ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《天災 デドダム》考察―3色3コストのカードパワーが高い話とヘックスペインの話【デュエル・マスターズ】

デッドゾーン……というより、ドルマゲドンデッキはいつか使いたいデッキだった。ポフルです。

このクロニクルをきっかけとして考えてみたいですね。

 

本日は《天災 デドダム》を考察していきましょう。『SSS!! 侵略デッドディザスター』収録の新規カードです。

 

 

 

 

カード情報

 


天災 デドダム

水/闇/自然文明 トリニティ・コマンド/侵略者

コスト3 パワー3000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を見る。そのうち1枚を自分の手札に加え、1枚をマナゾーンに置き、残りの1枚を墓地に置く。


 

考察

なんとなく久しぶりに見た気がする、3色カードですね。

コスト3のコマンドにして癖の無く強力な能力を持ったクリーチャーです。

 

3度見位した上で、

3コストでこの能力は破格では無いか?

と思ってしまったクリーチャーでもありますね。

 

出しただけで、「クリーチャー1体を場に残し、減った手札を即座に回収しつつ、マナをひとつ増やし、墓地肥やしでコンボの準備も整える」と、3色である事を踏まえても中々おかしなスペックですね。

種族の違いこそあれど、希望の守り手サイクル、中でも《希望の守り手シウバ》は泣いていいと思います。

 


希望の守り手シウバ

水/闇/自然文明 ビーストフォーク/エイリアン/ハンター

コスト3 パワー4000+

■ハンティング


 

3ターン目に3色カードを使うというのはかなり難しいという点を考えると、むしろ希望の守り手サイクルのカードパワーが低すぎたような気もしてきます。エピソード1期とはカードパワーが違う事を考えると「今となっては」の考えなのかもしれませんけれど。

 

コスト3のコマンドという点から、侵略能力との相性が良いですね。というより、この子が収録されているデッキ「SSS!! 侵略デッドディザスター」はデッドゾーンをテーマにしたデッキだと発表されている事から、この使い方は公式のデザイン通りの使い方になるのでしょう。

《S級不死 デッドゾーン》や《禁断の轟速 レッドゾーンX》、コマンドである事は関係ないものの、《S級原始 サンマッド》《S級原始 サンマックス》に侵略可能と、幅広い強力な侵略者に対応していますね。上で挙げた侵略者達は墓地やマナゾーンからの侵略が可能なクリーチャー達という事から、デドダムとの相性もばっちりですね。

 

「コスト3でマナブーストが出来る闇のコマンド」という点を踏まえると、「ドルマゲドン」デッキにおいて、「4ターン目に《凶鬼09号 ギャリベータ》を展開して最終禁断フィールドの封印を外しつつ、3ターン目に出しておいたデドダムで《S級侵略 デッドゾーン》に侵略して場の制圧と殴りを行う」という行動も狙えますね。「青黒緑ドルマゲドン」の強みが一つ増えた感じですね。

 

パワー3000と、現代で1ターン生き残らせるにはやや難しい気もするクリーチャーではありますが、出しただけでカードアドバンテージを稼げている事を考えれば特に気になる欠点でもなさそうです。「出しただけでカードアドバンテージを稼げている」という点を踏まえれば、侵略能力との併用を無理して考える必要も無さそうです。青黒緑系のデッキでは採用候補として挙げて良いと思います。

 

2019/07/24現在、コロコロチャンネル内で上がっている新規カードの中では、頭一つ抜けて高いカードパワーを持ったクリーチャーだと言えるでしょう。

 

《無敵死神ヘックスペイン》について

ツイッターにて、「《無敵悪魔ヘックスペイン》が可愛そう」的なコメントをよく見かけます。

 


無敵悪魔ヘックスペイン

闇/自然文明 デーモン・コマンド/ジャイアント

コスト7 パワー7000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を見る。そのうち1枚を墓地に、1枚をマナゾーンに置き、残りの1枚を手札に加える。


 

たしかに、7コストであるこの子の能力を、たった3コストで出来てしまうのは脅威でしかないですね。

 

 

ただ、冷静になって考えると、《無敵死神ヘックスペイン》もそこまで悪いカードではないんですよね。

  • 闇/自然の2色であり、さらにその2色は特別手札補充に優れた色とは言えない色でありながら、1枚ドローが付いている。
  • 他のカードとの組み合わせを考えずとも2打点を形成出来る。
  • 1枚でゲームエンド級のカードパワーを持つ悪魔神の進化元となる。
  • 最終禁断フィールドの封印を外す事が出来る。
  • 決して少なくはないジャイアントサポートを受ける事が出来る。
  • パワーの高さから、《蒼龍の大地》との相性は良好。

上記はすべて《天災 デドダム》の差別点にもなるので、「下位互換」と言うには早計過ぎるなと思いますね。特に、闇と自然の2色だけでこれだけの事が出来るというのは、デッキの色構成をある程度自由に考えられる点かと思います。

7コストと現代で考えると重く、自分のサポートしかできない点から採用率は下がっている中での《天災 デドダム》の登場なので、「下位互換」という言葉を使いたくなる気持ちもわからんでもないです。とはいえ正確には「下位種」「上位種」という言葉で表すのが正しいでしょう。

 

今回はあくまで《天災 デドダム》の考察なのでヘックスペインについて多く語る事はしませんが、「悪魔神や蒼龍の大地を使う事で容易に差別化できる為、ヘックスペインは下位互換ではない」という意見をしっかり示しておきましょう。……個人的に使うならアルカクラウンで使いたいですかね。キリューやリンネビーナスあたりとの相性は良好ですし。

 

 

まとめ

色々と書く事の多いカードではありましたが、それだけ魅力的なカードだという事です。

S級侵略が好きな方にはおそらくかなり嬉しいカードだと思いますし、再び青黒緑系のデッキが大会できるきっかけにもなり得る強力なカードだとも思います。ぜひとも手に取ってみて欲しいです。

 

以上。ポフルでした。