ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《悪魔妖精ベラドンナ》考察―闇/自然の新たな基本カード【デュエル・マスターズ】

 スノーフェアリー好き。ポフルです。

 

本日は《悪魔妖精ベラドンナ》を考察しましょう。

 「SSS!! 侵略デッドディザスター」収録のカードですね。

 

 

 

カード情報

 


悪魔妖精ベラドンナ

闇/自然文明 スノーフェアリー/ファンキー・ナイトメア

コスト2 パワー2000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このクリーチャーを破壊してもよい。そうしたら、次のうちいずれか1つを選ぶ。

 →相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。

 →自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。


 

考察

《ダーク・ライフ》のフレーバーテキストにおいてその存在が示されていた妖精がついにカード化です。

かわいい。

個人的に《ダーク・ライフ》は大好きだったので、中々胸が熱いですね。

 

能力としては、《電脳鎧胄アナリス》のように自身の自壊をトリガーとし、属する文明の能力どちらか1つを選ぶというものになっています。

 


電脳鎧胄アナリス

水/自然文明 ジャイアント・インセクト/サイバーロード

コスト2 パワー2000

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このクリーチャーを破壊してもよい。そうしたら、次のうちいずれか1つを選ぶ。

 →自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

 →カードを1枚引く。


 

ベラドンナは、闇文明のハンデスと自然文明のマナブーストです。《霞み妖精ジャスミン》と《特攻人形ジェニー》のどちらかを選ぶ能力ですね。能力自体の強さに関しては流石に説明せずとも大丈夫でしょう。

 

同じく闇/自然のブーストカードである《ダーク・ライフ》との違いとしては以下の通りです。

 

利点

  • マナが充分になったらハンデス、マナが足りないならマナブーストと、全場面で腐り辛い。
  • 確実にクリーチャーを1体墓地に置く事が出来る。
  • デッキ内のクリーチャー比率を上げる事が出来る。
  • 場合によっては自壊させずに通常のクリーチャーとして活躍可能

 

欠点。

  •  ベラドンナ以外のカードを墓地に置けない。
  • 墓地に溜めるカード枚数が1枚。

 

全体的な汎用性はベラドンナの方が上ですが、例えば《黒神龍グールジェネレイド》あたりの「墓地に置いておきたいカード」を採用しているようなデッキでは《ダーク・ライフ》の方が心強い場合も多いでしょう。

 

ベラドンナが特に相性が良さそうなデッキとしては、「ネクラ超次元」のような、《激天下! シャチホコカイザー》を扱うデッキや、シャチホコと似た能力を持った《牙修羅バッド》を扱うデッキ。もしくは、《母なる星域》を扱うようなデッキですね。

前者であれば、《霞み妖精ジャスミン》《特攻人形ジェニー》の役割がこの子1枚で補えるので、デッキ構築の幅が広がります。

後者であれば、序盤はブーストカードとして、後半になれば《母なる星域》のコストとしての扱いが可能となりますね。

 

種族もまた優秀ですね。最近多色をサポートするクリーチャーが増えてきたスノーフェアリーに加えて、ナイトサポートを受ける事が出来る上にそこそこサポートが多いファンキー・ナイトメア。

自然入りのナイトというのはあまり聞きませんが、ナイトカードかつ2コストブーストというのは貴重な存在ですね。ベラドンナ自身が開拓者となってくれるかもしれません。

 

闇自然を採用するデッキにおいて、《ダーク・ライフ》と並んで重要となり得るクリーチャーだと言えるでしょう。

 

まとめ

《ダーク・ライフ》の子がクリーチャーと化したカードです。その汎用性はかなり高いです。

色の合うデッキにおける新たな基本カードとしての立ち位置が約束されたカードだと言えそうです。

 

以上。ポフルでした。