルガン》 3枚

《音奏 トラークル/音奏曲第5番「音竜巻」》 3枚

《音奏 ハープララ》 1枚

《音奏 シャンタン》 3枚

《音奏 オカリオ》 4枚

《ジャスト・ラビリンス》 2枚

《金縛の天秤》 4枚

《献身の守り 最世》 4枚

 

 

デッキ解説

 「GR召喚」を主体とした新しいメタリカのスタートデッキです。今までのメタリカデッキと違い、光/水の混色デッキとなっています。無色以外の文明を搭載しているメタリカデッキは初ですね。

 

コストが低いクリーチャー、GR召喚によってさらに頭数を増やす事が出来るクリーチャーによってメタリカをドンドン並べ、シンパシーを持つ大型クリーチャー達に繋げ、一気に攻めるというのがこのデッキの戦い方になるでしょう。

コスト3以下のクリーチャーの充実、更に水文明のドローも何枚か搭載されているので、序盤から終盤まで安定した動きが期待できますね。

 

新規カード

《ギラミリオン・ギラクシー》

ギラミリオン・ギラクシー

光文明 メタリカ/ワンダフォース

コスト4 パワー4000

GRクリーチャー

■このクリーチャーが攻撃する時、自分のメタリカを1体タップしてもよい。そうしたら、このクリーチャーをアンタップする。


 

 

www.dmasters-pohu.com

攻撃時に、自分のメタリカをタップする事によって自身をアンタップする能力を持ちますね。

 

クリーチャー1体の打点を増やすカードが無い為、連続攻撃の恩恵はそこまで大きくありません。召喚酔いをカバーする程度です。ただし、後半に小型メタリカを手札に蓄えてあれば、詰めの為のカードとして心強くなってくるでしょう。

 

後述の《審絆 バンジョルノ》によるブロッカー付与との併用も中々強力ですね。非GRクリーチャーをタップして自身をアンタップし、次のターンの攻撃に備えるという事も出来ます。

 

その他については該当記事も参考にしてください。

 

《催眠の意志 レンブラ》

催眠の意志 レンブラ

光文明 メタリカ/ワンダフォース

コスト3 パワー1000

GRクリーチャー

■このクリーチャーがタップした時、相手のクリーチャーを1体選び、タップする。


 

自身がタップした際、相手のクリーチャーを1体タップできる能力ですね。

攻撃時にブロッカーを無力化する事はもちろん、《ジャスト・ラビリンス》や《審絆 バンジョルノ》でブロッカーを与える事によって相手のターンでタップできるようにしてあげれば、更に厄介なクリーチャーとなってくれそうですね。

攻めに守りに中々の活躍を見せてくれそうです。

 

《審判の鎮り 新蓮/ジャスティス・シェイパー》

審絆の鎮り 新蓮

光文明 メタリカ

コスト7 パワー6000

NEOクリーチャー

■シンパシー:クリーチャー(このクリーチャーを召喚する時支払うコストは、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体につき1少なくなる。ただし、コストは0以下にならない)

■NEO進化:自分の光のクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■W・ブレイカー


ジャスティス・シェイパー

水文明 コスト3 呪文

■自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中から光のカードをすべて自分の手札に加える。その後、残りをすべて自分の墓地に置く。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 基本情報は記事を参考にしてください。

 

このデッキでは、序盤から終盤まで使える手札補充、場合によっては大型NEO進化クリーチャーとして打点補強を行う事もあるでしょう。このデッキの決定力を補う強力なカードだと言えます。

 

《審絆 バンジョルノ》

審絆 バンジョルノ

光文明 メタリカ/ワンダフォース

コスト8 パワー8000

■シンパシー:クリーチャー(このクリーチャーを召喚する時支払うコストは、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体につき1少なくなる。ただし、コストは0以下にならない)

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚する。

■自分のGRクリーチャーすべてに「ブロッカー」を与える。


 

 

www.dmasters-pohu.com

メインデッキに入っているクリーチャーの中では一番の大型です。シンパシーによるコスト軽減、GRクリーチャーへのブロッカー付与、W・ブレイカー。

新蓮同様、なるべく早めに出せるように序盤から積極的にGR召喚しておきたい所です。

 

《審絆 パプルガン》

審絆 パプルガン

光文明 メタリカ/ワンダフォース

コスト6 パワー4000

■シンパシー:クリーチャー(このクリーチャーを召喚する時支払うコストは、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体につき1少なくなる。ただし、コストは0以下にならない)

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚する。


 

バンジョルノの下位種とみられる物ですね。

W・ブレイカーを持っていない事から、他2体のシンパシー持ちよりも優先度は低いです。

中型クリーチャー的な立ち位置になりますね。

 

《音奏 トラークル/音奏曲第5番「音竜巻」》

音奏トラークル

光文明 メタリカ/ワンダフォース

コスト3 パワー1000

■ブロッカー

■このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚する。


音奏曲第5番「音竜巻」

水文明 コスト1 呪文

■相手のパワー5000以下のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。


 

 

www.dmasters-pohu.com

詳しくは別記事の方でも。

癖の無いGR召喚ができる小型ブロッカーであり、呪文面は小型クリーチャーのバウンスによって足止めが出来るカードですね。

 

メタクリーチャーへの一時的な除去、シンパシーへの補助、ギラミリオンの打点補強と、このデッキの縁の下の力持ちと言って良いかもしれません。

 

《音奏 シャンタン》

音奏 シャンタン

光文明 メタリカ/ワンダフォース

コスト2 パワー2000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の他の光のクリーチャーを1体、タップする。そうしたら、GR召喚する。


 

www.dmasters-pohu.com

 

詳しくは別記事も参考にしてください。

低コストのGR召喚は、シンパシーを使うこのデッキではかなりの魅力です。出来る限り召喚酔いしているクリーチャーをタップする事を狙いたいですね。

 

再録カード

再録カードは、超天篇第一弾のカードを主としつつ、《ジャスト・ラビリンス》《奇石 ルドルゴ》《金縛の天秤》と、いぶし銀というか渋いというか、中々玄人向けのカードが揃っています。

その中でも、メタリカデッキにおいて準必須と言える《緑知銀 フェイウォン》と、トリガーとして心強い《青守銀 ルヴォワ》をまとまった数入手できる点はうれしいですね。

欲を言えば、この2枚の収録枚数は逆にして欲しかった所ですが。

 

何度か使ってみた感想

The 光文明。

 

小型が多い都合上、序盤の展開力に関してはジョーカーズのスタートデッキにも負けません。物量によるビートダウンというメタリカの方向性はしっかり守られていると感じます。

また、ブロッカーが何体か+複数のクリーチャーを止める事が出来るS・トリガーの存在もあって、スタートデッキ同士程度なら攻守ともに安定した展開に持ち込む事が出来そうです。

 

ただ、良くも悪くも光文明です。

相手のクリーチャーの処理が難しいく、ジョーカーズデッキのように複数体並ぶ素早いビートダウンにはどうしても力負けしてしまいます。

 

また、シンパシー持ちの大型クリーチャー及びGRクリーチャーの力不足感は否めません。

 最高でも2打点しか出せない点、出てすぐに殴る事が出来るクリーチャーが《新絆の鎮り 新蓮》しかいない点、パワーがそこまで高くない点と、力負けしてしまう要素は多めです。

 

身も蓋もない話ですが、普段のメタリカデッキを使っている方からしてみれば《一番隊クリスタ》がいない点も気になる所です。

同じく《ヤッタレマン》が収録されていなかったジョーカーズには、2枚のみとはいえ《タイク・タイソンズ》、また4枚積みの《超GR・チャージャー》で速度を速める事はできました。GRゾーンに《ヤッタレロボ》が存在していた事も良かったですね。

《龍装者バーナイン》に関しては、ドロースペルの豊富さからどちらでもという感じですが、メタリカデッキとしての完成度を高めたいのであれば、いずれ欲しくなってきてしまいますね。

 

こちらはあくまで「ブロッカーや攻撃曲げを使い捨てて守る」というコンセプトのようで、正直最近のビートダウン相手には力不足です。

 

正直な所、お世辞にも「強い」と言えるデッキとは言えません。切り札がシンパシーである事、ギラミリオンのパワーの低さから、メタリカの「不利な盤面を返す力に乏しい」という欠点が目立ち、「有利時に更に有利にできる」という利点が潰されてしまっているイメージです。

その代わり、強い所と弱い所がはっきりしたデッキではあるので、改造のしやすさという点では評価できるかもしれません。改造の際は、どういった戦い方をしていきたいかを明確にしておきたいですね。

 

一番隊、バーナインを採用。フェイウォンの攻撃曲げを活かしたいのであれば、それと相性の良い《音奏 ハープララ》を投入したり、シンパシーでより大型を狙うのであれば《人工化学兵器 ナノクローン》、シンパシーを活かしつつ切り札のギラミリオンを活かしたいのであれば《赤攻銀 マルハヴァン》。

また、《オヴ・シディア》や《金剛の断ち 那暮》でGR召喚持ち小型クリーチャーを展開する事による大量展開、それら大型を出す為の《エメスレム・ルミナリエ》。

ギラミリオンや《音奏 シャンタン》で《星の導き 翔天》や《ピラミットーテム》をタップしてみる等、拡張性は高いですね。

今までのメタリカの基盤と照らし合わせながらの改造ができそうです。

 

パーツ取りとしては優秀ですね。

特に新規カードである《審絆の鎮り 新蓮/ジャスティス・シェイパー》、メタリカデッキでなくてもデメリット無しのパワー4000GRクリーチャー《ギラミリオン・ギラクシー》。さらに、既に書きましたがメタリカではお馴染みの《緑知銀 フェイウォン》等と、嬉しいカードがてんこ盛りです。

 

まとめ

超天篇のスタートデッキの中では少しパワーが足りない気がします。そのため、デフォルトの状態で勝つのはやや苦労しそうです。

その代わりというか、新規カード達の強さや、メタリカの可能性はしっかり感じる事が出来ます。

メタリカ使いの方は是非チェックして欲しいですね。

 

 

以上。ポフルでした。