ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ナチュラトゥルー・トラップ》考察―新たな自然トリガーは中々面白いかもしれない【デュエル・マスターズ】

 最近、自分の中で白黒緑のデッキが増えてきたというか、そういうデッキばかり思いつくようになっているポフルです。

ネクラカラー好きなのかねぇ。

 

本日は、『必勝!! 闘将ブレードオーガ』に収録の《ナチュラトゥルー・トラップ》の考察です。

 

 

 

 

カード情報

 


ナチュラトゥルー・トラップ

自然文明 コスト7 呪文

■S・トリガー

■相手のクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。

■カードを1枚引く。


 

考察

《ナチュラル・トラップ》にドロー能力が付いた代わりに1コスト重くなったトラップ呪文ですね。

自然文明で1ドロー能力が付いているトリガーは中々貴重です。

 

ただし、エピソード1あたりの頃から《ナチュラル・トラップ》自体の評価が上がったり下がったりでしたし、何より《ナ・チュラルゴ・デンジャー/ナチュラル・トラップ》の存在によって、非ツインパクトの《ナチュラル・トラップ》の評価が一気に下がってしまっている現状を考えると、「コスト6でも良かったのではないかなぁ」と思ってしまいます。コスト7というのは自然文明と言えどやや撃ちにくいのが欠点と言えますね。

また、最近のビートダウンの質を考えると、追加効果が1ドローのみというのは少し地味な印象です。

 

と、否定的な点を先に書いてしまいましたが、他のカードとの組み合わせを考えると案外悪くありませんね。

例えば、「ニンジャ・ストライク」を持つクリーチャーを多く採用しているデッキ、特に《怒流牙サイゾウミスト》を採用しているデッキにおいては、S・トリガーとして発動しつつ、更に相手の攻撃を妨害する為のシノビを手札に加えるという事も可能です。

サイゾウミストで増やしたシールドがこの呪文で、相手のクリーチャーをマナに送ってドローした結果、引いたカードが2枚目のサイゾウミストだった……という状況も考えられるでしょう。サイゾウミストを引き込む可能性を上げる事に繋がりますかね。

シールドから何度もサイゾウミストを捲らせた私にとってはあまり想像したくない話ですが。

 


怒流牙 サイゾウミスト

光/水/自然文明 ジャイアント/シノビ

コスト7 パワー7000

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■ニンジャ・ストライク7

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の墓地にあるカードをすべて山札に加えてシャッフルする。その後、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置く。次の自分のターンのはじめに、自分のシールドを1つ、マナゾーンに置く。


 

 

また、《超起動罠 デンジャデオン》が存在している時、自分のターンの「罠金乱舞」でこのトラップを唱えて、相手のターンに発動する為のトラップ呪文を引き込むという使い方も考えられます。

 


超機動罠 デンジャデオン

自然文明 グランセクト

コスト6 パワー6000

■W・ブレイカー

■自分のターンのはじめに、このカードを自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。

■罠金乱舞:クリーチャーが攻撃する時、それがこのターン最初の攻撃なら自分の手札から《トラップ》と名前にある呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。


地獄極楽 トラップ黙示録

自然文明 コスト8 呪文

■S・トリガー

■相手のクリーチャー1体、または相手のシールドを1つ選び、持ち主のマナゾーンに置く。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

もしくは、マナブーストはそこまで重視せずに序盤から殴りかかる自然主体のデッキである「ベアフガン」や「ミルクボーイ」のようなデッキのS・トリガー枠として採用する事によって、攻めの手数を減らさないようにするという事も考えられそうです。もしくは赤緑レッドゾーンのようなデッキでも1ドローが利く可能性はありますね。

 

手札から妨害札を使う事が出来るデッキや、手札の数が重要となる速攻デッキの中で、自然文明を使うデッキであれば、採用圏内と見て良さそうです。

 

正直な所、このカードが収録されている『必勝!! 闘将ブレードオーガ』のデッキとどんなシナジーがあるのかは未知な部分がありますが、少なくとも自然文明の新たなトリガーの選択肢となってくれる事は間違いなさそうですね。

 

まとめ

自然文明の新たなシールドトリガーです。地味ながらも、相性の良いデッキであればいぶし銀な活躍をしてくれそうです。

なんとなく相性が良さそうなデッキに刺して様子見してみるのもいいかもしれませんね。

 

以上。ポフルでした。