ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

【デッキ診断コーナー】「ジュランデス」診断【デュエル・マスターズ】

 デッキ診断コーナー。更新が遅くて申し訳ありませんでした。ポフルです。

 

本日は13様より投稿していただきました「ジュランデス」を診断していきます。投稿ありがとうございます。

 

 

 

デッキ情報

デッキ製作者

13

 

デッキ名

ジュランデス

 

デッキ内容

天斬の悪魔龍ジュランデス4枚

不吉の悪魔龍テンザン4枚

一撃奪取ブラッドレイン4枚

虹彩奪取ブラッドギア3枚

オーバーキル・グレイブヤード4枚

爆流剣術神速の技3枚

単騎連射マグナム1枚

ブラッディ・チャージャー3枚

夢幻騎士ヴィジャス・デスラー3枚

西部人形ザビ・バレル3枚

無限掌4枚

デーモンハンド4枚

 

診断基準

メタを考慮しない

 

コメント

今まで闇文明以外のデッキばかり使っていたのですが、 初めて闇文明を使ってみようと思いデッキレシピを作成しました。ジュランデスなどを使っている人を見た事が無いのでどんなカードを入れればいいのか分からず困っていました。 そこでこのサイトを見つけ、デッキ診断をしていただけるようなので是非お願いします。

コンセプトはブラッドレインなどで軽減して5ターン目にジュランデスをアタックさせて勝ちに行く事。 スーパーシールドトリガーなどを考えると環境などでは戦えないデッキと思っているのでデッキ内容のみの判断にしました。相性のいいカードを教えていただけると幸いです。

 

診断

ジュランデス!!

 

革命編にて登場した、とにかく癖の強い闇のベリーレアクリーチャーですね。

 


天斬の悪魔龍 ジュランデス

闇文明 デーモン・コマンド・ドラゴン

コスト1 パワー24000

■ワールド・ブレイカー

■このクリーチャーはタップしてバトルゾーンに出る。

■自分の墓地にあるカードが13枚よりも少なければ、このクリーチャーはアンタップしない。

■このクリーチャーがアンタップする時、自分の墓地にあるカードをすべて山札に戻してシャッフルする。


 

1コストにしては規格外のスペックを持ったクリーチャーですが、その代わりに墓地に13枚ものカードが無ければアンタップしないというデメリットを持ったクリーチャーですね。

 

このデッキでは13枚という条件を達成する為、おそらくデザイナーズコンボである《不吉の悪魔龍 テンザン》も採用されています。

 


不吉の悪魔龍 テンザン

闇文明 デーモン・コマンド・ドラゴン

コスト4 パワー13000

■T・ブレイカー

■このクリーチャーは、可能なら毎ターン攻撃する。

■このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から13枚を墓地に置く。


 

 このデッキの基本的な動きとしては、

  • 1ターン目にジュランデスを召喚
  • 2ターン目に軽減クリーチャー
  • 3ターン目にテンザンを召喚
  • 4ターン目にテンザン攻撃で墓地に13枚のカードを溜める
  • 5ターン目にジュランデスを起き上げてテンザン能力での敗北を回避しつつ一斉攻撃

 

ですね。

 

今回は、このジュランデス+テンザンのコンビを崩す事のない提案を求められるという事ですね。がんばりましょう。

 

構築を見ていると、「最悪ジュランデス+テンザンが使えずとも他のプランも使えるように」という意図が見えてきます。

それはそれでいいのかもしれませんが、最近ではテンザンとジュランデスと相性が良いカードがそれなりに出てきている事もありますし、13様のコメントから、ジュランデスやテンザンと相性の良いカードを挙げていくのが良いかなと思いました。

 

今回の構築で気になるカードをいくつか挙げていきましょう。

 

気になるカード

《オーバーキル・グレイブヤード》《ブラッディ・チャージャー》

個人的な話、この2枚の「スレイヤー」付与、このデッキではまさにオーバーキルになってしまうのではという懸念があります。

というのも、今回の構築でのメインクリーチャーであるジュランデスとテンザンはパワーが高く、スレイヤー能力は、

  • 「メイン2体以上の規格外パワー持ちがいる」
  • 「相手がエスケープ等のコスト付の破壊耐性持ち」

というレアな状況でもなければ活躍する機会は少ないかと思います。

オーバーキル・グレイブヤードに関しては相手のメメントを無理やり剥がす事にも繋がりますが、ブラッディ・チャージャーに関してはマナを5以上貯める事に意味を見出せなければ活躍は難しいかと思います。ブラッディ・チャージャーの枠を何か「相手を殴り切るためのカード」に変えた方が、デッキとしてのまとまりは良くなるのかなと思います。

 

《爆流剣術神速の技》《無限掌》

殺意がスゴイ

13様の考えが色濃く出ている採用カードかなと思います。前者はスピードアタッカーを付与できる能力、後者はバトルに勝てばアンタップする能力ですね。

 

とはいえ、前者に関しては、活躍の機会が少ない気がします。というのも、ジュランデスはたとえ墓地に13枚のカードが溜まっていたとしても、場に出す時にタップインしてしまうデメリットを防ぐ事ができません。テンザンに使うにしても、このデッキの速さ重視の構築を見る限り、合計コスト5というのはやや重そうです。

1ドローが付いているものの、このデッキの場合はテンザンをより素早く殴らせる事ができる《キリモミ・ヤマアラシ》の方が良いのかなと思います。

 

後者に関してですが、最近天門ゼニスでのフィニッシュ手段としてウェディングにゼニスレクイエムを使って事実上のアンブロッカブルを与える私としては、1コストで疑似的なアンブロッカブルを与える火のカードというのはかなり面白いと思います。

多少数を減らした方が良いかな位には思いますが。

……というより、

《無限掌》なんて懐かしいカード4枚も持っているのはなんかうらやましいなあ。

 

 

採用したいカード

《龍装05号 イヴィルヴィ/イーヴィル・フォース》

龍装05号 イヴィルヴィ

闇文明 ドラゴンギルド/マフィ・ギャング/デーモン・コマンド

コスト4 パワー4000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャーを1体破壊してもよい。そうしたら、相手は自身のクリーチャーを1体選び、破壊する。


イーヴィル・フォース

火文明 コスト3 呪文

■闇または火の、コスト4以下のクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。そのクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。このターンの終わりに、そのクリーチャーを破壊する。


 

www.dmasters-pohu.com

13様が今でもこのブログを見てくださっているのであれば、既に採用しているかもしれません。とはいえ念のため挙げておきましょう。

 

手札消費は荒いですが、なんの下準備も無しに《不吉の悪魔龍 テンザン》が3ターン目に殴る事が出来ます。

すなわち、ジュランデスでの殴りを1ターン早める事が出来るという事です。

4ターン目での決着を狙うのであれば、下記の《黒神龍グール・ジェネレイド》との併用をオススメします。

 

《デッドリー・ラブ》《学校男》《バッドドッグ・マニアクス》《ガンガン・G・B》

自分のクリーチャーを破壊しつつ、相手のクリーチャーを破壊できるカード群です。

このデッキで一番怖い点として、「テンザン攻撃後にジュランデスのみが破壊されてテンザンを放置された場合のライブラリアウト」でしょう。こうした点を防ぐ為にも、こうしたスーサイドカードの採用も考えて良いかと思います。上記の《龍装05号 イヴィルヴィ》もスーサイドカードの一部ですが、コスト4と決して軽くは無い事を考えると、こちらを優先する理由もあるかと思います。

 

おそらくそうした負け方を嫌った上で、ブラッドギア等の一番隊たちと相性の良い《夢幻騎士ヴィジャス・デスラー》という進化クリーチャーを採用しているかと思います。そこは良いと思います。

しかし、このデッキを見た感じS・トリガーが少ないと感じたので、こうしたS・トリガーの提案はさせていただきます。

 

闇と火にはこうした「自身と相手クリーチャーを破壊するカード」が多いので、自分に合った物を選択できればと思います。

上に挙げた物の相違点としては以下の通りです。

  • S・トリガーが付き、好きなクリーチャーを破壊できるコスト2。ただし、自分のクリーチャーが0の時には使えない《デッドリー・ラブ》
  • S・トリガーは無し、狙った相手クリーチャーを破壊しにくいものの、それ以外は使いやすい《学校男》もしくは同型の《堕魔ドゥポイズ》
  • コスト1と最軽量かつS・トリガー。自分クリーチャーが0の時も使えるものの、除去範囲はパワー5000以下と少な目な《バッドドック・マニアクス》
  • 《バッドドッグ・マニアクス》よりも1コスト重い代わりに範囲が7000まで増えた《ガンガン・G・B》

 

1ターン目にジュランデスを場に出せる点から「《デッドリー・ラブ》をS・トリガーで捲ったのに、自分の場に破壊できるクリーチャーがいないので不発になった」という事は少ないかなとおもいます。

 

 もちろん、下記のグールジェネレイドとの相性もぴったりです。

 

《黒神龍グール・ジェネレイド》

自身のドラゴンが破壊された時に、墓地から蘇生する能力を持ちます。《イーヴィル・フォース》を使うなら是非入れておきたいカードです。

相手が速攻を仕掛けてきた際に上記《デッドリー・ラブ》のようなS・トリガーがトリガーした際、「1ターン目にせっかく出した《天斬の悪魔龍ジュランデス》を破壊しなければならなくなった」という状況に陥った場合のリカバリーになってくれます。

 

このデッキの攻撃継続能力を上げるカードになってくれるでしょう。ただし、グールジェネレイドが墓地にいる状態で《天斬の悪魔龍ジュランデス》がアンタップするとデッキに戻ってしまうので、少々扱いが難しいかもしれないですね。

 

《青守銀 ルヴォワ》

文明が違いますが、《デッドリー・ラブ》等のカードよりも使いやすいS・トリガーです。

 

このデッキでは《天斬の悪魔龍ジュランデス》が存在する状態で出す事が出来れば、

「相手のクリーチャー》1体の攻撃を止めつつ、パワー24000の壁として立ちはだかってくれる」

という、何言ってんだこいつ的クリーチャーになってくれます。

速攻デッキ気質のこのデッキにおいては、ブロッカーよりも使いやすい壁となってくれるでしょう。

 

仮にこのクリーチャーを入れるとして、他の光のカードを無理に入れる必要は無いかと思います。色事故の関係上タッチでの運用を推奨します。

……《ヘブンズ・フォース》を使ってテンザンを2ターン目に出すというコンセプトで組み直すのであれば、逆に光のカードを多めに採用したいですが。

 

 

《悪革の怨草士 デモンカズラ》《第三種 ベロリンガー》

デモンカズラは、1枚のディスカードと引き換えに相手のクリーチャーを破壊してくれる、革命チェンジ持ちクリーチャーです。ベロリンガーは破壊ではなく2枚のハンデスですね。

 

どちらも手札消費は少し痛いですが、デモンカズラは《不吉の悪魔龍テンザン》の墓地肥やしと合わせて自身にバトル中の破壊耐性を与え、さらに手札のグールジェネレイドを捨てつつ一番隊等の邪魔なクリーチャーを破壊……と、中々強力な動きを見せてくれます。

ベロリンガーに関しては、相手の手札を叩き落とすという説明不要の強力な能力を持っています。

 

テンザンから革命チェンジする場合にブレイク数が1減ってしまうのが気がかりかもしれません。ただ、後でワールド・ブレイカーのジュランデスが動く事を考えれば、1枚減った事も誤差と捉える事も出来るでしょう。

 

ただし、速攻気質のこのデッキにおいて、多色比率が多くなってしまうのは少し悩みどころですね。

 

《勇愛の天秤》

もしも《イーヴィル・フォース》《黒神龍グールジェネレイド》を使うのであれば覚えておいて欲しい採用候補です。

《イーヴィル・フォース》を扱う場合、一番隊2種類を積むのはやや大げさになりそうな予感があります。究極的な話《虹彩奪取 ブラッドギア》は抜いてしまっても良いかなと思います。

3ターン目に安定して《イーヴィル・フォース》を発動させるために、2ターン目の手札交換を可能にするカードとしてこのカードをオススメしておきます。

2000火力との選択も出来て困る事ではありませんし、何より《不吉の悪魔龍 テンザン》が破壊されて《黒神龍グールジェネレイド》が複数蘇生する事で墓地のカードが13枚に満たなくなった時にも、ある程度の枚数調整になるかと思います。

 

《陀修羅コブラ》

 


蛇修羅コブラ

闇文明 マフィ・ギャング

コスト8 パワー9000

■ブロッカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手は自身のクリーチャーを1体選び、破壊する。

■W・ブレイカー

■自分のターンのはじめに、このクリーチャーが墓地にあれば、自分の他のクリーチャーを3体、墓地から山札の一番下に置き、自分のクリーチャーを1体破壊してもよい。そうしたら、このクリーチャーをバトルゾーンに出す。


 

 

www.dmasters-pohu.com

ドラゴンではありませんが、自己再生能力を持つ大型クリーチャーです。

手出しには期待できませんが、相手がジュランネルを執拗に倒すプレイをしてくる場合には候補に挙がるかもしれません。山札を3枚回復し、自分の場のテンザンを破壊しながらバトルゾーンに出し、相手のクリーチャーを1体葬ってくれるブロッカーと、中々ハイスペックです。墓地にグールジェネレイドがあれば万々歳です。

 

ただし、ジュランネルの山札回復能力は、「ジュランネルがアンタップする直前に割り込んで発動する能力」らしく、「自分のクリーチャーがアンタップした後に発動する自分のターンのはじめの能力」との相性は悪いです。ジュランネルが破壊されてテンザンが場に残ってしまった場合の緊急用と割り切るのが良いかなと思います。

 

 

その他にも、墓地を参照する能力を持ったカードや、墓地で能力を発動するカードのほとんどが相性の良いカードとして挙げられます。

また、扱いは難しいですが、自分のクリーチャーを破壊する能力も、テンザンのデメリットを回避するのに役に立つ他、グールジェネレイドの採用で少し扱いやすくなってくれます。

色々と試してみて欲しいですね。

 

 

私がこのデッキを改造するのであれば、気になるカードの内無限掌を除いたすべてを抜いてしまって、かわりにイーヴィルフォースを4枚採用した上で、グールジェネレイドを3~4枚採用し、デッドリー・ラブを4枚入れますかね。他のカードについては本当に賛否ありそうな所なので、実際に戦いながら決めていくのが良いのかなと思います。

参考までに私の意見を書くなら、ヴィジャスデスラーを勇愛かルヴォワに変えるかなという感じでしょうか。

 

まとめ

遅くなって本当に申し訳ありませんでした。

ジュランデス自身かなり派手で面白い能力を持っているので、ぜひとも使いこなして欲しいところです。使いこなす為には、闇文明特有のスーサイド戦術も取り入れながらの速攻デッキと、やや難しいデッキになりがちですが、それも含めて楽しんで使い続けて欲しいです。

 

以上。ポフルでした。