ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ザーク卍ウィンガー》考察―ちょっと待てと言いたい【デュエル・マスターズ】

今日は新弾発売日でしたね、そういえば最近他の人とデュエマしてない。ポフルです。

そろそろオーラデッキを使って戦いにいこうかしらん。

 

 今回は、アニメで登場しましたGRクリーチャー《ザーク卍ウィンガー》を考察していきましょう。

 

 

 

 

カード情報

 


ザーク卍ウィンガー

闇文明 マフィ・ギャング/デリートロン

コスト4 パワー4000

GRクリーチャー

■このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりに、これに付けられているオーラを2枚、自分の山札の一番下に置いてもよい。


 

考察

ちょっとまてや

と思った方も多いのではないでしょうか。闇文明パワー4000のGRクリーチャーにして、付いているオーラを2枚犠牲に自身を維持するメリット能力を持っています。

 

身体が特別強くない闇、水のパワー4000はデメリット持ちが基本では無かったのか。

 

身体が強いという設定の自然と光で、特別なデメリットの無いパワー4000が出るのは分かるのですが、なんというかこの先そういうわけでもなくなりそうですね。

 

基本的に、オーラデッキを使わないデッキであれば単なるバニラです。それでも心強いのは間違いないのですが、やはりオーラデッキでの活躍を見出したい所です。

 

前回考察した《大卍罪 ド・ラガンザーク》といいい、《極幻夢 ギャ・ザール》といい、オーラデッキは「場に召喚酔いしていないGRクリーチャーに付ける事によって、攻撃時の能力を有効活用できる」というオーラの特性を活かしたプレイを意識する事がほとんどです。そのため、GRクリーチャー自身が除去耐性を持つ事はそれだけで多大なメリットだと言えますね。ゲームスピードが上がった現在、コスト3の《幽影エダマ・フーマ》を付ける手間を省く事が出来るのはうれしいです。

 

除去の回避方法としては、自身に付いているオーラ2枚をデッキの一番下に送る事です。2枚はやや厳しいですが、前述の通りGRクリーチャーを維持できるメリットは大きいです。《*/零幻チュパカル/*》によるコスト軽減や、《極幻智ガニメ・デ》のドローによって、GRクリーチャーにオーラをドンドン重ねる事が出来るようにしたいです。

剥がすオーラも、なるべく《極幻智ガニメ・デ》や《幽具ランジャ》のように、一度付けた後の恩恵がパワー増加以外無いオーラをコストとして使いたいです。

 

もちろん、詰めの段階でも優秀です。特にフィニッシャーである《極幻夢 ギャ・ザール》や《大卍罪 ド・ラガンザーク》といった、攻撃時にオーラを踏み倒すオーラと《*/弐幻ケルベロック/*》との相性はピッタリです。性質上、攻撃によって相手を追い詰めれば追い詰める程オーラが張り付くので、どんどん自身の耐性を強化する事に繋がります。特にド・ラガンザークは、一度の攻撃で一回分の耐性を獲得できる為、特に相性が良いと言えるでしょう。アニメでの活躍を踏まえるとデザイナーズコンボですかね。半端な除去トリガー1枚では対処困難となる場面も多いでしょう。

 


大卍罪 ド・ラガンザーク 卍

闇文明 マスター・ドルスザク/マフィ・ギャング/デリートロン

コスト10 パワー+0000

オレガ・オーラ

■罪・無月の大罪(自分の墓地にあるオーラ1枚につき、このオーラのコストを1少なくしてもよい。そうしたら、このターンの終わりに、自分のクリーチャーを1体破壊する。ただし、コストは0以下にならない)

■これをクリーチャーに付けた時、またはこれを付けたクリーチャーが攻撃する時、コスト8以下のオーラを2枚まで自分の墓地から選び、このクリーチャーに付ける。

■これをバトルゾーンから自分の墓地に置く時、かわりに山札の一番下に置く。

■相手のターンの終わりに、これを自分の墓地から山札の一番上に置いてもよい。


 

 

欠点としては、コストとなったオーラがデッキの一番下へと戻ってしまう点ですね。

これにより、《大卍罪 ド・ラガンザーク 卍》との相性はやや微妙な状態になっています。

とはいえ、これで墓地だった場合、

  • ド・ラガンザークが付いたクリーチャーで攻撃する時、S・トリガーで除去されそうになった時にケルベロックを消費し、ケルベロックを付け直して連続攻撃。
  • ド・ラガンザークをわざとコストにする事でド・ラガンザークが自身の置換効果でデッキの一番下に送られる事を回避し、次のターンに回収してまた付け直す。

といった、それはそれで頭おかしい対処困難なコンボが炸裂するので、当然の措置ではありましたね。

 

欠点を加味しても、1枚の除去カードが致命的となりやすいオーラデッキにとっては心強いGRクリーチャーである事は間違いありませんね。

 

まとめ

まさかのパワー4000にしてデメリット無しのGRクリーチャーです。

その能力も、おまけとは言わせないどころか、既存のオーラにとって嬉しい除去耐性です。ド・ラガンザークといい、闇文明のオーラによって、世間のオーラへの認識をしっかり変えてくれるカードとなってくれそうです。

 

以上。ポフルでした。