ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ジギー "TND" ボルト/雷雲ドワン》考察―デッキの隠し味にいかが?【デュエル・マスターズ】

超天篇第2弾は強力なホイルが多いなと実感。ポフルです。

その分デッキ構築の幅が増えれば万々歳。

 

今回は《ジギー "TND" ボルト/雷雲ドワン》を考察していきます。

 

 

 

カード情報

 


ジギー "TND" ボルト

火文明 ビートジョッキー

コスト4 パワー3000

■スピードアタッカー

■このクリーチャーがシールドをブレイクする時、かわりに数字を1つ選んで言う。相手はそのシールドを表向きにし、その中にある選ばれた数字と同じコストのカードをすべて自分の墓地に置く。その後、相手はそのシールドにある残りのカードをすべて、自身の手札に加える。


雷雲ワン

水文明 コスト1 呪文

■シールドを1つ選んでみる。その持ち主のそれを、自身の山札の一番下に好きな順序で置かせてもよい。そうしたら、そのプレイヤーは、自身の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとしてシールドゾーンに置く。


 

考察

敵対色ツインパクトのVRですね。

 

クリーチャー面

4コストのスピードアタッカーであり、シールドブレイク時に数字を宣言し、ブレイクするシールドの中の宣言した数字と同じカードを焼却するという、中々ユニークな能力を持っています。

テキストが長くてややこしいですが、相手が「裁きの紋章」を使う場合に進行をスムーズにするための配慮ですね。

……そこまでの配慮が出来るのなら、他のテキストミスをどうにかする方法を実施した方が良いのでは……?

 

変則的ではありますが、コスト4にしてスピードアタッカーの焼却クリーチャーと中々欲張りなクリーチャーですね。

コスト4のビートジョッキーとなれば、一撃奪取サイクルにチュチュリス、そして《ダチッコ・チュリス》と、3ターン目に安定して出す事が出来ます。3ターン目にいきなり焼却クリーチャーが出てくるというのは中々驚異で……レッドゾーンZ?いえ、なんでもありません。

 

宣言した数字以外のカードを墓地に送れませんが、相手のデッキがメジャーな物であれば、危険なカードを焼却する事も可能でしょう。マイナーなデッキと当たった場合に備えて、広く使われているカードの知識は頭に入れておきたいですね。

 

この手の、数字を宣言するタイプのカードが増える度、ガチロボや九極侵略等のコストを固めるデッキが窮地に立たされるのはお約束です。

 

もう一つポイントとしては、《「本日のラッキーナンバー!」》等のカードと違い、ツインパクト相手ならクリーチャー面か呪文面のどちらかが宣言した数字と同じであれば、問答無用で焼却できる点ですね。

特にバラギアラ系統のデッキが相手の場合には覚えておきたいです。コスト6を宣言しておけば、《輪廻暴冥》、《デーモンハンド》、と言ったS・トリガーを対策するだけでなく、チェンジザやディールのような厄介なカードを焼却できます。

トラップ主体の懐かしい感じのツインパクト相手でも、6を宣言する事で《地獄極楽トラップ黙示録》も《ナチュラル・トラップ》も同時に対策が可能です。

 

難点があるとすればやはり、自身が1枚しかシールドをブレイクできない点ですね。

シールド焼却はフィニッシャーに相応しい能力なのですが、そのブレイク数の低さがネックになる事は多いでしょう。

 

ブレイク数を増やすか、もしくは、序盤から積極的に殴るデッキで、少しでも相手のトリガーを対策する事で序盤に体制を崩されにくくするような使い方が向いているのかもしれません。

 

呪文面

シールド1枚を入れ替える呪文ですね。

やはり「裁きの紋章」を対策するようなまどろっこしいテキストになっています。

 

シールドのピーピングと交換をコスト1でこなすというのは、地味ながら強力ですね。

相手の「裁きの紋章」対策として使っても良し、そうでなくても相手のS・トリガー対策の一環として使っても良し、はたまた、自身のS・トリガーの確率を増やしたり、キーカードのシールド落ちを防ぐ為に使うも良しと、かなり万能な呪文になってくれる事でしょう。

特に、クリーチャー面及びこのカード全体の色がビートダウンに向いている事も相まって、「裁きの紋章」を使うデッキに対しての「サバキZ」及び《煌世主 サッヴァーク✝》対策を1コストで行う事が出来る点はうれしいです。

 

ツインパクトとして

呪文面もクリーチャー面も、ビートダウンデッキであればあらゆる場面で活躍できる能力を持っていると言えますね。

 

一応、クリーチャー面と呪文面はシナジーしています。呪文面で相手のシールドの中身をあらかじめ確認しておけば、クリーチャー面でのシールド焼却を確実なものにしてくれます

アニメにてカバまろが行っていたプレイングですね。

 

また、クリーチャー面はビートジョッキーですが、トリックスのデッキ、中でも《Wave All ウェイボール》を扱うデッキに搭載する事でも力を発揮できるかもしれません。

 


Wave All ウェイボール

水文明 トリックス/ワンダフォース

コスト2 パワー5000

■このクリーチャーは攻撃できない。

■各ターン、自分が初めて呪文を唱えた時、GR召喚する。

■クリーチャーの能力によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。


 

www.dmasters-pohu.com

 序盤は色基盤としてマナに置く他、1コスト呪文という点を活かしてビートダウンの準備もしくは自分の守りを固めながらGR召喚を誘発させ、終盤になればクリーチャー面で逆転の芽をつぶすような使い方が出来そうです。

 

また、《暴走龍 5000GT》が出た後に自身を召喚できない点にさえ目を瞑れば、【墓地ソース】での活躍も期待できます。

1ターン目に呪文面を使えば1枚の墓地肥やし。中盤にはクリーチャー面で相手のトリガーの露払いをしながらシールドを減らし……と、墓地ソースの戦い方にはあっていると言えるでしょう。

 

メインで使う事を考えるよりも、デッキの隠し味的な形での採用が良いのかなと思います。

 

 

まとめ

色が合うビートダウンデッキでは、積極的な採用……まで行くには少し性能が中途半端ですが、他のカードには無い独自性から、使われてもおかしくは無いカードだと言えそうですね。

 

 

以上。ポフルでした。