ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《グリージー・ファブノーレ/死的で詩的な制裁》考察―クリーチャー面が優良【デュエル・マスターズ】

目立つイベントが一つ終わりました。ポフルです。

 

 本日は、アニメにて登場しました《グリージー・ファブノーレ/死的で詩的な制裁》を考察していきます。

 

 

 

カード情報

 


グリージー・ファブノーレ

自然文明 グランセクト/デリートロン

コスト5 パワー6000

■ガードマン

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがタップした時、コスト5以下のクリーチャーを1体、またはオーラを1枚、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。


死的で詩的な制裁

闇文明 コスト3 呪文

■相手のタップしているクリーチャーを1体、破壊する。


 

考察

クリーチャー面

自然文明のクリーチャーですね。ガードマンとW・ブレイカー。さらにコスト5以下のクリーチャーかオーラをマナゾーンから踏み倒す能力を持ちますね。

 

コスト5以下と範囲は狭く感じますが、文明の縛りは無く、進化クリーチャーにも対応している上にオーラまで対象になっています。

 

驚く事に、もう一体の《グリージー・ファブノーレ》を踏み倒す事も可能です。

基本的に、これだけコストが低めのカードの踏み倒し能力は、もう一体の自分自身を踏み倒せないような配慮がされている事がほとんどで、こうした能力は珍しい気がしますね。

 

踏み倒し条件は、自身がタップされた時です。基本は攻撃時に踏み倒す事になります。ただし、この子は「ガードマン」を持っている事から他のクリーチャーが攻撃された時にも起動する事が出来ますね。

《Dの牢閣メメント守神宮》との相性も良く、ブロッカーを付与する事で、自身の踏み倒し能力と合わせて2体のクリーチャーを止める事が出来ます。《終末の時計ザ・クロック》がマナゾーンにあれば、相手も攻撃を躊躇する事になるでしょう。《光牙忍ハヤブサマル》でのブロッカー付与も良いですね。

 

因みに、《タラトゥイユ・パンツァー》が場に存在していて、マナゾーンに2枚目の《グリージー・ファブノーレ》が存在している場合、実質的な破壊耐性の付与にも繋がりますね。ファブノーレのパワーの高さから不安定ですが、メメントでブロッカー付与が出来ていれば、自身よりもパワーの高いクリーチャーをブロックし続ける事が可能です。

 


タラトゥイユ・パンツァー

自然文明 グランセクト

コスト6 パワー7000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーまたは自分の他のクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりにマナゾーンに置く。


デリシャ・スパーク

光文明 コスト4 呪文

■相手のクリーチャーをすべてタップする。次の相手のターンのはじめに、それらはアンタップしない。


 

(あれトリガー無い事加味しても《デリシャ・スパーク》強くない?)

 

受けに関する事を中心に書きましたが、他にもシューゲイザーよろしく攻撃時に《ゲラッチョ男爵》等を出して連続攻撃も可能です。これをするなら、スピードアタッカーの付与は考えたいですね。

また、《帝の目覚め》等で墓地のこのファブノーレをマナゾーンに置くカードを搭載出来ていれば、「《グリージー・ファブノーレ》をすべて除去できないと、いつまでたってもファブノーレが止まらない」という中々の地獄絵図を作る事が出来ますね。ビートダウンとしてはかなり心強いと思います。……というより、GR召喚で小型クリーチャーの複数除去やスパーク系等が注目されている現状、この子による中速ビートはかなりの脅威なのでは……?

 

もちろん、《シンクロ・マニューバ》との相性も良いです。こちらを使う場合は、ぜひとも何かしらのコンボに組み込みたい所ですかね。

 

オーラの踏み倒しに関しても、いつか必ず有用になってくる事でしょう。現在でも単純に《無修羅デジルムカデ》や《極幻夢 ギャ・ザール》のようなエース級が踏み倒し対象になっているのはうれしいですし、そもそもギャ・ザールに続いて数少ない能動的に扱いやすいオーラの踏み倒しになっています。

自然文明のオーラが増えてマナを伸ばす事も得意になった場合には、このクリーチャーの有用性は更に上がると見て良いでしょう。

 

呪文面

相手のタップしているクリーチャーを破壊するシンプルな呪文ですね。

名前が初期の頃の多色呪文登場時の名前っぽくて素敵です。

 

タップしているという条件から、基本は対ビートダウンの呪文になりますね。クリーチャー面の事を考えると、めったに攻撃してこないメタクリーチャーを対処しにくい点は気になる所です。

 

それでも、3コストと低コストかつディスカード等のカード消費無しに相手のクリーチャーを破壊できる点は心強いですね。

積極的に使われる事は無いかもしれませんが、ツインパクトである点を考えれば、いざという時に「あってよかった」と思う事ができそうな効果だと言えるでしょう。

 

ツインパクトとして

基本的にはクリーチャー面を主体とする事になるかと思います。そのクリーチャーのスペックに関しては上に書いた通りです。受け攻め共に活躍できそうなスペックを秘めていると言えるでしょう。

このおまけとして、序盤の対ビートダウン専用呪文が付いていると考えれば、汎用性はかなりの高さと言えそうです。

 

まとめ

クリーチャー面が無限の可能性を秘めている、優良カードです。

他のカードとの組み合わせによってさまざまなコンボを披露できそうです。デッキ開発が好きな方は是非手に入れたいですね。

 

 

以上。ポフルでした。