ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《悪魔聖霊フンボルト》考察―墳墓すき【デュエル・マスターズ】

 光と闇が採用されたデッキではまず墳墓の採用を考える病気。ポフルです。

 良いじゃん面白いし。

 

本日は、《悪魔聖霊フンボルト》の考察です。生放送にて紹介されていました。

 

【デュエマ緊急生放送】令和元年6月&7月の最新カード速報!令和夏の殿堂カード発表SP【デュエル・マスターズ】 - YouTube

 

 

カード情報

 


悪魔聖霊フンボルト

光/闇文明 エンジェル・コマンド/デーモン・コマンド

コスト6 パワー6500

■バトルゾーンに相手の名前が同じクリーチャーが2枚以上あれば、自分のシールドゾーンにあるこのクリーチャーに「S・トリガー」を与える。

■ブロッカー

■スレイヤー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選ぶ、それと同じ名前を持つ相手のクリーチャーをすべて表向きにし、新しいシールドとして持ち主のシールドゾーンに置く。


 

考察

「《天使と悪魔の墳墓》がクリーチャー化した」というデザインのクリーチャーです。

墳墓!!!!すき!!!!!

 


天使と悪魔の墳墓

光/闇文明 コスト4 呪文

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■S・トリガー

■バトルゾーンに同じ名前のクリーチャーが2体以上あれば、それらをすべて破壊する。その後、すべてのマナゾーンを見て、同じ名前のカードが2枚以上あれば、それらをすべて破壊する。


 

www.dmasters-pohu.com

 

 

ブロッカー、スレイヤー、パワーの下3桁と、光文明と闇文明の能力を組み合わせたようなスペックはひとまず置いておきましょう。

やはり主体は《天使と悪魔の墳墓》を思わせる2つの能力ですね。

 

まずは、相手の場に同名クリーチャーが2体存在していれば、S・トリガーを持つ能力ですね。

ブロッカースレイヤーかつ、後述の除去能力を持つクリーチャーがS・トリガーとなると言えばかなり強そうに思えます。

ただし、その条件は「相手の場に同名クリーチャーが2体以上存在している事」と、やや難しい物になっています。

 

特にS・トリガーを活かしたい相手であるビートダウンデッキに対しては、思った以上にうまく働かない事も多いでしょう。というのも、最近の速攻デッキの傾向として、「同名クリーチャーが数体並ぶよりも早いターンで決着がつく」というのが問題です。轟轟轟が殿堂入りになるという事から多少は発動の機会も増えるのかもしれませんが、それでもやはり、同名クリーチャーが並ぶ前に決着が付く位の速さは健在かと思われます。

 

どちらかと言えば中速系のビートダウンのような、しっかり制圧してから殴るタイプのビートダウンに対して働くカードでしょう。メタリカのようなデッキがねらい目ですかね。

 

メインとなる能力は、「相手クリーチャーを1体選び、バトルゾーンにあるそのクリーチャー含む同じ名前のクリーチャーをすべて表向きでシールドゾーンに置く」という物です。

《Dの天牢 ジェイルハウスロック》と比較して考えると、複数体をシールドに送る場合はそれぞれ新しいシールドとして置かれる事になると思われます。

 

《天使と悪魔の墳墓》を思わせる除去ですが、相違点として以下の点が挙げられます。

  • 破壊ではなくシールド送りである点
  • 同名クリーチャーがいなくても除去が出来る点
  • 選択できるクリーチャーは1体のみである点
  • 自分には影響を及ぼさない点
  • マナゾーンに触れる事が出来ない点

 

《天使と悪魔の墳墓》の利点は「相手のマナゾーンにも干渉できるため、見せておくだけでマナゾーンに置くカードを縛る事が出来る」という点にありました。その事を考えると、「《天使と悪魔の墳墓》のクリーチャー版」と捉えるには少し弱いと言わざるを得ません。おそらくですが、開発的にはあまりランデスカードを積極的に作りたくないのでしょう。

 

とはいえ、バトルゾーンに干渉するカードとしては《天使と悪魔の墳墓》よりも安定していると考える事も出来ますね。そもそも同名カードが1枚もなくても除去が出来るという点が優秀です。

 

これらの事を考えると、《天使と悪魔の墳墓》との比較を考えるよりも、《魔天聖邪 ビッグディアウト》と比較するのが良いかもしれませんね。

 


摩天聖邪ビッグディアウト

光/闇文明 ゴッド・ノヴァOMG/デーモン・コマンド

コスト7 パワー7000+

■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手のクリーチャーを1体破壊する。その後、相手のクリーチャーを1体タップする。

■W・ブレイカー

■右G・リンク


 

 

除去方法がシールド送りである点は、「破壊耐性持ちや破壊時能力を持つクリーチャーを除去できる」という点で優り、「相手のシールドが増える事によって決着が遠のく」という点で劣ります。どちらにも利点があり、どちらにも欠点があります。

 

しかし、コスト6と低い上に、前述したS・トリガー能力に加えてブロッカーにスレイヤーとてんこ盛りです。更に、種族もエンジェル・コマンドを持っている為に、エンジェル・コマンドデッキでの採用も考えられます。

一応、ビッグディアウトには、相手のクリーチャーをタップする能力があるので、他のクリーチャーとのタップキル戦術も狙う事はできます。とはいえ、通常のデッキであれば、コストが低くてもビッグディアウトに引けを取らないカードパワーを持ったフンボルトが優先される事は間違いないかと思います。ビッグディアウトはゴッドリンクを使うデッキでの採用が主となってくるでしょう。

 

唯一注意したい点としては、能力が強制である点ですね。

相手の場にS・トリガークリーチャーしか存在しない場合でも必ずシールド送りにしなければなりません。

かなり極端なレアケースですが、《凶殺皇 デス・ハンズ》のような優秀なシールドトリガーが何体もいる状態での能力発動は、かなりのリスクを背負う事になりますね。

 

 

色々考えてきましたが、かなり優秀なカードである事は間違いありません。

「S・トリガー」に関しては「発動できればラッキー」くらいの認識に留めて、「除去能力を持ちながらコストが6と低めなエンジェル・コマンド及びデーモンコマンド」として扱うのが良いかと思いますね。

動画で言われている通り、最近流行りのドルマゲドンに入れる事は一番最初に思いつくかと思いますし、8月発売のクロニクルデッキ「SSS!! 侵略デッドディザスター」の方向性次第では採用を検討できるかもしれません。

もちろん、聖霊王や悪魔神を使うデッキでの採用も考えられます。特にこの二種のデッキは「相手が何もできない状態を作り出して一気に勝ちを目指す」というデッキになりがちで、フンボルトによってシールドが多少増えた所でデメリットはほぼありませんね。

 

まとめ

《天使と悪魔の墳墓》を思わせる名前に能力と、中々ユニークなクリーチャーです。

しかしながら、その役割は墳墓と全く違う物と見て良いでしょう。ハマった時の爆発力こそ無いですが、その分堅実なクリーチャーとして活躍できそうです。

 

以上。ポフルでした。