ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《Wave ウェイブ》考察―トリックスの戦い方が見えてきた事と新章厄介オタクのつぶやき【デュエル・マスターズ】

トリックスクリーチャーを見る度、「ムートピアで良くね?」と思ってしまう程には新章厄介オタク。ポフルです。

 

本日はコロコロオンラインにて情報が出てきました《Wave ウェイブ》を考察していきたいと思います。

 

2019/05/27 追記

テキストの間違いがあったので修正しました。申し訳ありませんでした。

 

 

カード情報

 


Wave ウェイブ

水文明 トリックス/ワンダフォース

コスト5 パワー5000

■このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、コスト4以下の呪文を1枚、自分の墓地からコストを支払わずに唱えてもよい。

■各ターン、自分が1枚目の呪文を唱えた時、GR召喚する。


 

考察

出た時に墓地から呪文を唱える能力を持ち、更に各ターン1枚目の呪文詠唱時にGR召喚できますね。

 

2つの能力がしっかりシナジーしていますね。出した時に呪文を唱え、その唱えた呪文に反応してGR召喚が出来るという物です。

 

このクリーチャーを出すだけで、コスト4以下の呪文を唱えつつ、現状1~5コスト程度のGRクリーチャーを召喚できるという事です。5コストで最大9コスト分のコスト踏み倒しができる……と考えると、かなり破格な能力だと言えそうです。

これだけの能力を備えつつ、パワーは5000。なんというか、地味なインフレを感じます。

 

相性の良い呪文として真っ先に挙げたいのは《湧水の光陣》ですね。

 


湧水の光陣

光文明 コスト4 呪文

■S・トリガー

■バトルゾーンに自分の水または自然のクリーチャーがあれば、コスト5以下のクリーチャーを1体バトルゾーンに出す。なければ、コスト3以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。


 

《Wave ウェイブ》の能力で《湧水の光陣》を唱えるだけで、《湧水の光陣》の蘇生範囲を広げる条件を達成出来ます。

(公式のテキスト不備でなければ)このタイプのクリーチャーにしては珍しく墓地から唱えた呪文はデッキに戻らないので、《湧水の光陣》から墓地の《Wave ウェイブ》を出し、更に《湧水の光陣》を唱えてもう一枚の《Wave ウェイブ》を出し……という事も可能です。

《Wave ウェイブ》の能力の都合上、2枚目以降の《Wave ウェイブ》のGR召喚能力は起動できませんが、1枚のクリーチャーからこれだけのクリーチャーを展開出来ると考えれば十分だと言えるでしょう。

このような形で呪文を連続で詠唱できれば《超宮兵 マノミ》や《次元の嵐 スコーラー》等のG・ゼロ持ちクリーチャーを出す事も可能ですね。併用も視野に入れて良いのかもしれません。

 


超宮兵 マノミ

水文明 ムートピア

コスト5 パワー4000

■G・ゼロ:このターン、自分が呪文を3枚以上唱えていれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを2枚引く。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

2019/05/27追記

召喚時限定でしたね。本当に申し訳ありませんでした。

 

もちろん、コスト4以下の超次元呪文やGR召喚可能な呪文を唱えて、バトルゾーンにクリーチャーを更に並べる事を考えても良いでしょう。

 

あらかじめ《Wave All ウェイボール》を出しておけば、更にGRクリーチャーを展開する事も可能ですね。

トリックスのワンダーフォース陣営は、「呪文を唱えながらGR召喚でクリーチャーを揃えていく」という戦い方になるのでしょう。新章第2弾時のムートピアみたいですね。

じゃあムートピアでも良くね???

……きっと、ムートピアは、GRによって強化されてトリックスへと生まれ変わったんだ……そうに違いない……。

 

一応欠点としては、予め唱えたい呪文を墓地に落とさなければならない点ですね。水文明なら《エマージェンシー・タイフーン》や《サイバー・チューン》等の手札交換カードで容易に達成はできますが、「完全に思考停止して使えるパワーカードではない」という事は覚えておきたいですね。

 

というか、これスタートデッキ収録ですか。最近のスタートデッキはスゴイですね!!!

 

まとめ

コスト5にしてはかなり良好なコストパフォーマンスですね。

上手く使う事ができれば、すさまじいアドバンテージを生み出してくれるでしょう。

 

以上。ポフルでした。