ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《"魔神轟怒"ブランド》考察―ロマンと実用性の両立。ブランドの集大成。【デュエル・マスターズ】

 本日2記事更新としました。ポフルです。

 

アニメ「デュエル・マスターズ」において、新たな火のマスターカードが登場したので、「これは早めに考察したい」と思った次第です。

 

という事で、《"魔人轟怒"ブランド》を考察していきましょう。

 

 

 

カード情報

 


"魔神轟怒"ブランド

火文明 ビートジョッキー/ワンダフォース

コスト5 パワー3000+

GRクリーチャー

■自分の火のクリーチャーを3体以上バトルゾーンに出したターン、このクリーチャーに「スピードアタッカー」「パワーアタッカー+6000」「W・ブレイカー」を与える。

■超天フィーバー:各ターン、このクリーチャーがはじめて攻撃する時、このターン中に自分の火のクリーチャーを5体以上バトルゾーンに出していれば、自分のクリーチャーをすべてアンタップする。


 

考察

ついにきました、GRクリーチャーとなったブランドです。

 

名称が中々面白いですね。《"轟轟轟"ブランド》の「轟」、《"罰怒"ブランド》の「怒」を合わせて「轟怒」すなわちGod。さらに「魔神」と、神のダブルミーミングというやつですね。今までの名称を繋ぎ合わせて「神」となる……と考えると中々エモいです。おそらくこの時点で、「ブランド」というクリーチャーが好きだった方にはうれしいのではないでしょうか。集大成感がありますね。

……外見は、色々装飾が多すぎて今までのブランドとはちょっと違う感じがしますが。アニメでカード画像を見る限りでは、なんだかアメコミみたいですね。

 

GRクリーチャーのマスターカードは、自身の文明のクリーチャーを条件とした能力を持っていました。この子も同様ではありますが、条件は「火のクリーチャーをX体以上出したターン」と、ただ並べれば良い他の文明とは少し違った運用が必要となっています。

 

自身がGRクリーチャーだという事を踏まえると、基本的には一度に大量のGRクリーチャーを出す事が出来る《BAKUOOON・ミッツァイル》との連携で使われる事となるでしょう。

 


BAKUOOON・ミッツァイル

火文明 ビートジョッキー/ワンダフォース

コスト9 パワー9000

■このクリーチャーを召喚する時、自分のクリーチャーを好きな数破壊してもよい。こうして破壊したクリーチャー1体につき、このクリーチャーの召喚コストを2少なくする。ただし、コストは0以下にならない。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このクリーチャーを召喚する時に破壊されたクリーチャー1体につき、GR召喚する。

■自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。


 

www.dmasters-pohu.com

超GRを火文明で固める事が出来れば、メインデッキに火文明を採用せずとも運用できる点も恐ろしい所です。構築次第で一ターンに大量のクリーチャーをGR召喚できる《音奏ハイオリーダ》と連携させたり、《Wave All ウェイボール》を扱うデッキで《MANGANO-CASTLE!》を使ってみたり……。GR召喚自体が大量展開に向いた能力である事を踏まえれば、条件の達成は容易なのかもしれませんね。

 

また、召喚以外で出した火のクリーチャーも"魔人轟怒"の条件にカウントされる点も注目しておきましょう。例えば、最近都市伝説的な人気が出ているらしい《超音速 ライドン》等のような侵略クリーチャーや、ビートダウン向きの《刀の3号 カツえもん剣》等の革命チェンジクリーチャーとの相性も考えたい所ですね。仮に超GRに火文明以外のクリーチャーを刺している時に、狙った枚数分の火文明クリーチャーが出なかった時の保険として運用できるかもしれません。

 

肝心な自身の能力ですが、火のクリーチャーを3体以上出していれば、自身に「スピードアタッカー」「パワーアタッカー+6000」「W・ブレイカー」を与えます。

正直これだけでも十分な感じはありますね。「スピードアタッカー」の付与がミッツァイルの能力と被っている点は気になりますが、逆に言えばそれ以外のカードと組み合わせやすいというメリットでもあります。

 

ただし、自身のパワーアップ能力は、他のGRクリーチャーと違って「パワーアタッカー」という点には注意しておきたい所です。火文明のGR召喚カードとして定番となっている《KAMASE-BURN》との噛み合いは悪いです。パワー3000と最低限のパワーを持っている点はうれしい所ですが。

 

5体以上の火文明クリーチャーを出していれば、自身の最初の攻撃時に、自分のクリーチャーをすべてアンタップする能力を持ちます。

自分のクリーチャーすべてに2回攻撃を与えるのと同意義のこの能力はもちろん強力です。"魔神轟怒"と相性の良いミッツァイルで「スピードアタッカー」を与える事で、一気にオーバーキル級の打点を揃える事が出来ますね。火文明らしい豪快な能力です。

仮にミッツアイルとの組み合わせを考慮しないとしても、ブランド1体で4打点を叩き出す事が出来る点は脅威です。

 

また、アンタップするクリーチャーには文明の縛りが無いという点にも注目すべきでしょう。火のクリーチャーを展開する事が出来るクリーチャーとして例に挙げた《音奏ハイオリーダ》……が主に採用される「絶十サッヴァーク」において、《煌世主 サッヴァーク✝》を2回攻撃できるようにするという使い方も考慮に入るでしょう。

 


煌世主 サッヴァーク

光文明 マスター・ドラゴン/メタリカ

コスト10 パワー17000

■相手のクリーチャーが攻撃する時、自分のシールドゾーンにある表向きのカードを3枚裏向きにしてもよい。そうしたら、このクリーチャーを手札からバトルゾーンに出す。

■ブロッカー

■ドラゴン・T・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを3つブレイクする。各ブレイクの前に、自分の山札の上から1枚目を、裏向きのまま新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置くか、表向きにして自分のシールド1つの上に置く)

■自分のシールドゾーンに表向きのカードが3枚以上あれば、このクリーチャーはバトルゾーンを離れない。


 

www.dmasters-pohu.com

……《マシンガン・トーク》で十分な気もしますが、このブログでサッヴァークを「魔王」と例えた私的には、この魔神と組み合わる事にロマンを感じてしまいます。

 

他にも、他のクリーチャーのアタックトリガーを2回使う事が出来る点は覚えておきたい所です。

……キズナコンプ……ラッシュ"ATK"……マイト……連続攻撃での出し入れ……いえ、なんでもないです。

 

連続攻撃として使える他、殴り返し対策として使う事が出来る点も覚えておきたいですね。

ミッツアイルと組み合わせる場合はそのまま攻め切ってしまった方が良い場面の方が多いかもしれませんが、スピードアタッカーを付与できないクリーチャーとの組み合わせであれば考慮したいですね。

 

 

さりげなく、今までのブランド達との連携も考えられる点はうれしい所です。

例えば《"罰怒"ブランド》の「マスターB・A・D」のコスト軽減の条件は、"魔人轟怒"の強化条件と若干被っている為、連携が容易です。また、自身の火のクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える点も、超天フィーバーの爆発力増加に一役かってくれます。

 


"罰怒"ブランド 

火文明 ビートジョッキー

コスト7 パワー9000

■マスターB・A・D(このクリーチャーのコストを2少なくし、さらにこのターンに召喚した自分の他の火のクリーチャー1体につき追加で2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりに自分のクリーチャーを1体破壊する。ただし、このクリーチャーのコストは0以下にならない)

■W・ブレイカー

■自分の火のクリーチャー全てに「スピードアタッカー」を与える。


 

 

《"轟轟轟"ブランド》は、自身が踏み倒し能力を持っている事から、"魔人轟怒"の強化条件のかさましになってくれます。

 


"轟轟轟"ブランド

火文明 ビートジョッキー

コスト7 パワー9000

■マスターG・G・G(ゴゴゴ・ガンガン・ギャラクシー):自分の手札がこのカードだけなら、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンに火文明のカードがあれば、カードを1枚引いてもよい。その後、自分の手札を好きな数捨ててもよい。こうして捨てた手札1枚につき、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体、破壊する。


 

www.dmasters-pohu.com

www.dmasters-pohu.com

個人的に、ブランドの好きな所として、過去のブランドとシナジーを形成しているという点が好きですね。

 

 

 

 

ここまで色々書いてきましたが、単純に「1ターンの内に3~5体以上のクリーチャーをバトルゾーンに出す」という条件は、手札消費も労力も大きいです。なんとなくで超GRに採用するのではなく、ある程度「超天フィーバー」の達成方法及び達成後のゲームエンドプランを考慮した上での採用が望ましいですね。

 

今までのブランド2種類を思い返すと、《"罰怒"ブランド》は速攻デッキの切り札としてすさまじいスペックを誇っていましたし、《"轟轟轟"ブランド》も「ゲームスピードを大幅に早める上に、速攻デッキの弱点を利点へと変換した」という事で殿堂入りまで果たしています。ブランドというのは、どうしてもヘイトが溜まりやすいカードでした。

そうしたヘイトを受けた今回のブランドも、そうした色眼鏡で見てしまい、「出たらゲームエンドが見えるとかクソ」みたいな意見は出てしまうかもしれません。ただ、冷静に考えると、「そもそも狙ったタイミングで出す事が難しいGRクリーチャー」「どんなデッキでも100%の力を出せるというカードでは無い」「展開力に特化したデッキになりがちで、メタカードを添えるのがやや難しい」と言った、ガチ目線での欠点は存在しています。

もちろん、それら欠点を補って強力なデッキを作るのが私達デッキビルダーなわけで、またヘイトが溜まってしまう可能性も捨てきれませんが……「嫌うにはまだ早いんじゃない?」位は書いておきましょう。

正直、現段階ではこの子よりも、簡単にこの子のスペックを引き出す事が出来るミッツァイルにヘイトが溜まりそうかなと。

 

個人的には、「安定した扱いをするにはやや難しいものの、様々なカードとの組み合わせによる爆発力が期待できそうな、ロマンと実用性を両立した強力なカード」だと思います。

 

……ちなみにどうでもいい欠点として、《ドドド・ドーピードープ》で2回攻撃する事で自身の手札を4枚失う事になります。それが気になるなら攻撃しなければ良いですし、そもそも"魔人轟怒"の条件を満たす為に大量の手札を消費している筈なので4枚も捨てる事は稀な気もしますし、むしろ相手に先に攻められた事によって増えすぎた手札をG・G・G条件達成のために消費する事にも繋がりますしと、有効利用する方法はたくさん考えられますね。

 

 

まとめ

火文明らしい豪快さ、ブランド達の集大成感、色々な組み合わせが考えられる実用性と、とにかく魅力が詰まった1枚です。

強いデッキを組みたい人から、ビートジョッキーが好きな方まで、さまざまな方に向いたクリーチャーだと言えそうです。

 

以上。ポフルでした。