ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《極幻星 ジュデ・ルーカ》考察―他の青オーラとのコンボが光る豪快なオーラ【デュエル・マスターズ】

闇オーラが各地で活躍しているみたいですね。正直予想通り。ポフルです。

個人的には青オーラの方が好きだったりするので、そちらにも是非頑張ってほしいし、このブログで魅力を書いていく事で第一人者的立ち位置を獲得したい所でもあります。

 

本日は《極幻星 ジュデ・ルーカ》を考察していきましょう。

 

 

 

 

カード情報

 


極限星 ジュデ・ルーカ

水文明 トリックス/デリートロン

コスト6 パワー+4000

オレガ・オーラ

■これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。

■これを付けたクリーチャーの攻撃の終わりに、その攻撃中にブレイクしたシールド1つつき、自分の山札の上から1枚を表向きにする。その中から、コスト6以下のオーラをすべてバトルゾーンに出す。残りを好きな順番で自分の山札の一番下に置く。


 

考察

大型オーラお馴染みの「パワード・ブレイカー」の付与。そして、ブレイクしたシールドの数だけオーラを踏み倒す豪快な能力を持ちますね。

 

コスト6以下という事は、《極幻夢 ギャ・ザール》と同様《*/弐幻ケルベロック/*》での連続攻撃も狙う事が出来るという事です。今までフィニッシュ手段を《極幻夢ギャ・ザール》に頼りがちだった青オーラですが、ここに来てフィニッシャーがもう1枚増える事となりました。ギャ・ザールと違い、自力で「パワード・ブレイカー」の付与まで行える点もうれしいですね。

 

ジュデ・ルーカ自身がギャ・ザールの踏み倒しに対応している点も見逃せない点でしょう。

 


極幻夢 ギャ・ザール

水文明 トリックス/デリートロン

コスト5 パワー+2000

オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体につけるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

■これを付けたクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚引く。その後、コスト6以下の呪文またはオーラを自分の手札からコストを支払わずに使ってもよい。


 

www.dmasters-pohu.com

 

ジュデ・ルーカの能力が攻撃の終わりに発動する点から、ギャ・ザールとのコンボも可能となっています。

ギャ・ザールが付いているGRクリーチャーで攻撃する時に、ジュデ・ルーカをその上に重ね、攻撃の終わりにジュデ・ルーカの能力を発動……と、美しい流れでオーラを踏み倒す事が可能になります。この踏み倒しでケルベロックを踏み倒す事が出来れば万々歳ですね。

 


*/弐幻ケルベロック/*

水文明 トリックス/デリートロン

コスト5 パワー+2000

オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体につけるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

■S・トリガー(このオーラをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ使ってもよい)

■これをクリーチャーに付けた時、そのクリーチャーをアンタップする。

■これを付けたクリーチャーに「ブロッカー」を与える。


 

ただでさえ強力だった《極幻夢 ギャ・ザール》を更に派手にしてくれる、最高のパートナーとなってくれるでしょう。

ケルベロックによる連続攻撃を狙う他、ガニメ・デによってリカバリーを狙ったり、デジルムカデでビートダウンを止めたり。《大卍罪 ド・ラガンザーク 卍》と違い必ずオーラを自分に付ける必要は無いので、踏み倒しすオーラで新たにGR召喚する事で頭数を増やしておくという事も考えられますね。

 

「攻撃の終わりに踏み倒す」「相手のシールドをブレイクしなければ能力が発動しない」という事から、「相手のS・トリガーやシノビによる除去に弱い」という欠点も存在していますが、その辺りは同弾収録の《*/肆幻ウナバレズ/*》との併用によってある程度克服できますね。

 


*/肆幻ウナバレズ/*

水文明 トリックス/デリートロン

コスト6 パワー+4000

オレガ・オーラ

■すでに他のオーラが付いているクリーチャーに付けるなら、このオーラを使うコストを2少なくする。

■これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。

■相手がクリーチャーを選ぶ時、これが付いている、タップしているクリーチャーは選べない。(ただし、そのクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)


 

(こちらのカード単体としては別で考察予定です。)

 

ウナバレズが付いたクリーチャーのタップ時にアンタッチャブルを付与する為、《デーモン・ハンド》《罠の超人》等の単体除去によって倒される事はありません。

対象を取らずに相手プレイヤーに選ばせるタイプの除去、そしてカード指定除去によって《極幻星 ジュデ・ルーカ》を選ばれてしまうのは痛いですが、現状、どちらのタイプのS・トリガーもそれほど採用率が高くはありません。というより、よほど特殊な環境にならない限り、ジュデ・ルーカ+ウナバレズが苦手とするタイプのS・トリガーの採用率は控えめです。

 

唯一《終末の時計 ザ・クロック》のみ、踏み倒し能力の発動が許されないメジャーなS・トリガーですが、よほど追い詰められた状態でもない限りはそこまでの痛手にはならないでしょう。

 

まとめ

《極幻夢 ギャ・ザール》の存在を考慮しても青オーラはどうしても地味な印象を受けていましたが、今回の《極幻星 ジュデ・ルーカ》は、そんな青オーラのイメージを覆してくれそうな能力です。個人的には、単体でもそこそこ強力で、他カードとの連携で更に光る能力という事で、

今回のSRカードの中で一番好きです。

 

ド・ラガンザークが早速結果を残しているという報告も受けますが、青オーラを使ってその強さを実感してきた身としては、こちらのカードも注目して欲しいですね。

 

 

以上。ポフルでした。