ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ジョリー・ザ・ジョルネード》考察―ジョーカーズ好きなら何が何でも絶対必須【デュエル・マスターズ】

 ジョーカーズ種族のイラストはかわいらしくて好き。ポフルです。

 

 今回は、新たなマスターレアのジョーカーズ《ジョリー・ザ・ジョルネード》を考察していきましょう。

 

 

 

 

カード情報

 


ジョリー・ザ・ジョルネード

水文明 ジョーカーズ/ワンダフォース

コスト7 パワー10000

■マスターJトルネード:相手のターンの終わりに、このクリーチャーが自分の手札にあり、このターン中に自分の他の「マスターJトルネード」をまだ使っていなければ、自分のジョーカーズ・クリーチャーをコストの合計が10以上になるように好きな数選び、手札に戻してもよい。そうしたら、このクリーチャーをバトルゾーンに出す。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚を3回する。

■自分のジョーカーズはブロックされない。


 

 

考察

《ジョリー・ザ・ジョニー》が水文明の力を得た姿ですね。毎シリーズ恒例のものになっていますね。この先光と闇の姿も出てくるのでしょうか。

 

能力としては、先日明らかになったばかりの水文明ジョーカーズ固有能力「Jトルネード」を元にしたマスター能力「マスターJトルネード」を持ち、更に出た時に3回のGR召喚と、自分のジョーカーズすべてがブロックされなくなる能力を持ちますね。

 

GR召喚3回は単純に強力です。そもそもコスト7のクリーチャーであるジョルネードが場に出ていて、更にコスト2~5分の踏み倒しを3回行う事が出来るわけですから、弱いわけがありません。ただし、明確な使い方を考えなければ「ただ強いだけ」に終わってしまうのがGR召喚の辛い所です。

もう一つのアンブロッカブル化も刺さる相手には強力ではありますが、刺さらない場面も数多く存在する事を考えるともう一歩欲しいと考えてしまう所です。

……と、ここまで書くとかなりネガティブなイメージに見えてしまいますが、この2つの能力の評価を180度変えてくれるのが、固有能力「マスターJトルネード」ですね。

 

固有能力「マスターJトルネード」

相手のターンの終わりに、自分の場のジョーカーズをコスト10以上になるように手札に戻す事で、自身を手札から出す能力です。「能力発動の為のコスト」のような扱いだった「Jトルネード」の上位種として見るには、少し異質な能力に見えますね。

 

この能力自体、コスト7とそこそこ高いコストを持つジョルネードにとってはうれしい能力です。

現状有用な低コストジョーカーズ・クリーチャーのほとんどが「出た時能力でアドバンテージを稼ぐ事が出来るものの、出た後は貧弱」というクリーチャーが多いので、それらを手札に戻して出た時能力を再利用しつつ、質の良い大型クリーチャーに変換できます。

そもそも、《ヤッタレマン》→《パーリ騎士》→《ヘルコプ太》という、新章時代のジョーカーズ必勝の4ターンをなぞるだけで、「マスターJトルネード」の条件10コストまで到達できる事も考えれば、「早期ターンでの切り札の降臨」という面ではかなり心強い能力になってくれる事は間違いなさそうです。

GR召喚という、クリーチャーを並べ易い能力との併用も考えれば、「マスターJトルネード」の条件はかなり簡単に思えますね。

 

また、《バイナラドア》や《ニルバーナー》等、優秀な高コストS・トリガークリーチャーを利用するのも一つの手段ですね。

相手からしてみれば、「3ターン目に一気に殴りかかったら、トリガークリーチャーで自分のクリーチャーが除去された上に相手の切り札が降臨した」という、中々の地獄絵図になりますね。……そう考えると、もしかしたらこのクリーチャーは「ゲームスピードが速まった現環境への抑止力」としてのデザインも含まれているのかもしれませんね。

 

更に特筆すべきは、このマスターJトルネードが発動するタイミングが「相手のターンの終わり」という点ですね。相手のターン中に出す事が出来るので、次の自分のターンには既に召喚酔いが解けています。疑似的なスピードアタッカーと捉える事も出来るでしょう。

勿論、3回のGR召喚も相手のターンの終わりに行う事になるので、出てきた3体のGRクリーチャーも召喚酔いが解けた状態で自分のターンを迎える事が出来ます。

 

単純計算、ジョルネードで2枚、3体のGRクリーチャーで3枚のシールドがブレイクできるので、「マスターJトルネード」を使うだけで「シールドを全て割り切るだけの打点が揃う」と考える事が出来ます。もう少し踏み込んで考えれば、「コスト10分のジョーカーズを並べて相手のターンの終わりを迎える事が出来れば、いきなりゲームエンドが見えてくる」と考える事も出来るでしょう。

さらに、出したGRクリーチャーの中に「超天フィーバー」達成済みの《The ジョラゴン・ガンマスター》や、《鋼ド級 ダテンクウェールB》のようなW・ブレイカー持ちが存在していれば、シールドを全て割って直接攻撃が出来るだけの打点が揃います。

 

このカード1枚でゲームエンド級の打点を揃える事が出来る……と考えた時、地味に見えていた「ブロックされない」能力も馬鹿にできない物になってきますね。メメントやハヤブサマルをしっかり無力化する事によって、更にゲームエンドが近くなります。

 

もっと踏み込んで考えてみましょう。

ジョルネードというクリーチャーですが、「マスターJトルネード」で出す事を考えた場合、

必ずしもデッキに水文明を採用する必要は無い

という点もまた利点だと言えるでしょう。

 

極端な話、【ガンバトラージョーカーズ】【ジョラゴンジョーカーズ】【赤ジョーカーズ】【緑ジョーカーズ】【赤緑ジョーカーズ】はたまた【コントロールジョーカーズ】【初心者の寄せ集めジョーカーズ】だろうが、すべてのデッキにメインプラン、またはサブプランとしてジョルネードを搭載する事が出来るわけです。

上記の通り、ジョーカーズには様々なデッキタイプが存在していますが、そのほとんどが「メインギミックを機能させる為に、序盤は《ヤッタレマン》や《パーリ騎士》等の低コストクリーチャーを並べる」という物になります。その低コストクリーチャーを並べる行為は、メインギミックを機能させる為の戦い方であるのと同時に《ジョリー・ザ・ジョルネード》の「マスターJトルネード」を成立させる為の戦い方にもなるわけです。さらに、《ジョリー・ザ・ジョルネード》は、「マスターJトルネード」の条件さえ満たしてしまえば、単体で(正確には、他の手札を必要としないGRクリーチャーのみで)勝負を決めに行くだけの打点を揃える事が可能です。

ジョーカーズデッキ全体の戦い方に合った条件、単体でゲームを決めるだけの力の2つを持つジョルネードは「ジョーカーズデッキのメインギミックを阻害する事無く、手軽にサブフィニッシャーを搭載できる」と言えるわけですね。

 

この先、【ジョーカーズ】と対戦する際には、どのタイプの【ジョーカーズ】かを見極めるだけでなく、相手がジョルネードを使うかどうかまで見極めなくてはならない可能性も出てきますね。

 

 

この「マスターJトルネード」による、ゲーム内外での奇襲性能、更にGR召喚による突破力。水文明がややフィーチャーされている超天篇のトップレアに相応しい、そして主人公の新切り札に相応しい、かなり強力なクリーチャーだと言えるでしょう。

 

その他の魅力についての話

「主語がデカい」みたいな言葉を好んで使う人にとっては、今回の記事の題名に対して「誇張表現乙」的な意見を言われるかもしれないので、少しカジュアル面での魅力も話も少ししておきましょう。

 

 

「今後、GR召喚が可能なジョニーが出た時には、ジョラゴンとジョニーが肩を並べて戦う姿が現実的になるかもしれない」

という事を、《The ジョラゴン・ガンマスター》が出た時に密かに考えていたのですが、このジョルネードの登場によって、一気に現実になりましたね。

 

今までが「2体を並べるのはロマン」だったことから、この登場によって嬉しい想いをしている方も多いのではないかと思います。

 

さらに言えば、《ジョット・ガン・ジョラゴン》との相性も中々です。

そもそもこの2体は「場にジョーカーズを並べれば並べる程出しやすくなる」という共通点があるので、2体を同時にデッキに入れたとしてもデッキ構築に無理が生じにくいです。これは前に書いた通りです。

 

そして、「マスターJトルネード」の発動が「相手ターンの終わり」である事から、「マスターJトルネード」を使った次の自分のターンには、最悪、ジョルネードで出したジョーカーズGRクリーチャーをコストにして《ジョット・ガン・ジョラゴン》を無理なく出せるという事、ジョルネードのGR召喚能力が出た時能力なので、「ジョラゴンビッグ1」の弾としても利用しやすいという事、そもそも「マスターJトルネード」で戻したクリーチャーももちろん「ジョラゴンビッグ1」の弾に出来る事……と、組み合わせるメリットはかなり多いです。

「ジョニーとジョラゴンの競演」を実現したい方にとっては、実用性とロマンをバランスよく揃えた楽しいデッキになるのではないかと思いますね。

 

微々たる欠点の話

ここまで良いところばかり書いてきましたが、明確な欠点として

「相手のターンの終わりまで、コスト10分のジョーカーズを維持しなければならない」という点が挙げられますね。

 

ジョーカーズを相手にした際、場のジョーカーズのコストが10以上になっていれば、自分の動きよりも相手の場の処理を優先させるような動きを優先することによって、簡単に対策はできそうです。

勿論、それがやりにくいメタリカのようなデッキにとっては悪夢のようなクリーチャーではありますが、このように明確な欠点があるというのは、バランス調整の面でうまく作られているなと思いますね。

 

 

まとめ

全体的にみて、汎用性に強さにロマンにと、すべてにおいて高いスペックを持ったクリーチャーだと思いますね。

ジョーカーズが好きな方なら、確実に手に入れておきたいカードですね。

 

以上。ポフルでした。