ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ゴールド&ジョルネード》考察―水ジョーカーズ新規能力「Jトルネード」の考察も一緒に【デュエル・マスターズ】

 水文明ジョーカーズの登場。嬉しいですね。ポフルです。

 

 本日は《ゴールド&ジョルネード》の考察です。少し前にコロコロオンラインにて情報が出てきていたみたいです。コロコロコミックのプロモカードになりますね。

 

 

 

 

 

カード情報

 


ゴールド&ジョルネード

水文明 ジョーカーズ/ワンダフォース

コスト6 パワー7000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚する。

■このクリーチャーが攻撃する時、Jトルネードしてもよい。そうしたら、カードを3枚引いてもよい。(Jトルネード:自分の他のジョーカーズを1体、手札に戻す)


 

考察

とうとう出てきました、水文明ジョーカーズです。

新文明のジョーカーズは、秋近く、その年のエキスパンションシリーズ3弾に出てくるのが定番となりましたね。この調子で光文明及び闇文明も出てくるのでしょうか。……ジョー君の母親、るるちゃんが光文明使いであり、勝太くんも闇文明を使っていた時期もあったみたいですし、きっと出てくるのではないかなと思ったり思わなかったり。

 

本題に移りましょう。コスト6にしてパワー7000のW・ブレイカー。さらに出た時にGR召喚ができます。そして攻撃時に新能力「Jトルネード」を行う事で、カードを3枚ドローできますね。

 

一応、出しただけでGR召喚によってクリーチャーを2体並べる事が出来るという点は優秀です。ただし、これだけでインフレの進んだ現環境を戦うには心もとないですね。

折角の新能力「Jトルネード」も、他のジョーカーズを戻す事によって3ドローとビートダウンの補助としてはかなり嬉しい能力なのですが、殴り手を減らしてまで3ドローしたいのか、そもそも6コスト支払って、召喚酔いを無くしつつ、攻撃時に他のクリーチャーを消費までした上で受ける事が出来る恩恵が3ドローのみというのは、やはり心細いですね。一応、自身のGR召喚で呼び出したクリーチャーを戻す事が出来るので、決して悪いスペックでは無いかとは思いますが。

 

コロコロコミック付録という事から、あくまで「Jトルネード」のプロモーションとして扱うのがいいでしょう。

 

新能力「Jトルネード」

新能力である「Jトルネード」は、以下の共通テキストを持つ事になるのでしょう。

 


Jトルネード:自分の他のジョーカーズを1体、手札に戻す。


 

今までのジョーカーズのキーワード能力「J・O・E」「Jチェンジ」は、その能力自体がプレイヤーに恩恵を与えるという物でしたが、今回の「Jトルネード」は「このキーワード能力を行う事によって、他の恩恵を貰う事が出来る」という、要はコストのような扱いの能力になっていますね。

 

コストのような扱い……と書きましたが、自分のクリーチャーを手札に戻すという行為は「クリーチャーの攻撃時能力をもう一度使う事が出来る」という事でもあります。すなわち、工夫次第ではメリットにもなり得るという事です。

更に言えば、スピードアタッカーにマッハファイター、ジョーカーズ的には《チョートッQ》のような「出たターンに相手プレイヤーを攻撃できる」能力を持ったクリーチャーの攻撃後、攻撃時能力の「Jトルネード」で手札に戻してあげる事によって、《襲撃者エグゼドライブ》のように、殴り返し対策としての扱いも出来ますね。

 

こうしたメリットに+して「Jトルネード」を行った事による恩恵まで受ける事が出来る……と、中々にテクニカルな能力だと言えそうですね。

 

ただし、自分の場のクリーチャーを減らしている事に代わりは無いです。「Jトルネード」を行った事による恩恵のおかげでそこまで気になる消費にはならないのかもしれませんが、少し注意しなければいけませんね。

 

 水文明らしいテクニカルな能力を手に入れた水文明ジョーカーズ。この先どんなカードが登場するのか非常に楽しみになってきますね。

 

まとめ

カードとしての魅力はそこまで高くはありませんが、「Jトルネード」自体には中々の期待が持てますね。

 

「Jトルネード」のプロモーションとして、この先の水文明ジョーカーズに期待しましょう。

 

以上。ポフルでした。