ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

「絶対王者!! デュエキングパック」ポフル的オススメ新規カード達【デュエル・マスターズ】

本日のデュエキングパック。皆様どんなカードが当たっているでしょうか。

私は金欠によって変えなさそうです。ポフルです。悲しい。

 

 さて、本日2記事目ですが、今まで長い間お休みしていた事から、「絶対王者!! デュエキングパック」収録カードの考察がしっかり出来ていなかったので、それを補う為に「絶対王者!! デュエキングパック」の新規カードの中でのオススメカードを軽く考察しようと思います。

 

 

 

ビクトリー枠

《爆熱王剣 バトガイ刃斗》《爆熱王DX バトガイ銀河》


爆銀王剣 バトガイ刃斗

火文明 コスト5 ドラグハート・ウエポン

■これを装備したクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。

■これを装備したクリーチャーが攻撃する時、自分の山札上から1枚目を表向きにしてもよい。それが進化でないドラゴンなら、バトルゾーンに出す。それ以外なら、自分のデッキの一番下に置く。

■龍解:自分のターン中に自分のドラゴンがバトルゾーンに出た時、それがそのターンに出す最初のドラゴンでなければ、このドラグハートを裏返し、アンタップしてもよい。


↓龍解後↓


爆熱王DX バトガイ銀河

火文明 ガイアール・コマンド・ドラゴン

コスト8 パワー12000

ドラグハート・クリーチャー

■スピードアタッカー

■T・ブレイカー

■このクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚引く。その後、進化でないドラゴンを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。

■相手のドラゴンでないクリーチャーは、バトルゾーンに出たターン、攻撃できない。


 

www.dmasters-pohu.com

今回の目玉カードと見て良いでしょう。

基本的には上記記事に書いた通りです。

 

このカードを出せるドラグナー全般との相性が良い為、火のドラグナーを使う方にはチェックして欲しいカードになりますね。

 

 

レジェンド枠

《ブラッキング・ザ・ジョニー》


ブラッキング・ザ・ジョニー

無色 ジョーカーズ

コスト8 パワー5000+

■マスター・ブレイカー(このクリーチャーがバトルゾーンに出たターン、各ブレイクの前に、相手のクリーチャーを1体破壊する)

■このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターン、相手プレイヤーを攻撃できる。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。こうして表向きにした無色クリーチャー1体につき、このターン、このクリーチャーはパワーを+5000され、シールドをさらに1枚ブレイクする。表向きにしたカードはすべて、好きな順序で自分の山札の一番上または下におく。


 

今日更新で記事を書いています。

昔懐かしい無色単のデッキにてマスター・Q・ブレイクを実現する面白いクリーチャーです。このカードを機に、昔懐かしい準無色単ジョーカーズが出てくると個人的にはうれしいですね。

 

「5枚のブレイクはできないのかよ」と突っ込まれそうですが、《チョコっとハウス》で最初に1枚ブレイクしていれば、4枚でも十分なのかもしれません。

 

スーパーレア枠

《ドンドン水撒くナウ》


ドンドン水撒くナウ

水/自然文明 コスト5 呪文

■S・トリガー

■自分の山札の上から2枚を、タップして自分のマナゾーンに置く。

■クリーチャーを1体、自分のマナゾーンから手札に戻す。その後、そのクリーチャーのコスト以下のコストを持つ相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい。


 

 

公式での扱いを見ていると、「これ強そうじゃねwwwよっしゃ作ったろwww」みたいな悪ふざけ感が垣間見えるカードな印象ですが、強力である事にはかわりないですね。

 

能力としては、マナ加速+クリーチャーのマナ回収。そして回収したクリーチャーのコスト以下の相手クリーチャーのバウンスです。

マナ加速+手札補充+バウンス+S・トリガーと、名前やイラストからもわかる通り《ドンドン吸い込むナウ》+《フェアリー・シャワー》の複合的なデザインですね。

 

とはいえ、手札に加えられるのはクリーチャーのみ、バウンス能力は回収するクリーチャーのコストに依存し、マナ加速はタップイン、コストも1増加。元ネタ2枚よりも小回りは効かないカードになっていますね。元ネタの2枚の採用率を脅かすような事にはならないのではないかと思います。特に《ドンドン吸い込むナウ》はよほどの事が無い限り今まで通りの扱いになりそうです。

 

重めのクリーチャーを多く採用するビッグマナにおいては、マナ加速に手札補充、相手クリーチャーの除去までこなすと、かなり強力なトリガーになってくれます。サイゾウミスト等の大型シノビを回収する事によってさらに守りを固める事も出来ますね。

ビッグマナ系デッキを使うのであれば何枚か確保しておきたいですね。

こういうカードをレア以下に抑えてくれていたファイナル革命期以前の公式はどこにいったのか。

 

《轟牙忍 ハヤブサリュウ》


轟牙忍 ハヤブサリュウ

光/火文明 ガイアール・コマンド・ドラゴン/ガーディアン/シノビ

コスト6 パワー5500

■ブロッカー

■スピードアタッカー

■ニンジャ・ストライク7:(相手のクリーチャーが攻撃またはブロックした時、自分のマナゾーンにカードが7枚以上あり、その攻撃中に「ニンジャ・ストライク」能力を使っていなければ、このシノビをコストを支払わずに召喚してもよい。そのターンの終わりに、このシノビを自分の山札の一番下に置く)


 

コマンド・ドラゴンのシノビです。

詳しい事は明日の記事にて。

 

そもそも火のコマンド・ドラゴン、かつ単体で防御札として使えるのシノビというだけで、様々なデッキに採用できる汎用性は持ち合わせています。

ドラゴンデッキを持っているならば、ぜひとも確保しておきたいです。

 

ベリーレア枠

《撃速 ザ・グナム》


撃速 ザ・グナム

火文明 ソニック・コマンド/侵略者

コスト3 パワー3000

■相手が、自身のターン中にコストを支払わずにクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのクリーチャーを破壊する。


 

マグナムが侵略者となりましたね。

踏み倒しメタとして見れば、3コストと少し重めな点は気になります。しかしセンノーやポクチンあたりがメタカードとしてそこそこ働けている現状を見れば、そこまで不安に思う必要は無いのかもしれません。

《マグナム・ルピア/クリムゾン・チャージャー》の存在も気になりますが、こちらは火のコマンドという点が差別点になってくれています。

封印外しと、メタが通用しない場合の侵略元。

 

ただし、この子を3ターン目に出すという事は、最速侵略が出来ていないという事でもあります。これをどう捉えるかは使い手次第ですね。

なんにしても、レッドゾーンを扱うなら持っておきたい所でしょう。

 

 

《界王類咆哮目 ジュラノキル/ジュラスティック・ハウル》


界王類咆哮目 ジュラノキル

自然文明 ジュラシック・コマンド・ドラゴン

コスト1 パワー12000

■このクリーチャーは攻撃できない。


ジュラスティック・ハウル

自然文明 コスト3 呪文

■相手は、自身のマナゾーンにあるカードの枚数よりもコストが大きいクリーチャーをすべて、自身のマナゾーンに置く。


 

基本的には、最近あまり見なくなったゲイル・ヴェスパーのデッキに入る事になるでしょう。

デデカブラ等と墳墓避けで分けるも良し、コスト1パワー12000を12枚体制にするも良し。

 

呪文面は、自然文明版《ハムラティス・ジャッジ》とでも言うべきですかね。もちろん強力な能力ではありますが、マナ送りという点から、2枚目以降が腐りやすい点には注意です。

 

また、あまり目立たない点ではありますが、さりげなく「最軽量かつタップインや召喚制限等が一切存在しないドラゴン」という点にも注目したいですね。ドラゴン指定の進化元としては最優良候補です。

バジュラ系列の進化元の他、すごく渋い所に行きますが、進化Vのような難しい進化能力を持つフェニックスや《暗黒皇グレイテスト・シーザー》等が少し使いやすくなりそうです。更に、基本的に一回限りとはいえ相手の踏み倒しメタとなる呪文まで付いてきます。これらの古き良き進化クリーチャーを使うのであれば、4枚は欲しいですね。

 

その他枠

《ケンザン・チャージャー》


ケンザン・チャージャー

光文明 コスト3 呪文

■自分の山札の上から1枚目を表向きにする。それが呪文か、「ブロッカー」を持つクリーチャーなら、自分の手札に加える。それ以外なら、山札の一番下に置く。

■チャージャー


 

 

山札の一番上を確認し、それが呪文か「ブロッカー」なら手札に加える事が出来るチャージャー呪文です。

 

1ドロー+1ブーストと、手札を減らさないマナブーストが強力である点は、今までのブーストカード達が示してきた通りです。これを自然文明に頼らずにできるという事、さらに自身が捲れたとしても手札に加える事が出来るという点から、ブロッカーを扱う光デッキではほぼ必須のカードとなってきそうですね。

 

光文明にしては珍しく、呪文またはブロッカーが付いたクリーチャーなら別文明でも手札に加える事が出来るという点も注目したいですね。

ムカデ系統のような優秀なブロッカーが増えてきた闇文明や、ついでのようにブロッカーが付いている事が多い水文明とも併用しやすいかもしれません。

 

《伊達人形ナスロスチャ》


伊達人形ナスロスチャ

闇文明 デスパペット

コスト3 パワー4000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札を見て、その中からカードを1枚自分の墓地に置く。その後、自分の山札をシャッフルする。


 

自分のデッキから好きなカードを墓地に送る事が出来るクリーチャーですね。3コストでパワー4000と、墓地送りがデメリットとして計算されているようなクリーチャーになっています。

しかし、この能力はデメリットよりもメリットの方が大きい能力ですね。

単純に墓地から蘇生させるコンボの下準備として扱う事が出来る他、そうしたコンボデッキでなくとも、闇文明では珍しいデッキの中身を確認できるクリーチャーという点からシールドに埋まったカードの確認と、相手のデッキに対応していないメタカードを墓地に落とす事によるドローの質の向上と、様々な役割に期待できるカードです。

 

コスト3と、最近のビートダウン事情を考えるとブロッカー等の防御能力も欲しかった所ではありますが、それでも強力である事にはかわりありません。闇が絡んだ数多くのコンボデッキの序盤を助けるデッキになってくれそうです。

 

《覇王速 ド・レッド》


覇王速 ド・レッド

火文明 ソニック・コマンド/侵略者

コスト3 パワー4000

■マナ武装3:自分のマナゾーンに火のカードが3枚以上あれば、このクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。

■このクリーチャーは、可能なら攻撃する。


 

マナ武装3によって、3コストのスピードアタッカーを実現した火のコマンドです。

マナ武装3という縛りから、基本的には赤単レッドゾーンの強化となるでしょう。さりげなくパワーも4000ってどういうことだと思いますが、一応毎ターン攻撃するデメリットは付いていますね。バイクなら言われなくても突撃するので、このデメリットもあって無いようなものかと思いますが。

一番隊無しでも3ターン目侵略が出来るという点はどう考えても強力ですね。

 

以前に書いたレッドゾーン考察記事にて、総合的に一番ポイントが低かった赤単レッドゾーンが、他の色構成との差別化に成功したというだけで、かなり魅力的なカードです。これとかハラグロとかを非ホイルに出来るなら水撒くとかの汎用ホイルのレアリティ落とす事も出来たろうてとも思いますけれど。

 

 

《龍覇少女隊ハラグロX》


龍覇少女隊ハラグロX

自然文明 ビーストフォーク號/ドラグナー

コスト6 パワー4000+

■このクリーチャーを自分のマナゾーンから召喚してもよい。

■パワーアタッカー+2000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自然のコスト4以下のドラグハートを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(それがウェポンであれば。このクリーチャーに装備して出す)


 

マナからの召喚可能、自然のコスト4以下のドラグハート呼び出し、W・ブレイカーと中々盛沢山なドラグナーです。

 

正直、「自然のドラグナー=ループや即死コンボ促進カード」というイメージが強く、さらに「自然のドラグナーを使ったデッキにそこまで詳しくない」という私としては、このクリーチャーが他のドラグナーとくらべてどこまでの物かというのを正確に伝える事はできません。

 

ただ、このクリーチャーをどんなデッキで使うにしても、デッキのコンセプトになり得るドラグナーをマナゾーンから召喚できるという点は利点でしかないですね。これだけで評価点です。

さらに、建設出来るドラグナーの中にはボアロアックスも対象にはいっている事から、他のドラグナー達と同じような運用ができるという事は明らかですね。

 

ただし、コスト2以下の別文明ドラグナーを装備はできない点には注意しましょう。

 

《猟奇と耽美の人形劇》


猟奇と耽美の人形劇

光/闇文明 コスト4 呪文

■S・トリガー

■相手の手札を見て、カードを1枚選ぶ。相手はそれを表向きにして、新しいシールドとして自身のシールドゾーンに置く。


 

S・トリガー付きの呪文ですね。相手の手札を見て、好きなカードをシールドに置く事が出来る強力なハンデス呪文です。

 

闇のコスト4のピーピングハンデスには《解体人形ジェニー》という鉄板が存在しています。

こちらの良い所は、相手が墓地利用デッキだったとしても全く影響を受けない点と、相手のマッドネスクリーチャーもハンデスできるという点が強みです。さらに2色である事から色基盤になる等、利点は多いですね。

 

S・トリガーは一見無駄にも見えますが、相手が革命チェンジを行うデッキだった場合に、チェンジ元となったクリーチャーを叩き落す等の使い方が可能となっています。これもまた、ジェニーと違う点ですね。

 

ライバルとしては《青守銀シルト/解体事変》ですね。あちらはクリーチャー回収と呪文回収の両方に対応している点や、クリーチャー面が対ビートダウンで優秀な点から、より汎用性は高いです。

前述の通り、S・トリガー付きである点やマッドネス対策にもなる点に注目して使いたいですし、《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》のガチンコ・ジャッジ回数を確実に一回増やす事が出来る等と言った点を踏まえて採用したいですね。

 

まとめ

主に私が魅力的に感じたカードを書いていきましたが、この他にも強いカードや魅力的なカードはたくさん収録されていますし、過去に猛威を振るったカードも多数収録されています。

今回のデュエキングパックを買って、また色々なデッキを組んでみて欲しいです。

 

以上。ポフルでした。