ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

【デッキ診断コーナー】「黒単デスザーク(ドラグナー入り)」診断【デュエル・マスターズ】

本日で、募集したデッキの診断がすべて終了します。ポフルです。

散々お待たせして申し訳ありませんでした。

 

本日はブラウニー様から投稿していただきました「黒単デスザーク(ドラグナー入り)」の診断です。お待たせして申し訳ありませんでした。

 

 

 

デッキ情報

デッキ作成者

ブラウニー

デッキ名

黒単デスザーク(ドラグナー入り)

デッキ内容

メインデッキ
堕魔ドゥグラス 4枚
堕魔ドゥスン 3枚
堕魔グリギャン 4枚
堕魔グリナイブ 3枚
堕魔ヴォガイガ 3枚
堕魔ヴォーミラ 3枚
追憶人形ラビリピト 4枚
卍 デ・スザーク 卍 4枚
卍月 ガ・リュザーク 卍 3枚
龍覇 ニンジャリバン 3枚
極・龍覇 ヘルボロフ 3枚
インフェルノサイン 1枚
戒王の封 2枚

超次元ゾーン
極魔王殿ウェルカム・ヘル/極・魔壊王デスゴロス 1枚
龍魂城閣 レッドゥル 3枚
獄龍刃 ディアボロス/破滅の悪魔龍ディアジゴク 1枚
悪夢卍 ミガワリ/忍者屋敷 カラクリガエシ/絡繰の悪魔龍 ウツセミヘンゲ 1枚
魂喰いの魔狼月下城/魔狼の悪魔龍 ミナゴロッセオ 1枚
龍魂城閣 ホワイティ 1枚

 

診断基準

メタを考慮しない

 

コメント

 元々黒単ヘルボロフでしたが魔道具の登場によりデスザーク型に変えたデッキです。

 

 

診断

登場以後、その見た目とギミックの派手さと玄人好みの動き、何よりその強さによって根強い人気を誇る「デ・スザーク」のデッキですね。

今回はそのデッキにドラグナーとドラグハートを搭載しているデッキになっています。昔は超次元入りとかドラグナー入りとかもあったのですが、最近の魔道具の充実によってこの辺りの採用は減っていますね。

 

ドラグナー入りのメリットとしては、なんといってもその決定力でしょう。

通常のデ・スザークは「相手をじわじわ追い詰める」というデッキになりがちで、ゲームが長引いてしまう事もしばしばです。その点、こちらは強力なドラグハートによって、ある程度ゲームスピードを早める事に繋がりますね。

 

また、魔導具を使うデッキは、どちらかと言えば「デザイナーズデッキ特有のカード間のシナジー」を武器として戦う都合上、一度カードアドバンテージを覆されると途端に不利になってしまいます。

反面ドラグナー入りであればドラグナーのカードパワーである程度の戦いが出来るので、通常のデスザークデッキよりも逆転の可能性が高いデッキと言える……かもしれません。その強力な蘇生能力と除去のされにくさから殿堂カードにもなっている《極魔王殿ウェルカム・ヘル》の存在も大きいですね。

また、《絡繰の悪魔龍 ウツセミヘンゲ》によって、墓地を肥やし過ぎた後半でのライブラリアウト回避、及びミラーマッチ対策が出来る点も魅力だと言えるでしょう。

 

うん。

今回の構築で弄りたい所って少ないかな!!

と思います。

 

とはいえ、ほんの少し気になる所もそこそこあるので、その辺りを挙げて今回の診断を終えたいと思います。

 

 

気になった点

《堕魔ドゥポイズ》や《堕魔ドゥシーザ》が不採用な点

今回は「メタを考慮しない」とあるので、あまり多く書く事はしませんが、

通常のデスザークデッキにおいて天敵になり得る《奇石ミクセル》への対処方法であるこの2種類を採用していないのは、ちょっと気になります。

 

それ以外にも、ヤッタレマンや一番隊クリスタ等、厄介な小型システムを破壊できるこの2種類の不採用は、結果的にこのデッキの妨害能力を低下させる原因になっていないかと、少し思ってしまいます。

 

また、相手によって使いやすさが変わってくる《堕魔ドゥシーザ》はともかく、《堕魔ドゥポイズ》に関しては、相手クリーチャーの除去だけでなく、《忍者屋敷 カラクリガエシ》関連の龍解条件を能動的に満たしたり、《絡繰の悪魔龍 ウツセミヘンゲ》、《卍月 ガ・リュザーク 卍》あたりとの併用によるライブラリアウト対策かつ低コストでの除去が見込めたりと、見た目以上に便利なクリーチャーとなっています。

 

ドラグナーの採用によってデッキの枠が少なくなっている事はあると思いますし、自分のクリーチャーを破壊する事によるコンボは《極魔王殿ウェルカム・ヘル》の龍解条件を使う事でも達成できますが、それでも、2ターン目から使える確定除去というのはかなりの魅力です。余裕があれば採用を検討して欲しいですね。

 

ドゥスンが優先されている所をみるに、もしかしたら呪文主体の身内が多い環境なのかもしれませんね。

 

《堕魔グリナイブ》

通常のデスザークならほ準必須と言えるカードかと思います。ただ、このデッキだとどうなんでしょう。ちょっと難しいですね。

 

というのも、通常のデスザークでは、相手を縛る能力は高いものの決定力には欠けていたので、仮にドルスザクを破壊以外で除去されるとテンポを崩されてしまい、カードパワーの高い相手ならそのまま踏みつぶされる恐れもありました。

 

ただ、今回のこのデッキはドラグナーを入れる事によって決定力が上がっています。

「デスザークが除去されても、ドラグナーの決定力で相手を踏みつぶす事が出来ないか」と思えてしまいます。

勿論、ドルスザク達の能力だけで十分な拘束能力を持っている事から、ドルスザク達を維持できたターン数=勝利の確率となる事は間違いないので、このカードの採用は間違いないとは思います。ただ、ドラグナー入りという点を活かしたいのであれば、ウェルカムヘルで何度も蘇生できるメリットを考慮したとしても、多少抜いてしまって良いのかなと思います。

 

個人的には、1~2枚にした上で、ウェルカムヘルを出す為のドラグナーである《極・龍覇 ヘルボロフ》……を出す為兼トリガー枠の《戒王の封》を少し増やしたいかなと思います。もしくは上に挙げた《堕魔ドゥポイズ》を採用するかですね。

 

 

一応気になる点を挙げてはみました。とはいえ、今回の魔道具と非魔道具の配合については割とデリケートな問題でもあるので、色々試しながら改造していって欲しいですね。

 

まとめ

ドラグナー入りのデスザーク。かなりまとまった形に仕上がっていて、あまり色々書く事ができませんでした。申し訳ないです。逆に言えばちゃんとまとまった構築になっているという事でもありますので、そこは誇ってくださればと思います。

ブラウニー様ありがとうございました。

 

 

今後のデッキ診断コーナーについて

本日で溜まっていたデッキの診断がすべて終わりました。色々申し訳ありませんでした。そしてこんな状態でも最後までみてくださった方には圧倒的感謝をしたいと思います。ありがとうございました。

 

募集を再開したい所なのですが、今回の診断コーナーを進めるにあたって、少々課題が見つかっていますし、何より思っていた以上に私の負担がすさまじい所がありましたので、もう少し改良してから再開しようと思っています。

おそらく、今週末までには改善案がまとまると思うので、再開を待っていらっしゃる方は、その時をお待ちください。

 

以上。ポフルでした。