ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《*/肆幻ウナバレズ/*》考察―青オーラの方向性を決定づける必須級青オーラ【デュエル・マスターズ】

 

ポフルです。

 

本日は《*/肆幻ウナバレズ/*》を考察していきます。

 

 

 

カード情報

 


*/肆幻ウナバレズ/*

水文明 トリックス/デリートロン

コスト6 パワー+4000

オレガ・オーラ

■すでに他のオーラが付いているクリーチャーに付けるなら、このオーラを使うコストを2少なくする。

■これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。

■相手がクリーチャーを選ぶ時、これが付いている、タップしているクリーチャーは選べない。(ただし、そのクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)


 

考察

これを付けたクリーチャーがタップしているなら、アンタッチャブルとなるオーラです。

コスト6と大きいですが、既にオーラが付いているGRクリーチャーに付けるならコストが4まで下がりますね。

 

《異端流しオニカマス》が優秀なメタクリーチャーとして扱われてきた理由として挙がられる点がアンタッチャブルの存在です。そのアンタッチャブルを与える事が出来るオーラという時点で、弱いという事はあり得ないです。

 

アンタッチャブルの条件としてタップ状態にする必要がありますが、このブログのオーラに関する記事をしっかり読んでいた方や、《極幻夢 ギャ・ザール》を使って勝利を収めてきた方ならわかる事でしょう。このオーラのコスト軽減条件の通り、既に場に出ていて召喚酔いが解けているGRクリーチャーに付けて殴るだけでアンタッチャブル達成です。

 

タップ状態のこの子が殴り返される事もあるかもしれませんが、オーラの特性である「GRクリーチャーをパワーアップさせていく」という点を活かせば、殴り返しも困難となる事でしょう。

 

青オーラの切り札にもなり得る《極幻星 ジュデ・ルーカ》との相性は、先日の記事で書いた通りです。

 


極限星 ジュデ・ルーカ

水文明 トリックス/デリートロン

コスト6 パワー+4000

オレガ・オーラ

■これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。

■これを付けたクリーチャーの攻撃の終わりに、その攻撃中にブレイクしたシールド1つつき、自分の山札の上から1枚を表向きにする。その中から、コスト6以下のオーラをすべてバトルゾーンに出す。残りを好きな順番で自分の山札の一番下に置く。


 

www.dmasters-pohu.com

 

《極幻夢 ギャ・ザール》+《*/弐幻ケルベロック/*》のコンボとは、攻撃中にアンタップしてしまう都合上やや相性が悪いので、ジュデ・ルーカとのコンボを積極的に狙いたいですね。

 

青オーラの方向性の話

 

このオーラのおかげで、青オーラ主体デッキの方向性が明確になりましたね。

  • 2ターン目に《*/零幻チュパカル/*》を出す。
  • 3ターン目に《*/零幻チュパカル/*》が付いたGRクリーチャーに《*/肆幻ウナバレズ/*》を付けて、パワードブレイカーでブレイク数が2枚になっている筈のGRクリーチャーで2枚ブレイク。(超GRの中は、最低限パワー2000以上で固めたいですね)アンタッチャブルによって次のターンにつなげやすくする。
  • 4ターン目に《極幻夢 ギャ・ザール》を付けて攻撃時、《極幻星 ジュデ・ルーカ》を付けて3枚ブレイク。ジュデ・ルーカ能力で頑張って《*/弐幻ケルベロック/*》を引き当ててアンタップ。そのままトドメの攻撃を行う。

 

最速4ターン、ここに《接続 CS-20》も加えれば、運次第で3ターンも視野に入りますが、途中に《極幻智 ガニメ・デ》を挟んでドローする事によって確実性を高めた上で5ターンで勝負を決めに行く事も可能でしょう。

 

このように、序盤から積極的に攻撃していく事によって中盤の《極幻夢 ギャ・ザール》の決定力を高めていくという、速攻~中速のデッキという方向になっていますね。

 

この動き自体は、《*/肆幻ウナバレズ/*》ではなく《*/肆幻モドピトテ/*》(ついでに言うなら《*/肆幻フィッパード/*》)でもできますが、アンタッチャブル化によって4ターン目の《極幻夢 ギャ・ザール》が決まりやすくなったという点で、ウナバレズが優先される場面の方が多くなるかと思います。

ウナバレズを使う場合、モドピトテと違い「重ねるか重ねないかの選択ができる」というオーラの特性を犠牲にする事になりますが、その柔軟性よりもアンタッチャブルによる確実な役割遂行性能の方が嬉しい事が多いかと思います。

 

基本的には、序盤からオーラを重ねながら殴る事によって勝利が近づくという物になります。青オーラを構築する際には、この辺りを意識して組むのが良いのかなと思いますね。

 

まとめ

黒のオーラを大プッシュしている今回の新パックでしたが、青オーラもしっかり強化されているように思えるカードになっています。

「私は水文明を使ってやるぞ」という意志を持った方は、前回の《極幻星 ジュデ・ルーカ》と共にしっかり確保したいですね。

 

以上。ポフルでした。