ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《葉鳴妖精ハキリ》考察―可愛い顔してテクニシャン【デュエル・マスターズ】

スノーフェアリー好き。ポフルです。……嫌いな人っているのでしょうかね。

 

本日は、《葉鳴妖精ハキリ》の考察です。なんといってもイラストです。コロコロオンラインにて是非確認してくださいな。未だにカード画像ブログに貼り付けて良いものかわかっていないですよ私は。

 

 

 

カード情報

 


葉鳴妖精ハキリ

自然文明 スノーフェアリー

コスト2 パワー2000+

■相手のターン中、このクリーチャーのパワーを+4000する。

■このクリーチャーが攻撃する時、自分のマナゾーンにあるカードの枚数以下のコストを持つクリーチャーを1体、コストを支払わずに自分の手札から召喚してもよい。


 

考察

かわいい。

 

この子軸にしたデッキを組んであげたい欲がスゴイですね。

 

コスト2にてパワー2000。相手のターン限定でパワー6000になる能力も持っています。

更に、自身の攻撃時に、自分のマナゾーンのカードの枚数以下のコストを持つクリーチャーを手札から召喚できる能力まで持っていますね。

 

コスト2でありながら、マナゾーンのカード次第では最上級のクリーチャーを召喚できる可能性があるという事で、《最強虫ナゾまる》を思い出しますね。

 


最強虫 ナゾまる

自然文明 グランセクト

コスト2 パワー1000

■このクリーチャーを自分のマナゾーンから召喚してもよい。

■ミノまじかる:自分のターンのはじめに、このクリーチャーをタップしてマナゾーンに置いてもよい。そうしたら、自分のマナゾーンにあるカードの枚数以下のコストを持つ、進化でないクリーチャーを1体、自分のマナゾーンから選び、バトルゾーンに出す。


 

www.dmasters-pohu.com

 

ナゾまるとの違いは以下の通りです。

  • 能力発動が攻撃時。
  • 相手ターンのみ高パワー。
  • 踏み倒し場所が手札。
  • 進化クリーチャーも踏み倒しが出来る。
  • 召喚である。

 

出てすぐに攻撃できない以上、ミノまるの時の問題点だった「相手ターンを跨がなければ能力を発動できない」という問題点は据え置きです。

ただし、上手く能力を発動できた場合には、進化クリーチャーも踏み倒し対象に入っていることや、召喚扱いである点を活かして強力なゼニスクリーチャー等の踏み倒しまで視野に入る等、ナゾまるよりも自由度はかなり高くなっていると見て良いでしょう。

 

とはいえ、出てすぐに攻撃できない点や、相手ターンにパワー6000になるとはいえ、除去耐性を持っているわけでは無いという点から、「この子を使って大型クリーチャーをどんどん召喚していくデッキ」というのは、構築がかなり難しくなるのではないかと思いますね。

逆に、マナがそこまで溜まっていない早期の状態であれば、火力呪文にも引っかかりにくく、主流のマッハファイタークリーチャーにも殴られないです。序盤での活躍が主になりそうですね。

 

序盤での活躍が主という事から、「ビートダウンデッキにおいて、疑似的にマナを2倍にしながら殴る」としての活躍が狙えるでしょう。

 

ビートダウンデッキでの採用

手札を増やす事が出来る水文明を主体としたビートダウンで扱う事によって、疑似的にマナを2倍にするような使い方が考えられます。

 

例を挙げるなら、

  1. 2ターン目にハキリを召喚
  2. 3ターン目、3コスト以下のクリーチャーを普通に召喚。
  3. そのままハキリで攻撃、手札からコスト3以下のクリーチャーを召喚。

 

つまり「普通にマナを支払ってカードをプレイ+ハキリの能力でクリーチャーを召喚」という流れによって、マナゾーンのカードが3枚でありながら、合計6コスト分のクリーチャーを召喚できるという事です。

手札消費は激しいので手札補充が得意な水文明のクリーチャーで手札を多く維持しておきたい所です。

 

自然文明でも一応《種族選別》や《雪精ジャーベル》のように手札補充が出来るカードは増えているので、これらとの併用も試してみたいですね。大幅な手札補充が出来る《武家類武士目 ステージュラ》を扱える【スノーフェアリー】での採用ももちろん可能でしょう。

 

更に、《プラチナ・ワルスラS》等の「攻撃時に手札補充が出来るクリーチャー」との相性も良好ですね。

ハキリよりも先にワルスラで攻撃する事によってカードをドローし、ドローしたカードの中に今すぐ使いたいクリーチャーが存在していれば、ハキリの攻撃時にそれをバトルゾーンに出すという使い方も可能です。

また、ワルスラの調整版として登場した《パラディソ・シエル》との相性も中々ですね。

 


パラディソ・シエル

水文明 トリックス/ワンダフォース

コスト2 パワー13000

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の水のクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の水のクリーチャーを2体、手札に戻す。

■このクリーチャーが攻撃する時、カードを3枚引いてもよい。そうしたら、手札を1枚捨てる。


 

www.dmasters-pohu.com

 

手札補充能力との相性は勿論。《パラディソ・シエル》を出してバウンスしてしまった自分の水のクリーチャーをハキリの能力で即座に呼び戻す事が出来ますし、水のクリーチャー2体で攻撃した後、ハキリ能力でパラディソを召喚して、攻撃後の水クリーチャー2体を手札に戻す……というようなテクニカルな使い方も可能です。

……え、こういうデッキ組みたいわ。

 

勿論、ハキリ能力で手札をガンガン消費する事によって《"轟轟轟"ブランド》の条件を満たすという使い方も考えられます。……殿堂入りである事を考えると、他にもう一つ欲しいところですが。

 

こうしたビートダウンデッキでの使い方が、ハキリの主な使い方になるのではないでしょうか。

かわいらしい顔してかなり攻撃的かつテクニシャンな印象ですね。好き。

 

 

他にも、《ドンドン水撒くナウ》や《飛散する斧プロメテウス》のような、「マナと手札を同時に増やすカード」との相性も良いですね。

 

まとめ

スノーフェアリーの可愛さは勿論。その能力も、ビートダウンで扱うには中々頼りになりそうな能力です。

かわいいカードが好きな私のような方は是非是非。

 

以上。ポフルでした。