ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《生命と大地と轟破の決断》考察―派手に見えて意外と堅実なカードかも【デュエル・マスターズ】

この先考察記事がどれだけかけるか不安。ポフルです。

ちょっと忙しくなってくるので、また更新頻度が変わるかもしれないです。

 

本日は《生命と大地と轟破の決断》を考察していきましょう。

 

【デュエマ】最新自然呪文でやりたい放題!?ジョーカーズイマムースペシャルVSパーフェクトネイチャー革命チェンジ【激闘!デュエマコロシアム!!~デュエの穴編~】 - YouTube

 

 

 

カード情報

 


生命と大地と轟破の決断

自然文明 コスト5 呪文

■この呪文を自分のマナゾーンから唱えてもよい。そうしたら、唱えた後、墓地に置くかわりに自分の山札の一番下に置く。

■次の中から2回選ぶ。(同じものを選んでもよい)

 →自分の山札の上から1枚目を、タップしてマナゾーンに置く。

 →コスト5以下のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。

 →このターン、自分のクリーチャー1体はパワーを+3000され、タップまたはアンタップされているクリーチャーを攻撃できる。


 

考察

《知識と流転と時空の決断》に続く、新たな「パーフェクト」呪文ですね。

 

www.dmasters-pohu.com

 


知識と流転と時空の決断

水文明 コスト4 呪文

■自分の墓地に呪文が4枚以上あり、この呪文が自分のシールドゾーンにあれば、この呪文に「S・トリガー」を与える。

■次の中から2回選ぶ。(同じものを選んでもよい)

 →カードを1枚引く。

 →GR召喚する。

 →相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。


 

超天篇では今後、こうした「パーフェクトサイクル」的な物が出てくるのかもしれません。

3つの効果の中から2つ選ぶ効果、そして、特殊な唱え方が出来る効果の2つを持った呪文として、各文明に登場するのでしょうか。

 

……聖拳編の「エターナル呪文」みたいなノリで色々出てくるのかなと思ってしまいます。……多色ツインパクトが本格的に登場したのが「超天篇」でしたし、もしかしたら「超天篇」は「聖拳編」のオマージュ的な所があるのでしょうか。

 

本題に移りましょう。

マナから唱える事が出来る能力は便利です。マナブーストが主体となる自然文明にとって、マナに落としてしまっても自由に唱える事が出来る点はかなり嬉しいでしょう。

ループ対策なのか、この方法で唱えた場合にはデッキボトムに戻されてしまうので、《ムシムタマ》あたりのカードでマナがある限り唱え続けるといった事はできなくなっています。あくまで「マナブースト時にマナに落ちた時の保険」という効果だと思っておいた方が良さそうです。

ただし、《ブロッケン・ウォーン》や《龍素記号Cg ダイシャリン》のような、墓地に置くかわりにマナゾーンに置く能力との併用によって、マナが続く限り呪文を唱える事ができますね。

 

 

本命はやはり3つの効果、中でも「コスト5以下のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。」という効果ですね。

 

すべてのプレイヤーの共通認識かと思いますが、踏み倒し能力というのはそれだけで強力です。その踏み倒し能力を2回行う事が出来るというのはすさまじい物があります。

コスト5の呪文によってコスト10程度の踏み倒しが出来るともなれば、嫌でもインフレを感じてしまいます。

 

とはいえ、仮に10コスト分の踏み倒しを狙う場合、マナゾーンのカードを2枚も失ってしまう点は無視できないデメリットですね。なんとなく5マナ溜まったから使う……みたいなことをしてしまうと、痛い目を見る事になるでしょう。

「踏み倒したクリーチャーを使えば必ず相手を倒しきる事ができる」という組み合わせを探して使うのが理想となりますね。私の中ではそういった組み合わせは見つかっていないのですが、そのうち見つかりそうではあります。

 

それができないのであれば、素直に2ブーストするか、マナからコスト5以下のクリーチャーを引っ張りつつ、減ったマナをブースト効果で補う、はたまた、出したクリーチャーに「タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる」を付与して殴らせるといったプレイをするのが無難でしょう。

 

逆に言えば、中盤にこのカードで2ブーストを狙いつつ、相手の場にクリーチャーが存在しているなら、マナから《バングリッドX7》等のマッハファイターかつマナブースト可能なクリーチャーを呼び出す事によって、相手のクリーチャーを倒しながら大幅なマナブーストをしていく等と言ったプレイをしつつ、マナが充分に溜まって2マナ減る事は気にならない状態になった場合に、制圧の為の2体展開を行う……というような使い方もできるという事でもあります。……というより、こうした使い方がメインになりそうですね。

 

まとめ

クリーチャーとの組み合わせによってはこれ1枚で勝負を決めてくれそうなポテンシャルを秘めていると言えるカードでありながら、中盤には自分の動きをサポートするカードとしても扱う事が出来る……と、中々小回りの利きそうなカードではあります。デッキビルダーの工夫次第で様々なことができるという、かなりユーティリティなカードと言えるのではないでしょうか。

 

 Twitterでは、このカードの情報解禁以降かなり色々な提案がされていますが、実際に出てきた時にどんな使い方をされるようになるのか、中々楽しみです。

 

以上。ポフルでした。