ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

【デッキ診断コーナー】「NEXミラダンテ」診断【デュエル・マスターズ】

久しぶりのデッキ診断です。ポフルです。

ここまで長引いて申し訳ないですし、最近全然更新できていなかった事も申し訳ありませんでした。

 できれば、今月中に以前募集した分はすべて終了させたいです。

 

 本日は、G-cat様よりいただきました「NEXミラダンテ」を診断していきます。お待たせして大変申し訳ありませんでした。

 

 

 

デッキ情報

デッキ作成者

G-cat

 

デッキ名

NEXミラダンテ

 

デッキ内容

ボルシャック・NEX 4枚

凰翔竜機バルキリー・ルピア 3枚

時の法皇 ミラダンテXII 1枚

百族の長 プチョヘンザ 2枚

龍の極限 ドギラゴールデン 2枚

奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ 4枚

コッコ・ルピア 4枚

マグナム・ルピア/クリムゾン・チャージャー 3枚

“乱震”舞神 G・W・D 3枚

サイコロプス 2枚

超次元ムシャ・ホール 2枚

奇石 ベイブレンラ/スーパー・エターナル・スパーク 2枚

閃光の守護者 ホーリー 4枚

ゼンメツー・スクラッパー 2枚

龍装者 バルチュリス 1枚

龍素記号 Xf クローチェ・フオーコ 1枚

 

勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン 1枚

勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン 1枚

レッド・ABYTHEN・カイザー/シャチホコ・GOLDEN・ドラゴン 1枚

時空の司令 コンボイ・トレーラー/司令官の覚醒者 コンボイ 1枚

激天下!シャチホコ・カイザー/絶対絶命 ガロウズ・ゴクドラゴン 1枚

ブーストグレンオー/激竜王ガイアール・オウドラゴン 1枚

流星のフォーエバー・カイザー/星龍王ガイアール・リュウセイドラゴン 1枚

ウコン・ピッピー/星龍王ガイアール・リュウセイドラゴン 1枚

 

診断基準

メタを考慮する

 

その他

ミラダンテ殿堂の穴を埋めようと試行錯誤している内に、何がしたいのかよくわからなくなってきました。 勿論殿堂以前の強さに戻すのが不可能なのは理解していますが、なんとか戦えるレベルまでは持っていきたいと思っています。 そこで、自分以外の誰かに見てもらうことで新しい発見があるかもしれないと思い、こちらに投稿させて頂きました。 診断よろしくお願いします。

 

デッキ診断

コメントである通り、これは「NEXミラダンテ」のミラダンテが抜けた部分をどうにかしようという心意気が見えるデッキになっていますね。

 

これはこれですごく面白いですね。

 

元々NEXミラダンテ自体、《ボルシャック・NEX》、《凰翔竜機バルキリー・ルピア》、《時の法皇ミラダンテⅫ》と、《ボルシャック・NEX》早出しの為のサポートのみでデッキの基盤が完成する事と、《凰翔竜機バルキリー・ルピア》があらゆるファイナル革命持ちクリーチャーをサーチし、そのまま革命チェンジできる事もあり、自由度がかなり高いデッキです。自由枠がとにかく多いので、コメントの通り「何がしたいのかよくわからなくなってきました」という事になってしまうのも無理は無いですね。

 

 

とはいえ、このデッキレシピの投稿期間を考える限り、方向性自体は捉える事が出来ますね。

《奇石ミクセル》に留まらず《マグナム・ルピア》に《サイコロプス》まで採用する事によって、轟轟轟やドギ剣、《卍 デ・スザーク 卍》等のゲームが決まりかねない踏み倒しクリーチャー達をこれでもかと言う程対策し、相手のメタクリーチャー達は《クリムゾン・チャージャー》や《ゼンメツー・スクラッパー》、《乱振"舞神"G・W・D》で対応。

《コッコ・ルピア》や《クリムゾン・チャージャー》でコスト6へと繋げる事が出来れば、《ボルシャック・NEX》からいつものムーブ。

 

ベイブレンラにクローチェと、とにかく様々なデッキに対応してやろうという心意気が見られますね。

 

「自分のデッキの安定性を崩す事無く相手への妨害を主とする」というのは、一つの正解として間違いないでしょう。

 

このデッキにおけるメタクリーチャーは、間接的に《コッコ・ルピア》が除去されにくくなるという利点にも繋がりますね。相手からしてみれば、自分の動きを優先するためにメタクリーチャーを焼くのか、それとも相手の動きを封じるためにルピアを焼くのかを選択させる事になります。

メタクリーチャーが残ればゆっくりと準備、ルピアが残れば意気揚々とミラダンテにチェンジ……と。

 

正直な所、個々から大掛かりに採用カードを変える事はしたくないかなと思います。

 

とはいえ、このデッキが投稿された日からかなりの時間が経ってしまっている事も事実。そのため、刺さるメタカードは変わってきていますし、何より強力なカードも増えてきています。

 

このデッキが投稿された時期との最大の違いとしては、GR召喚の登場ですね。その辺りに注目しながら、このデッキに採用できそうなカードを挙げていってみましょう。

 

採用候補カード

《音階の精霊龍 コルティオール》《無双龍聖イージスブースト》《青寂の精霊龍カーネル》

光文明ドラゴンのS・トリガーです。既に採用されている《閃光の守護者 ホーリー》との選択になりますかね。

 

相手の場に《奇石ミクセル》が存在している場合にはうまく機能しない事もありますが、そうでない場合、相手のビートダウンに対してカウンター気味に《時の法皇ミラダンテⅫ》にチェンジできるS・トリガーとなってくれます。

採用するのであれば、コルティオール一択で良いと思います。イージスは一応ドギラゴールデンまでチェンジできる事を考慮しました。カーネルも悪くないですが、あまり多色を増やし過ぎるのも考え物ですし、水文明増やしても……という感じですね。

 

ホーリーと比べて防御が手薄になってしまうのが問題点ではあるので、プレイヤーの好き好きになるかと思いますが、GR召喚を行う相手の場合、《時の法皇ミラダンテⅫ》や《百族の長プチョヘンザ》にチェンジしてしまえばほぼ詰み状態まで持っていける事を考えれば、こちらを優先する理由にもなりそうではあります。

 

こうした、トリガー後革命チェンジ狙いでコルティオールを採用する場合、対ミクセル対策にもう少し力を入れる必要はあるかもしれません。

 

《KAMASE-BURN》

一部メタクリーチャーを掃除しながらGR召喚が出来る呪文です。

超GRの中に《煌銀河 サヴァクティス》を採用しておく事で、ミラダンテやプチョヘンザへの革命チェンジが可能となります。

 

とはいえ、実現可能性は6分の1。チェンジ目的よりも、むしろ新たなトリガー枠及び小型、メタクリーチャー対策と捉えた方が良いでしょう。

 

最低限、このデッキの天敵となり得る《奇石ミクセル》は破壊したいので、パワー2000以上のGRクリーチャーで超GRを揃えたい所です。それに加えて、パワー2000以上のクリーチャーしか相手の場にいなかったとしても相手の攻撃を止める事が出来るGRクリーチャーを優先したいです。

具体的には、《硬直 TL-20》や《制圧の意志 エルグレ》、このブログではまだ考察していませんが、コロコロチャンネルにて公開されている《破邪の意志 ティツィ》も、光文明を採用しているこのデッキでは有効活用できるでしょう。

 

以前の環境よりも大型が多い環境である事から、このカードでの除去も決めやすいかと思います。

 

なんか、最近私の中でこのカードが火文明の必須カード化してきている気がします。

 


破邪の意志 ティツィ

光文明 メタリカ/ワンダフォース

コスト3 パワー4000

■マナドライブ3(光):自分のマナゾーンのカードが3枚以上で光文明があれば、このクリーチャーに「ブロッカー」を与える。

■このクリーチャーは相手プレイヤーを攻撃できない。


 

【デュエ速】初公開!マナドライブの強さを思い知れ!!山盛りマナドライブデッキ対決!!!【デュエマ】 - YouTube

 

《♪仰ぎ見よ閃光の奇跡》《行燈どろん》

どちらもGR召喚を行う優秀なS・トリガーです。6分の1の確率で光ドラゴンが出てくる事もある事を考えれば、こちらを候補に入れても良いのかもしれません。

 

 

《音奏 プーンギ》

だんだん赤白轟轟轟やミッツァイル系列に採用されるカードを片っ端から集めているだけ疑惑が出てきましたが、気のせいです。ええ。

 

2コストメタというのは、最初に書いた通り「ルピアを間接的に除去されにくくする」という事に繋がります。2コストかつ光で呪文のコスト増加、2500と微妙に高いパワーと、微妙な呪文メタ。周りに呪文を使う相手が多いのであれば、採用も視野に入れて良いのではないでしょうか。

 

《族長の魂友 ワチャゴナ》

このデッキであれば、いつもの動きをするだけで革命チェンジの準備が整うクリーチャーになります。

その能力は、自分フィールドにD2フィールドがある場合のD2フィールド規制に加えて、出た時にマナゾーンからD2フィールドを踏み倒す能力です。

 

ビートダウンの強さが増した現在《Dの牢閣メメント守神宮》の採用率が高まっています。その明確なメタカードとなり得る上に、バルキリー・ルピアのおかげで他の革命チェンジクリーチャーとの使い分けがしやすいのは、他の革命チェンジが出来るデッキと比べた時の明確な利点となり得るでしょう。

 

採用するD2フィールドとしては、もちろん《Dの牢閣メメント守神宮》ですが、よりドンジャングル系列のデッキを意識するのであれば、この子とデザイナーズコンボを形成する《革命のD ビッグワン・フェスライブ》が候補となりますね。光/自然と手出しが難しい代わりに、ドンジャングル系列のデッキ相手に有利になれるかと。

攻撃強制のDスイッチもある程度の防御に繋がりますね。ただでさえ高いパワーを誇っていた革命チェンジ先クリーチャー達がパワーアップするともなれば、これを超える事が出来るクリーチャーはごくわずかでしょう。

 

 

一応、一例としてこれだけのカードを挙げましたが、前述の通り自由度の高いデッキなので、この候補に入っていないカードも試してみるのがいいと思いますね。

 

 

まとめ

自由度の高いNEXミラダンテ。ミラダンテが規制された今でも戦っていけそうなポテンシャルを感じさせるデッキです。

GR召喚のギミックもほんの少しは活用できそうです。自由な発想で今後も構築してみて欲しいです。G-cat様ありがとうございました。遅くなって本当に申し訳ありませんでした。

 

以上。ポフルでした。