ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《虹速 ザ・ヴェルデ》考察―侵略者同士をつなぐ虹となるか【デュエル・マスターズ】

ポフルです。

デッキ診断の投稿フォーム、もう少しお待ちください。まずはクロニクルデッキのカードの考察を終わらせてしまいます。

 


【デュエマ】究極のデッキ降臨!!SSS!!侵略デッドディザスターVS水単ウェイボール【激闘!デュエマコロシアム!!~デュエの穴編~】

 

本日は《虹速 ザ・ヴェルデ》を考察していきましょう。コロコロチャンネルにて公開されています。

 

 

 

カード情報

 


虹速 ザ・ヴェルデ

自然文明 ソニック・コマンド/侵略者

コスト4 パワー4000

■このクリーチャーをマナゾーンから召喚してもよい。

■マッハファイター

■このクリーチャーは、バトルゾーンまたは自分の墓地にある間、すべての文明を持つ。


 

考察

マナ召喚が可能かつ、フィールドと墓地で5色を持つ、マッハファイター持ちのソニック・コマンドですね。……最近の4コスト帯は盛沢山ですね。

 

出たターンに攻撃可能なコマンド……という事で、やはり侵略との相性は挙げなければなりませんね。

この子の場合はさらに、自分の場に存在する時に5文明を持つ事から、あらゆる侵略クリーチャーに侵略可能となります。

 

《S級原始サンマッド》のような原始の侵略者、文明の他に、コスト9である事を要求する九極の侵略者、パラス系や《デュエにゃん皇帝》《ペリルドッター》のような特殊な子には侵略できませんが、それ以外のあらゆる侵略者に侵略可能な点は、単色推しの「革命編」にて成立した「侵略能力を使うデッキ」達の構築の幅を広げる事に繋がりそうですね。特にヴェルデは、あらゆるデッキにとって嬉しいマナブーストが出来る自然文明という事から、「今までの侵略デッキに自然文明を採用してみよう」という気持ちにさせてくれるのが嬉しい所です。

 

墓地でも5色を持つというのも珍しい所ですね。ただし、今のところ有効活用できるカードは少なめです。

 

さりげなく、文明指定の「超無限進化」の進化元を1枚で調達できる点も注目したい点ですね。5色持つ事から一番最初に挙げておきたい《愛の無限オーケストラ》の他、呪文メタとして優秀な《無限王ハカイ・デストロイヤー》の進化元として優秀です。

ただし、前者は自身がオーケストラの効果で踏み倒せない点、後者は元々の文明が全く違う点に注意しましょう。

 

 

こうしたコンボ向け……というより、他のカードとの連携が前提となるカードの割に、単体でもある程度の役割を果たす事が出来る点も忘れてはいけませんね。

「マッハファイター」によって、一番隊等の厄介なシステムクリーチャーを破壊できます。その役割として見るには4コストと重めではありますが、この子の本来の役割は上記のような進化元としてのものが大きいので、そのついでとしてのこの能力と捉えれば十分なスペックだと言えるでしょう。

マナからの召喚についても、あって困る能力ではないですね。

 

他にも、《五連の精霊オファニス》や《生魂転霊》のような、場にいくつかの文明を必要とするカードとの連携も話題になっています。

それらのコンボカードとしての役割+αでマッハファイターによる除去力まで揃っているともなれば、中々面白くてかつ頼りになるカードだと言えそうですね。

 

まとめ

 コンボ向けのようなクリーチャーでありながら、マッハファイターのおかげでそこそこの汎用性も持ち合わせたクリーチャーです。

面白いデッキが組めそうな、楽しいカードだと言えそうです。

 

 

以上、ポフルでした。