ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《μν クマニャー》考察―最近かわいい子多い【デュエル・マスターズ】

オーラ好き。ポフルです。

元々カウンター的なデッキが好きだったので、その好みにもはまっているのでしょうか。

 

本日は、コロコロオンラインにて情報が出てきました《μν クマニャー》を考察していきましょう。

……かわいい。きゅーと。

 

 

 

 

カード情報

 


μν クマニャー

自然文明 グランセクト/デリートロン

コスト4 パワー+2000

オレガ・オーラ

■S・トリガー

■これをクリーチャーに付けた時、それにオーラが2枚以上付いていたら、相手のクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。


 

考察

自然文明のS・トリガー持ちオーラですね。

マナ送りの条件が少しまどろっこしいですが、つまりは「既にオーラが付いているクリーチャーにこのオーラを付けた時」が条件になりますね。

 

オーラデッキの評価として、「GRクリーチャーを場に維持する事が難しい」「GRクリーチャーを強化していく意味が解らない」的な物が挙げられています。このオーラのマナ送り能力を発動させるには、そうしたネガティブな意見に真っ向からぶつかっていく必要がありますね。

 

S・トリガーとして見ると、その発動条件が足を引っ張ります。最近のビートダウンは、相手のクリーチャーを破壊しながら戦える物も多く、そうしたデッキに対しては防御札としての役割をしっかり遂行できない可能性も考えられます。最近のビートダウンの速度や質の事を考えると、少し厳しく思えます。

 

しかし、コスト4にしてクリーチャーを場に残しながら相手クリーチャーをマナに送る事が出来る可能性があるという点ではかなり心強いですね。同じく、相手クリーチャーの状態を選ばずにマナ送りにできるS・トリガークリーチャーである《罠の超人》と比べれば破格のマナコストです。出てくるGRクリーチャーの質によっては《罠の超人》すら上回るスペックになるという点も可能性を感じますね。

また、《バツトラの父》等の、相手クリーチャーを止める事が出来るGRクリーチャーを場に出す事が出来るのであれば、仮にマナ送りができなかったとしても相手クリーチャーを止める事ができる可能性がありますね。

 

今までのS・トリガーオーラは、S・トリガークリーチャーと同じく「相手の攻撃に反応してクリーチャーを展開し、そのクリーチャーによるカウンターのような戦い方」ができました。

このオーラも例外ではないのですが、前述のマナ送りの条件から、既に展開されているGRクリーチャーに付ける事を想定されているので、他のS・トリガーオーラのようなカウンター性能はそこまで期待できないかもしれません。

最近のオーラデッキはそのカウンター性能を買われている所があると思うので、このオーラが評価されるのは、もう少し先なのかなと思ってしまいます。自然文明のオーラの充実にも期待したいですね。

 

まとめ

自然文明のS・トリガーオーラでしたが、マナ送りの条件が恐らく思っている以上に厳しくなるのではないでしょうか。

使われるとすれば、今後のオーラデッキの発展次第になりそうですし、自然文明のオーラ次第にもなりそうです。

 

以上。ポフルでした。