ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ゴッド・ガヨンダム》考察―ガヨウ神GR化というインパクト【デュエル・マスターズ】

「ジョーカーズはずるい」というのは、新章始まってからの私達デュエマプレイヤーの常識としたい。ポフルです。

 

本日は《ゴッド・ガヨンダム》の考察です。

 

 

 

 

カード情報

 


ゴッド・ガヨンダム

無色 ジョーカーズ/ワンダフォース

コスト4 パワー2000

GRクリーチャー

■マナドライブ4(J):このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンのカードが4枚以上でジョーカーズがあれば、ジョーカーズを1枚、自分の手札から捨ててもよい。そうしたら、カードを2枚引く。


 

考察

《ガヨウ神》がGR化した姿ですね。コストが減り、パワーも下がり、更に手札補充はジョーカーズをディスカードしてからの2ドローのみとなりました。

 

《ガヨウ神》と違う点として、2ドローが無い事によって手札が増えないという点になりますね。手札0の状態だろうが使える上に、ジョラゴン存在時には2ドローによって弾にするジョーカーズの選択肢が増えるという、超絶パワーカードな印象だったあちらと違い、「無難にまとまったな」という印象です。

 

とはいえ、GRクリーチャーでありながら出ただけで手札交換ができる点はかなり嬉しいですね。マナにカードが4枚必要な点がやや厳しいですが、通常のジョーカーズであれば、《パーリ騎士》で3ターン目には条件を満たせる筈です。

 

《プラモデール》採用型ジョラゴンでは、ジョラゴンの弾を装填する事も可能です。この調子で、ジョラゴンの弾装填要員及びジョラゴンアンタップ要員によって超GRを統一できるようになれば、《プラモデール》……に限らず、その他GR召喚可能なカードを採用したデッキがもっとメジャーになるかもしれませんね。

 

個人的に、デッキの中身の内半分位をジョーカーズにできれば、GR召喚を行うデッキに採用できるかもしれないという点で、本家《ガヨウ神》に無い幅広さを感じますね。

もしかしたら、《ジョジョジョ・ジョーカーズ》+《パーリ騎士》、《超GR・チャージャー》をはじめとした汎用性高めのジョーカーズでマナブーストを狙いつつ、GR召喚を行うカードを使ってこの子を出せれば、これら序盤要員のカードを上級のカードに変換するような使い方が出来るかもしれません。

 

基本的には手札交換のみ、かつジョーカーズの縛りがあるカードなので、ドーピー位の評価の高さとなるかは分からない所です。しかしながら、メインデッキのデッキパワーを下げずに能動的な手札交換が出来る点は魅力的です。

ジョーカーズを使うのであれば、ぜひとも確保しておきたい所です。

 

まとめ

《ガヨウ神》をGR化に伴って縮小したかのような能力です。

《ガヨウ神》程の万能感は無いですが、GRクリーチャーの中では貴重な能動的な手札交換です。

GR召喚を行うジョーカーズを使うのであれば、確保しておきたいですね。

 

以上。ポフルでした。