ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《牙滅罪 ゲ邪ンブルグ》考察―新キーワード能力「無月の大罪」とは【デュエル・マスターズ】

デュエマから一旦離れて感じた事と言えば、「私本質的には光よりも闇なのかもしれない」です。ポフルです。

……好きなのは光文明ですよ?

 

 本日は《牙滅罪 ゲ邪ンブルグ》の考察です。Youtubeにて情報が公開されました。

今月発売のスタートデッキのSRみたいですね。

 

【デュエ速】超GRスタートデッキ対決!キャップのWAVEガチャパラダイスVSゼーロのオレガ・オーラデリート!!【デュエマ】 - YouTube

 

 

 

カード情報

 


牙滅罪 ゲ邪ンブルグ

闇文明 ドルスザク/マフィ・ギャング/デリートロン

コスト7 パワー+4000

オレガ・オーラ

■無月の大罪2(このオーラを使うコストを2少なくしてもよい。そうしたら、このターンの終わりに、自分のクリーチャーを1体破壊する)

■これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。

■これをクリーチャーに付けた時、またはこれを付けたクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。このターン自分の墓地にあるカード1枚につき、そのクリーチャーのパワーを-1000する。


 

考察

もう何種類目かわからない、マフィ・ギャングの新キーワード能力を持っていますね。

 

無月の大罪について


■無月の大罪n(このオーラを使うコストをn少なくしてもよい。そうしたら、このターンの終わりに、自分のクリーチャーを1体破壊する)


 

闇文明版「B・A・D」と言えそうなキーワード能力ですね。

「『B・A・D』のパクリじゃねーかふざけんな!」と、古参ビートジョッキー使いに怒られそうな位に類似した能力ではありますが、「B・A・D」のデメリットが自壊だったのに対し、「無月の大罪」は自分のクリーチャー1体の破壊がデメリットという点で差別化されていますね。「能力自体は『B・A・D』と同様、ただしデメリットは『マスターB・A・D』の物になっている」と言えばわかりやすいでしょうか。

 


"破舞"チュリス

火文明 ビートジョッキー

コスト4 パワー2000

B・A・D 2このクリーチャーを、コストを2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりにこのクリーチャーを破壊する)

■スピードアタッカー



"罰怒"ブランド 

火文明 ビートジョッキー

コスト7 パワー9000

マスターB・A・D(このクリーチャーのコストを2少なくし、さらにこのターンに召喚した自分の他の火のクリーチャー1体につき追加で2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりに自分のクリーチャーを1体破壊する。ただし、このクリーチャーのコストは0以下にならない)

■W・ブレイカー

■自分の火のクリーチャー全てに「スピードアタッカー」を与える。


 

……とはいえおそらく、

B・A・D愛好家は「J・O・E」の登場時に既に怒っている

と思うので、今回のこのキーワード能力も「あぁまた『B・A・D』のパクリっぽいのが来たな」位にしか思っていないでしょう。きっと。

 

デザインとしては恐らく、

「コスト軽減によってGRクリーチャーを素早くかつ一気に強化し、軽減によって余ったコストを使って他のクリーチャーという名の餌を確保する」

という感じでしょうか。

 

まだ使用したわけではありませんが、今までに「B・A・D」「マスターB・A・D」を主体としたビートジョッキーを使ってきた方なら、なんとなく使用感が想像できる事でしょう。

「コスト軽減によって出した自身を自壊させずに維持できる点は優秀なものの、自身のクリーチャーを破壊しなければならない点がいざという時足を引っ張りがち」

という感じではないでしょうか。

 

「B・A・D」の場合、B・A・Dで出したクリーチャー自身がS・トリガー等で除去されてしまった場合、当然ながら自壊する筈のクリーチャーがいなくなっているので、実質デメリット無しでした。

その点、「マスターB・A・D」の場合、マスターB・A・Dで出したクリーチャーが除去された場合他にクリーチャーが存在していればそちらを破壊する必要がありましたね。

 

今回の「無月の大罪」に関しても「マスターB・A・D」と同様、自身が除去された時のリスクは中々高めです。今までのドルスザク以上に気を付けて運用していきたい所ですね。

また、「B・A・D」を持つ火文明と違い、「無月の大罪」を持つ闇文明は「スピードアタッカー」を持たない文明であり、短期決戦は火文明程得意ではありません。

「自分が息切れする前に勝負を決める」というプレイが可能な「B・A・D」よりも、息切れの可能性は高いです。デメリットの回避方法は、デッキ構築の段階で考えておいた方が良いかもしれませんね。

 

とはいえ、「無月の大罪」を持つオーラは今のところ、スーサイド戦術のメッカである闇文明。「B・A・D」を持つ火文明よりも、デメリットの回避手段は豊富……どころか、デメリットを逆に有効活用する事も容易でしょう。

《凶鬼56号 ゴロン》で相手のクリーチャーの破壊、《阿修羅ムカデ》で実質のデメリット踏み倒し&パワー低下、《闇の破壊神 ゼオス》を隣に立てておく事によるドローかパワー低下。もちろん、《牙滅罪 ゲ邪ンブルグ》と同時に収録される《凶鬼51号 ハーシル》によってデメリットを踏み倒すのもいいですね。

また、超天篇第一弾までのGRクリーチャーは、フィールドを離れた時に発動する能力が多めです。それらを使ったデメリットの回避も考えて良いかもしれませんね。

 

 

「相応のリスクは付きまとうものの、使いこなせば心強いカードパワーとコンボ性能を持つ」という、闇文明らしいキーワード能力だと言えそうですね。

 

《牙滅罪 ゲ邪ンブルグ》自身のスペック

ゲ邪ンブルグ自体の考察に入りましょう。

「無月の大罪2」によってコスト5で出す事ができ、「パワード・ブレイカー」の付与と、GRクリーチャーに付けた時と攻撃時に墓地のカードの数分のパワー低下を放つ事が出来るオーラですね。

 

コスト7のオーラとしてはやや淡泊な気がしますが、無月の大罪によってコスト5で出す事が出来ると考えれば中々。特に、既に召喚酔いが解けているGRクリーチャーに付ける事が出来れば、付けた時と攻撃時で2回パワー低下を放つ事ができます。

 

パワー低下は、墓地にカードが無ければ発動しない点が気になる所です。《幽具ギャン》辺りで墓地はしっかり肥やしておきたいですね。墓地肥やしさえしっかり出来ていれば、大量のパワー低下を狙う事も可能です。

 

……とはいえ、既に存在している他のコスト5以上のオーラと比べてしまうと、やはり淡泊感は否めません。2度のパワー低下は決まれば強力ですが、それまでの墓地肥やしの必要性、GRクリーチャーの維持と、決めるまでの準備がやや大変です。

《遊具ギャン》のような、墓地肥やしがしやすいオーラがこの先どこまで増えていくかによっては、扱いやすいパワー低下カードとして扱えるかもしれませんね。現状の評価としてはそこまで高くは無いです。

あくまで「スタートデッキで『無月の大罪』を体感する為の切り札」ですね。

 

そう考えるとガンバトラーってすごかったんですね。だって今でも評価高いもの。

 

 

まとめ

スタートデッキにて初収録の、「無月の大罪」持ちオーラです。

カード単体として見た場合にはやや力不足感がありますが、「無月の大罪」自体は面白そうな能力です。

闇文明オーラが楽しみになってきますね。

 

以上。ポフルでした。