ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《覇王る侵略 ドレッドゾーン》考察―色々遅すぎた感はあるけれど【デュエル・マスターズ】

何度も書きますが、バイクの速攻は色々な意味で理想形だった気がするポフルです。

手札消費の荒さと引き換えにした強力なクリーチャー1体での攻撃、いなされた際の禁断解放によるワンチャンス。長期戦に弱いというバランス調整。今になって思うと好きな環境だったなと。戦うの辛かったけど。

 

 本日は《覇王る侵略 ドレッドゾーン》の考察です。

 

 

 

カード情報

 


覇王る侵略 ドレッドゾーン

火文明 ソニック・コマンド/侵略者

コスト6 パワー9000+

■進化:自分の火のクリーチャー1体の上に置く。

■侵略:火のコマンド(自分の火のコマンドが攻撃する時、自分の手札にあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のパワー3000以下のクリーチャーをすべて破壊する。

■バトル中、このクリーチャーのパワーを+5000する。


 

考察

新たに登場しました、火文明の侵略者ですね。

レッドゾーンの派生クリーチャーと言って良いかと思います。

 

元祖レッドゾーンと比べると、バトル中のパワーは14000と高くなっていますが、通常のパワーが9000なのでT・ブレイカーはW・ブレイカーとなっています。

さらに、破壊能力はパワー3000以下の全体火力となっています。

 

「相手よりも先にシールドを全て割ってトドメに向かう」というのがコンセプトのレッドゾーン系統にとって、ブレイクできる枚数が2枚になってしまっているのは欠点ですね。

その分、バトル中のパワーは14000となっているので《ドンジャングルS7》を自力で相打ちに持っていける力はあるのですが、「そもそも《轟く侵略 レッドゾーン》の破壊能力で破壊してしまった方が手っ取り早い」というのは考慮すべきでしょうし、「そもそもドンジャングルが出るまで長引いているのは、バイク的に負け試合」とも言えます。少し中途半端な感じはありますね。

一応、ドンジャングルのマッハファイターで一方的に破壊されないという点は利点と言えそうです。

 

パワー3000以下の全体火力については、恐らく賛否分かれる所でしょう。

無条件で《異端流しオニカマス》を焼く事が出来る点や、ジョーカーズデッキのように、クリーチャーがどんどん並んでいくデッキに対して有利に働く点等、褒める部分は多いです。

とはいえ、相手が大型を使うデッキだったとしても活躍できる《轟く侵略レッドゾーン》の能力だけでも十分だという意見もあるでしょう。さらに、最近では《異端流しオニカマス》が刺さる相手が少なくなっている為、採用枚数が落ち着いているという現状もあります。

もう1年位登場が早ければ、「とうとうオニカマスを焼けるバイクが来た!」と話題になってた気がしますね……。ちょっと、遅すぎた感はあります。

ただ、速く出たら出たで「露骨なバイク贔屓」とか言われそうな風潮ですし、この時期での登場はベストだったのかなと思ったり思わなかったり。

 

レッドゾーンZのように、単体で使われるよりも連続侵略目的で使われる事が多くなるのかなと思います。連続侵略による手札消費の荒さを、全体火力による大量破壊によって相手にもカードを消費させるという火文明らしい使い方が求められますかね。

環境が「ジョラゴンを使わない、大量展開するタイプのジョーカーズ」「メタリカバーナインによる大量展開」のようなデッキに偏った時に持っておくと良いのかなという印象ですね。特にメタリカバーナインを使うようなデッキにとっては、このクリーチャーは天敵になっていくでしょう。

 

 

 まとめ

今の時代に適応出来て行けるのかは分からない、少し時代遅れな気もするこのクリーチャーです。しかし、適応できる環境においてはすさまじい爆発力を生んでくれそうなクリーチャーですね。

使ってみた結果「使えないな」と感じたとしても、いつか来るかもしれない刺さる環境に備えて持っておくのも良いのかもしれませんね。

 

以上。ポフルでした。