ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー/お清めシャラップ》考察―呪文面の汎用性が良き【デュエル・マスターズ】

 「刃鬼」のデッキと対峙するとなんとなくテンション上がる。ポフルです。

 

本日は「必勝!! 闘将ブレードオーガ」収録の《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー/お清めシャラップ》を考察していきましょう。

 

 

 

 

闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー

自然文明 ジュラシック・コマンド・ドラゴン/ハンター

コスト7 パワー9000

■マッハファイター

■W・ブレイカー

■このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。その後、カードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。

お清めシャラップ

自然文明 コスト3 呪文

■自身の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

■カードを1枚以上、いずれかのプレイヤーの墓地から選んでもよい。そのプレイヤーは、それらを自身の山札に加えてシャッフルする。

 

 

考察

自然のツインパクトカードですね。

 

クリーチャーとして

コスト7にしてパワー9000のマッハファイターです。

さらに、攻撃時のマナブーストとマナ回収能力を持ちます。

 

コスト7のクリーチャーが持つ能力としては少し地味に見えてしまいますが、マッハファイターで相手クリーチャーを倒しながらのマナ回収は中々便利ですね。ただし、《白米男しゃく》のように「回収したカードを即座に発動する」といったプレイはできない事に注意したいです。

 

少し注目したい点として、マッハファイターを持つクリーチャー達は、「バトルに勝った時」を条件とする能力を持っている事が多かったのですが、この子は攻撃時の能力になっていますね。かなり細かい点ですが、バトルに負けようとなんだろうと攻撃さえしてしまえば能力を発動できる点は利点です。ただし、他の強制バトルカードで能力を使う事ができない点も考えられるので一長一短です。

 

地味ではありますが、呪文面のおまけとして考えれば十分なスペックだと言えるでしょう。

 

呪文として

《お清めトラップ》の墓地対策能力が、自分も選択できるようになった物と見ていいでしょう。「トラップ」という名が無くなってしまったものの、それ以外は基本的に上位互換と見て良いですね。

 

最近では「ドラガンザーク」や「ロマノフワンショット」のように、墓地を使う凶悪なデッキが少なからず存在している為、「それらへのメタとして+マナブースト要員」というお清めトラップの特徴に加えて「自分のライブラリアウト対策」としてまで使う事ができます。

もちろん何かしらのループコンボに組み込む事によって、《ポクチンちん》のように「特定の行動を行う為に山札を無限に回復する機構」を作る事も可能です。

 

墓地対策としてだけでなく、相手の墓地のマナブーストカードだけを相手のデッキに戻す事によって相手のドローの質を下げるという使い方もできますし、適当なカードを戻させる事によって《ロジック・サークル》等で相手がデッキの上に仕込んだカードを台無しにさせる事も可能です。ただし、仕込みを台無しにさせるには、必ずカードを1枚以上そのプレイヤーの墓地から選ばなければならないという点に注意しましょう。

 

ツインパクトとして

基本的には、呪文面を目当てに採用する事になるでしょう。

 

呪文面が上手く扱えない場面においては、クリーチャー面を使って盤面の除去かつ次のターンに使えるカードの確保といった使い方も出来るので、全体的に腐る場面の少ないカードだと言えそうですね。

 

さりげなく、ドラゴンのマナブーストカードでもあります。《メンデルスゾーン》を使う場合には覚えておきたい点ですね。

 

今回このカードが収録されている「必勝!! 闘将ブレードオーガ」においては、序盤のマナブーストは勿論、中盤にシステムクリーチャーを破壊しながらマナブーストも回収も出来ますし、「刃鬼」が出た際に踏み倒しが出来る点と、前半から後半まで活躍できそうではありますね。

 

まとめ

マナブーストと同時に、墓地対策とライブラリアウトの対策まで行える上にクリーチャー面が付いたツインパクトと、中々盛沢山なカードです。

全体的に「強い!!!」というインパクトがあるカードとは言えませんが、様々な場面でコンスタントに活躍できるカードでしょう。ぜひとも手に入れておきたい所です。

 

以上。ポフルでした。