ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《SSS級天災 デッドダムド》考察―侵略登場時を思い出すとてつもない力【デュエル・マスターズ】

今回のクロニクル、買えるのかしら。ポフルです。

発売日に買えないのがどう出るか……。

 

本日は《SSS級天災 デッドダムド》を考察していきましょう。

 

【デュエマ】究極のデッキ降臨!!SSS!!侵略デッドディザスターVS水単ウェイボール【激闘!デュエマコロシアム!!~デュエの穴編~】 - YouTube

 

 

 

カード情報

 


SSS級天災 デッドダムド

水/闇/自然文明 トリニティ・コマンド/S級侵略者

コスト8 パワー11000

■進化:自分の水、闇、または自然いずれかのクリーチャー1体の上に置く。

■SSS級侵略「天災」:水、闇、または自然のコマンド(自分の水、闇、自然のコマンドが攻撃する時、バトルゾーン、自分の手札、墓地、マナゾーンにあるこのカードをその上に重ねてもよい)

■W・ブレイカー

■このクリーチャーを別のクリーチャーの上に重ねた時、相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の墓地かマナゾーンに置く、または手札に戻す。


 

考察

史上初となる、3文明の侵略者ですね。今回の「SSS!! 侵略デッドディザスター」の目玉カードと見て良いでしょう。

侵略能力も、侵略の上位能力「S級侵略」のさらなる上位能力「SSS級侵略」となり、今までの「S級侵略」の内「宇宙」「不死」「原始」のすべてを兼ね揃えたかのような能力になりました。

さらに、このクリーチャーを別のクリーチャーに重ねた時、わかりやすく言うなら「進化するか、自身の侵略能力を使って進化した時」に、相手のクリーチャーを破壊かマナ送り、もしくはバウンスのいずれかを行う事ができます。

 

結論から先に言ってしまうと、

多色カード故の利便性、自身の除去能力の強力さを、侵略能力でさらに底上げする、まさに天才(天災)なクリーチャー

だと言えますね。

 

まずは多色カード故の利便性ですが、これは多く語る必要は無いでしょう。3色カードという性質から、序盤のマナ基盤となります。とはいえ、3色カードというのは一応「マナコストの支払いがシビア」という欠点を持ち合わせています。これによってデッキの構築が難しいという欠点も出てきます。

これを解消するのが、「SSS級侵略「天災」」ですね。そもそもコストを支払って場に出す必要がないので、「マナコストの支払いがシビア」という欠点を容易に解消出来てしまいます。

それどころか、この「SSS級侵略「天災」」は、「S級侵略「原始」」と同じくマナからの使用も可能です。すなわち、

「序盤はマナ基盤としてマナに置いておき、攻めるタイミング、もしくは他のマナ基盤要員を引く事ができれば、マナ基盤という役割から攻め手という役割へとスイッチする事が出来る」

という事です。

3色カードである事の利点だけを贅沢に利用する事が出来る、とてつもなく便利なカードだと言えるでしょう。

 

こうしたカードは、「いざ攻め手として使う際にやや地味」という印象がありますが、決してそんな事も無いですね。

パワー11000のW・ブレイカーと、攻め手としては及第点のスペックを秘めている他、「破壊、マナ送り、バウンス」のいずれかを選んで発動できる除去能力は強力です。

破壊しても何の害も無い相手は破壊、破壊時の能力を持つクリーチャーはマナ送り、破壊時の能力を持ちつつ、相手がビックマナのためにマナ送りもためらわれる場合には手札……と、状況によって送り先を自由に選ぶ事ができる事はかなり便利ですね。

 

この除去能力が、「S級侵略「宇宙」」と同じ侵略、すなわちバトルゾーンから他のクリーチャーへの侵略を行ったとしても発動するというのもまた恐ろしい所ですね。場の侵略可能なコマンドの数だけ便利な除去を放つ事が出来るというのは、恐怖でしかありません。

「S級侵略「轟速」」と違い、侵略時に進化元と一緒に移動するわけではないというのも恐ろしい所です。

 

これだけでも十分だと思うのですが、さらに「S級侵略「不死」」の要素である墓地侵略にまで対応していると、いたせり尽くせりですね。

破壊した所で、攻撃可能なコマンドさえ出せばまた侵略が可能です。

 

さらに、「侵略発動時に除去が可能」「手札、墓地、マナから侵略可能」という点から、一部の踏み倒し対策カードにもある程度強気に出る事が可能となっています。

 

正直な所、このクリーチャーを見ただけで、

「今回の『SSS!! 侵略デッドディザスター』は『風雲!! 怒流牙忍法帖』すら超えてしまう程のクロニクルデッキになってしまうのでは?」

という、すさまじい期待を持ってしまいますね。

 

一応、デッキ送りやシールド送りが唯一の弱点となるでしょうか。踏み倒し対策の中でも《ポクチンちん》や《奇石 ミクセル》には苦戦させられる事でしょう。

 

シールド送りに関してですが、現在メジャーなシールド送りは基本的に「進化クリーチャーを対象にできない」事や「カード指定除去」である事が多いので、進化クリーチャーであるこの子ならある程度対応はできます。ただし、《断罪スル雷面ノ裁キ》や、同時発売のクロニクルに収録された《聖闘の精霊龍 セイント・カイザー》のように、対策となるカードが全く無いという事は無いので、こうしたカードの存在が見えた場合には、ある程度考えた上での侵略を行うのが良いでしょう。

 

また、他の優秀な侵略クリーチャーと比べると、2打点しか持ち合わせていないという点が気になるかもしれません。その辺りは、コマンドを並べて「SSS級侵略」で全員を2打点にして殴る他、同じ侵略クリーチャーの《S級不死 デッドゾーン》や、この子を採用するデッキなら採用圏内の《終焉の禁断 ドルマゲドンX》で補う事も出来るので、そこまでの痛手ではないでしょう。

 

なんというか、

「ドラゴンサーガ」期以前からデュエル・マスターズをしていたプレイヤーが、《轟く侵略 レッドゾーン》や《S級不死 デッドゾーン》の情報をはじめて見た時の心境って、こんな感じだったのかな?

と思いますね。

 

 

まとめ

正直な所、

構築済みデッキのメインにしては便利過ぎるし強過ぎるクリーチャー

というのが個人的な感想です。

 

もちろん、この便利さや強さは一つの魅力です。「革命編」にてデュエル・マスターズをプレイしていた方の中で「侵略能力が好きだった」という方には、ぜひともオススメしたいカードですね。

 

 

以上。ポフルでした。