ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ΓλΧ ヴィトラガッタ》考察―自然文明もオーラ界に本格参戦【デュエル・マスターズ】

2ブロック構築のデッキをテストプレイしているのですが、テストプレイ相手の青オーラが強すぎて、いっそこっちを使った方が良いのではないかレベルで困惑するという毎年恒例行事に見舞われたポフルです。

何度この葛藤を味わった事か。

 

本日は《ΓλΧ ヴィトラガッタ》を考察していきましょう。

 

 

【デュエマ】オーラ版侵略!?ジョーカーズシュンスケスペシャルVSリーフヴィトラガッタ【激闘!デュエマコロシアム!!~デュエの穴編~】 - YouTube

 

 

 

カード情報

 


ΓλΧ ヴィトラガッタ

自然文明 グランセクト/デリートロン

コスト7 パワー+6000

オレガ・オーラ

■オーラが2枚以上付いた自分のGRクリーチャーが攻撃する時、これを自分の手札からそのクリーチャーに付けてもよい。

■これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。

■これを付けたクリーチャーの攻撃の終わりに、相手のシールドが1つもなければ、相手のクリーチャーをすべて持ち主のマナゾーンに置く。


 

考察

自然文明のオレガ・オーラですね。コスト7にしてパワー+6000。パワード・ブレイカーの付与と、攻撃の終わりに相手のシールドが無ければ全体除去。さらに、オーラが2つ以上付いているGRクリーチャーの攻撃時に重ねる事が出来る能力を持っています。

 

特筆すべきはやはり、GRクリーチャーの攻撃時に自身を付ける能力でしょう。

ノーコストでパワー+6000と「パワード・ブレイカー」の付与と考えるだけでも中々優秀です。パワー+6000と「パワード・ブレイカー」の付与が出来るという事はすなわち、ノーコストでシールドブレイク数を1つ増やす事が出来るという事です。

2ターン目にチュパカル、3ターン目にウナバレズを付けたGRクリーチャーを作る事が出来れば、そのまま「破壊能力の代わりにアンタッチャブルを得たレッドゾーン」的な使い方も可能でしょう。

動画でも「侵略」と言われていますが、まさにその通りな使い方になるかと思います。

 

この踏み倒し能力に文明の指定は一切存在していないので、今までのオーラデッキを手軽に強化できるカードになってくれる事でしょう。

現状では青オーラデッキが主な活躍場所になりそうです。

 

攻撃の終わりに発動する全体除去も、おまけと割り切るには惜しいくらいに強力な能力です。特にGRクリーチャーを主体とするデッキに対しては刺さる能力になっています。

発動条件は「このクリーチャーの攻撃の終わりに相手のシールドが0なら」と、ビートダウンデッキとなるオーラデッキにとってはそこまで難しい能力でもありませんね。

 

嬉しい点としては、「このオーラを付けたクリーチャーの攻撃でシールドを0にした時」ではない点ですね。例えば、相手のシールドが既に0となっている際にこのオーラを付けたクリーチャーで攻撃し、相手がブロッカーでブロックした時でもこの全体除去能力は発動します。

もちろん、相手のシールドが0の時にクリーチャーに攻撃したとしても、この能力は発動します。《Rev.タイマン》のようなカードを使われた際には覚えておきたいです。

 

早期に相手のシールドを0にしてしまう事によって、この全体除去のプレッシャーがかなり増していく事になります。優位な状態を更に優位な状態に持っていく事で確実に勝利を狙いに行くようなカードだと言えるでしょう。

 

問題点としては、オーラを2枚重ねたクリーチャーで攻撃する必要があるという点ですね。

現状のオーラデッキでは、最低限「GRクリーチャーを1ターン維持する」という条件が付きまとう事となるでしょう。優秀な除去手段が増えている現状では少々心もとない所はあります。

この子の能力を最速3ターン目で使う事によって、相手の除去カードが間に合わないような状態を作るか、《幽影エダマ・フーマ》や《ザーク卍ウィンガー》による耐性を合わせて確実な発動を狙うかは考えておく必要があるでしょう。

もしくは、デッキに赤をタッチする事で《ソニー・ソニック》を採用するなり《ΔΔΣ シグマティス》で、出てすぐに攻撃できるようにするなりですね。

 

また、このオーラを付けたクリーチャーでシールドを全てブレイクした時、相手のS・トリガーでこのオーラを付けたクリーチャー、またはこのオーラ自身が除去されてしまうと、全体除去は発動しません。

後者は現状対応しようが無いですが、前者であればウナバレズやエダマ等で耐性を付与する事でなんとかなる事も多いです。オーラデッキ自体の特性も考えれば、これらの耐性付与カードとの併用は必須と考えて良いかと思いますね。

 

 

まとめ

今までのオーラデッキのビートダウン性能をさらに強化してくれそうなオーラですね。

今までオーラデッキを使ってきた方は、この子の採用も考えてみると良いかもしれません。

 

 以上。ポフルでした。