ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《聖闘の精霊龍 セイント・カイザー/ライブラ・シールド》考察―地味=弱いわけではない【デュエル・マスターズ】

クロニクル新規カードの考察もあと少し。ポフルです。

なんですかね。毎年クロニクル関連の新規カードの考察を終えた時って、色々と空虚な感じになってしまうんです。

 

 本日は《聖闘の精霊龍 セイント・カイザー/ライブラ・シールド》を考察していきましょう。

 かなり前に「コロコロオンライン」の「デュエマ妄想構築録」で公開されていましたね。

 

 

 

 

カード情報

 


聖闘の精霊龍 セイント・カイザー

光文明 エンジェル・コマンド・ドラゴン/ハンター

コスト7 パワー7000

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選び、表向きのまま新しいシールドとして持ち主のシールドゾーンに置く。


ライブラ・シールド

光文明 コスト5 呪文

■S・トリガー

■各プレイヤーは、自身の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとしてシールドゾーンに置く。


 

考察

光のツインパクトカードです。……単色ツインパクトの考察はなんだか久しぶりな気もしますね。

 

クリーチャー面

エンジェル・コマンド・ドラゴン/ハンターの大型クリーチャーです。ブロッカーにW・ブレイカーと光文明によくあるスペックに加えて、相手クリーチャーを表向きのまま新しいシールドにする、シールド送り能力を持ちますね。

 

コスト7でシールド送りの除去……と考えた時、真っ先に考えられる比較対象としては《煌龍サッヴァーク》と《A.Q.C》ですかね。

 

セイント・カイザーは、新しいシールドとしてシールドゾーンに送る能力なので、相手のシールド総数が増えてしまうという欠点は存在しています。ただし、煌龍と比べた時には「ブロッカー」の有無とコマンドの有無で差別化が出来ますし、《A.Q.C》ともコマンド・ドラゴンである事で差別化が出来ています。

何より、進化クリーチャーにも対応している点が良いですね。同時発売のクロニクルデッキが、侵略をテーマとしたデッキという事もあるのでしょう。

 

後述しますがツインパクトである点を活かした利点というのもありますね。

 

さらに、この子が収録される「必勝!! 闘将ブレード・オーガ」では、シールド総数を増やす事によって《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》のガチンコ・ジャッジ回数を増やす事にも繋がります。種族にハンターを持つ事から、「刃鬼」の踏み倒し対象でもありますね。

 

クリーチャー面だけで見れば、「刃鬼」デッキでの中盤要員と言った感じのクリーチャーです。

ツインパクトである点を活かす事で、「刃鬼」デッキ以外での活躍も見出す事が出来そうです。

 

呪文面

お互いにシールドを新しく増やす効果を持つS・トリガー呪文ですね。

 

相手のシールドを増やす行為は基本的にデメリットとなるので、同コストで自分のシールドだけを増やせる《フェザン・ルーラー》と比べてしまうと微妙な所だと思ってしまいます。

 

ただし、相手のシールドを増やす行為に意味を見出せるのであれば話は別ですね。

 

やはり「刃鬼」のガチンコ・ジャッジ能力の回数を増やす事が出来る点は挙げておくべきでしょう。

他にも、紋章絡みのデッキにおいては、敢えて相手のシールドを増やす事によって、S・トリガーや相手の手札増強と言ったリスクと引き換えに、ドラゴンブレイク能力でシールドを増やす為のカードにしたり、《魂穿ツ煌世ノ正裁Z》で貼り付ける為のシールドを確保したりといった事も可能です。

 

もしくは、山札回復の手段を確保できるデッキでのライブラリアウトカードとしての採用ですかね。自分も山札が削れていく上に、回収し辛いシールドゾーンという事からある程度の工夫は必要になってきますが、その分ループ機構をうまく構築する事が出来れば「防御力に優れたS・トリガー呪文かつエンドカード」という、ループ系のデッキにおいて嬉しい呪文となってくれる筈です。

 

単純に、相手のシールドを積極的にブレイクしない、もしくはシールドを燃やす事を最終目標とする、コントロールデッキでの採用もいいかもしれません。

そもそもシールドをブレイクしないデッキでは、相手のデッキを回収困難なシールドゾーンに埋める事で、運が良ければキーカードをシールド落ちさせる事が出来るというメリットにもなりますし、燃やすデッキでも「ゲームエンドまでのターン数が少し多くなる」以外のデメリットはありません。

 

プレイバリューの高いツインパクトカードである事も踏まえて、中々テクニカルな防御呪文なのかもしれませんね。

 

ツインパクトとして

クリーチャー面が除去能力持ちのブロッカー、呪文面が防御に優れている……という点から、コントロール系のデッキには積極的に採用したくなる汎用性を持っています。ツインパクトカード特有の回収しやすさもうれしいですね。

特にシールドが増えても気にならないボルコンのようなデッキなら、そのスペックを最大限に活かしてくれるでしょう。

 

個人的にはすごく待ち望んでいたカードではありますね。というのも、「クリーチャー面がエンジェル・コマンドまたはドラゴン」「呪文面がコスト6以下かつ状況を選ばず手打ちできるS・トリガー持ち」「光文明」というカードは、《龍聖霊ウルフェウス/ヘブンの衝撃》と高相性です。

 


龍聖霊ウルフェウス

光文明 アポロニア・ドラゴン/エンジェル・コマンド

コスト7 パワー6000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の墓地にエンジェル・コマンド、またはドラゴンがあれば、「S・トリガー」付きの呪文を1枚、自分の手札から唱えてもよい。


ヘヴンの衝撃

光文明 コスト7 呪文

■S・トリガー

■相手の進化でないクリーチャーを1体選び、裏向きにして持ち主のシールドゾーンに新しいシールドゾーンに置く。


 

www.dmasters-pohu.com

ウルフェウスを出す前に呪文面を使っておく事によって、ウルフェウスの呪文踏み倒し能力を簡単に使う事が出来るという事で、何とかしてウルフェウスを使いたいと思っていた私としてはすごく嬉しいです。

 

また、《偽りの星夜ブラック・ライオネル》でシールドに仕込む事も可能です。特にシールドの数に気を配りたい闇エンジェルでは嬉しいトリガーカードとなってくれそうです。

 

全体的に能力が地味に見えるものの、しっかり考察してみると中々の可能性を秘めたカードだと言えそうですね。使う際には他のカードとの組み合わせをしっかり考えて使いたいです。

 

まとめ

全体的に、コントロール向きのスペックだと言えそうなカードです。そうした目線で見てみると、かなり便利なカードと言えそうですね。

地味ではありますが決して弱くはない、むしろ強力な部類のカードです。うまく使いこなしていきたいですね。

 

以上。ポフルでした。