ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《リュウセイ・天下五剣カイザー》考察―同じ能力でもちょっとちがうカード【デュエル・マスターズ】

 正直な所、「刃鬼」デッキの方が使いこなしたい感があるゼニス好き。ポフルです。

本日クロニクルデッキ発売のようですが、解説記事は書きません。というのも私、金欠によってクロニクルデッキが買えない状態ですので、デッキの中身をしっかり見る事が出来ないんですよね。

 

刃鬼デッキに関しては現在の風潮の事も踏まえて色々書きたい所でもあるのですが、買ってない状態で書いても、現在のSNS事情を踏まえるに「エアプ乙」と言われるのが関の山かと思いますので。

 

 

 今回は《リュウセイ・天下五剣カイザー》の考察です。

 

 

【デュエマ】究極のデッキ2つ目降臨!!必勝!!闘将ブレードオーガVS闇自然ド・ラガンザーク【激闘!デュエマコロシアム!!~デュエの穴編~】 - YouTube

 

 

カード情報

 


リュウセイ・天下五剣カイザー

火/自然文明 レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター

コスト8 パワー14000

■スピードアタッカー

■マッハファイター

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルに勝った時、次の自分のターンのはじめまで、自分はゲームに負けず、相手は勝てない。


 

考察

《無双龍幻バルガ・ド・ライバー》でみた事がある気がする、スピードアタッカーとマッハファイターの組み合わせを持ったクリーチャーです。さらに、バトルに勝った時~次の自分のターンのはじめまでゲームに負けなくなる能力まで持っています。

 

この子を一目見た時に必ず思い浮かべるのは《伝説のレジェンド・ドギラゴン》ですよね。

 


伝説のレジェンド ドギラゴン

火文明 メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍/ハムカツ団

コスト8 パワー14000

■スピードアタッカー

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのターン、このクリーチャーはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる。

■このクリーチャーがバトルに勝った時、次の自分のターンのはじめまで、自分はゲームに負けず、相手はゲームに勝てない。


 

パワー、コストは全く同じ。能力も「マッハファイター」というキーワード能力になっているかそうでないかという細かい違いこそあれど、役割としては同じ能力です。

 

差別点としては、

  • 多色カードであるか否か。
  • 種族の違い。
  • 「マッハファイター」というキーワード能力である事とそうでない能力である事の差異。

となるでしょう。

 

多色であるか否かにおいては、メリットもデメリットも存在しているため、これで優劣を決めるという事はできませんね。

多色カードのサポートは多いですし、マナ基盤になるという点でも優秀ではありますが、マナにタップインしてしまうデメリットは存在していますし、マナロック・ドラゴンに狙われてしまう等他の文明が混じっている事による弊害も考えられます。

このタイプのカードを「サブウェポン」として搭載する際、メインとなるカードが多色だらけだった場合は、単色であるレジェンド・ドギラゴンを入れたくなりますし、そうでない場合は2色のマナ基盤になるリュウセイを入れたくなりますね。

 

種族の違いとしては、ハンターかそうでないかの違いを主に見る事になりそうですね。

「刃鬼」で出す事ができる点はリュウセイの方が優れています。

一応《伝説のレジェンド・ドギラゴン》の種族「ハムカツ団」は、ドマイナーな所で、「《ドギラゴン・フォーエバー》の能力で手札から捨てる事が出来る」という点も挙げておきましょう。

 

マッハファイターかそうでないかという点では、「マッハファイター」である事の利点の方が大きく感じますね。《黒豆だんしゃく》や《パックリーマン》、《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》のような「バトルゾーンに出た時」で始まる能力へのメタに引っかかってしまいます。

 

以上の事を踏まえると、多少、《リュウセイ・天下五剣カイザー》の方が優っているか……とは思いますが、《伝説のレジェンド・ドギラゴン》が確実に劣っていると言えるわけでもなさそうです。種族や文明の違いが気にならないデッキであれば、墳墓避けの為に何枚かに分けて採用するのが良いのではないかと思います。

 

 

「刃鬼」デッキで使う事で、中盤以降のシステムクリーチャーの除去、大型クリーチャーの除去を行いつつ、マナブーストしている最中に負けるという状況を無くし、「刃鬼」で踏み倒せば相手のクリーチャーとのバトルによって疑似的にS・トリガーの対策とする……等の役割が期待できそうです。中盤以降の安定性をしっかり伸ばしてくれそうな気がしますね。

 

個人的に、このカードの登場と《ザオヴァナイン・カイザー》の登場によって、《不敗のダイハード・リュウセイ》がそこまで必須には思えなくなっているのですが……。

 

今回「必勝!! 闘将ブレードオーガ」に収録のスーパーレアカードたちは「デッキのエース」的な感じのカードではないですね。恐らくですが「あくまでデッキの切り札は「刃鬼」」というコンセプトなのでしょう。古参的には、「変に魔改造されて別物となってしまった「刃鬼」の派生カード」が出なくて安心する反面、もう少し派手なカードが収録されていても良かったと思ってしまうかもしれませんね。

 

まとめ

同型再販感のあるカードではありますが、文明や種族が違うだけで入るデッキが変わってくるという、中々面白いカードです。

勿論、「刃鬼」のサポートとしても面白そうなので、「刃鬼」が好きな方にはぜひとも触ってみて欲しい所です。

 

以上。ポフルでした。