ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《サツイ 丙-一式》考察―直接的なネーミング【デュエル・マスターズ】

GRクリーチャーの考察って難しい。ポフルです。

淡泊な分、書く事が少なくなりがちですよね。

 

 本日は《サツイ 丙-一式》を考察していきます。

 

 

 

カード情報

 


サツイ 丙-一式

闇文明 マフィ・ギャング/デリートロン

コスト3 パワー1000

GRクリーチャー

■マナドライブ3(闇):自分のマナゾーンのカードが3枚以上で闇文明があれば、このクリーチャーに「スレイヤー」を与える。


 

考察

マナドライブによって、スレイヤーを持つクリーチャーですね。

 

今までのマナドライブ持ちクリーチャーは出た時能力を持つ物がほとんどでしたが、この子はやや受け身になりがちなスレイヤー能力です。

また、基本的に「離れた時に発動する能力によって、除去によるディスアドバンテージを補う」という方向性のカードが多かったデリートロンのGRクリーチャーとしては珍しく、ディスアドバンテージを補える状況は戦闘破壊された時のみになっていますね。

 

「オーラを付けるチップ」というデザインのデリートロンですが、パワー1000である点はオーラのパワード・ブレイカーと相性が悪いです。また、パワーを上げる能力はスレイヤーとも相性が悪いです。

 

基本的に、ただただ淡泊なクリーチャーです。しっかりと方向性を決めておかなければ採用は難しいですね。

 

どちらかと言えば、横にクリーチャーを並べるデッキでの採用を考えたい所です……というより、《BAKUOOON・ミッツァイル》でスピードアタッカーを与えたり、《KAMASE-BURN》で強制バトルを行うようなデッキで採用したいですね。闇文明を別で用意する必要はありますが、火文明のカードとの相性は良いですね。

また、《ガチャダマン》との相性も良好です。マッハファイターの付与によって、ほぼ確定除去になります。

 

 

まとめ

マナドライブ持ちとはいえ、基本的には淡泊な物です。

使い方をしっかり考えた上で超GRに入れたいですね。

 

以上。ポフルでした。