ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《カエルB ジャック》考察―害悪カードの調整版。そんな事よりミルクボーイくれよ【デュエル・マスターズ】

 ポフルです。

 

 本日は、《カエルB ジャック》の考察です。アニメで登場していますね。

 ……ミルクボーイくれよ!!!!

 

 

 

カード情報

 


カエルB ジャック

水文明 トリックス/ワンダフォース

コスト3 パワー7000

■このクリーチャーは攻撃できない。

■自分が呪文を唱える時、自分のクリーチャーを好きな数タップしてもよい。こうしてタップしたクリーチャー1体につき、その呪文を唱えるコストを1少なくする。ただし、コストは0以下にならない。

■各ターン、自分がはじめて呪文を唱えた時、カードを1枚引く。


 

考察

登場以降、多数のやべーデッキを生み出した事によって、殿堂入りを待たずしてプレミアム殿堂となった《ベイB ジャック》の調整版というべきクリーチャーですね。

 


ベイB ジャック

自然文明 ミルクボーイ/イニシャルズ

コスト1 パワー6000

■バトルゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーは、自分のターンの初めにアンタップしない。

■自分がカードを引いた時、自分のマナゾーンにあるカードを3枚タップしてもよい。そうしたら、このクリーチャーをアンタップする。

■バトルゾーンにある自分のクリーチャーを、自分のマナゾーンにあるかのようにタップしてもよい。


 

……ミルクボーイデッキを愛用する私の彼女的には、「ジャックに代わるミルクボーイの新規くれよ!ソーターの同型で良いからくれよ!!!」って感じですし、彼女はカエルが嫌いなので悪夢みたいなクリーチャーですねこれは。ハイ。

 

 

ベイBジャックから調整されている点としては主に4点です。

1点目に、マナを生み出す能力は、呪文を唱える際に自分のクリーチャーをタップした数分、呪文のコストを下げるという能力へと変更さています。ジャックの能力でクリーチャーを呼び出し、そのクリーチャーをマナ要員として活用する……という使い方が難しくなっていますね。

GR召喚が可能な呪文や、超次元呪文を使う、《ナゾの光リリアング》などの出た時の能力で呪文を唱える……と言った方法を使えば、擬似的に同じような動きも可能ですが、それでも他の調整点を見る限りでは元祖ジャックと同じ使い方は難しいと考えるべきでしょうね。

2点目に、最悪2打点持ちのクリーチャーとして扱うことができたジャックと違い、こちらは攻撃ができなくなっています。こちらも、ベイBジャックの嫌なところの一つだったので、ここもしっかり調整されているのは嬉しいところです。

3点目に、あくまでコスト軽減であり、コストを0までは下げれない事から、必ずマナを1枚はタップしなければならなくなっている事ですね。

4点目ですが、何より3コストと少々重くなった事によって、2ターン目以降から意味不明な挙動を見せるような事はなくなりました。

 

以上のような調整点から、元祖ジャックのような使い方は難しいと考えられます。ただ、単なる調整版というわけでもなく、ジャックに勝る利点も2つ存在しています。

1点目に、パワーが高くなった事で、マッハファイターや火力に多少強くなっています。システムクリーチャーであるこの子にとって、除去されにくくなっていることは利点でしょう。

2点目に、各ターン始めて呪文を唱えた時のドロー能力です。1ターンに一度ですが、単純に呪文限定の置きドローかつ3コスト、上記の通りの除去されにくさと呪文のコスト軽減まで持っているというのはそこそこ優秀ですね。

 

何度も書いている通り、ベイBジャックとほぼ同じ使い方はかなり難しいです。ただし、工夫次第ではジャックに似た大量の呪文詠唱も可能になりますね。

 

調整点1つ目で書いた通り、GR召喚可能な呪文等でクリーチャーを展開する事によって、出てきたクリーチャーをさらにコスト軽減の種としてタップする事ができます。例えば、GRクリーチャーをメタリカで固めて《龍装者バーナイン》のドローで手札を補うという使い方もできなくは無いでしょうし、メタリカに拘らなくとも《歩く賄賂コバンザ》でのドローを狙ってもいいでしょう。

各ターン1回のみですが、《Wave all ウェイボール》でコスト軽減の種をさらに増やせるようにするのも良いですね。

 


Wave All ウェイボール

水文明 トリックス/ワンダフォース

コスト2 パワー5000

■このクリーチャーは攻撃できない。

■各ターン、自分が初めて呪文を唱えた時、GR召喚する。

■クリーチャーの能力によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。


 

www.dmasters-pohu.com

 

《氷河フランツ》等でさらに呪文のコスト軽減を狙うというのも一考ですね。光文明限定とはいえコスト軽減能力を持つGRクリーチャーの《白皇角の意志 ルーベライノ》は、かなり相性のいいカードになってくれそうです。

 


白皇角の意志 ルーベライノ

光文明 メタリカ/ワンダフォース

コスト3 パワー2000

GRクリーチャー

■自分の光の呪文を唱えるコストを1少なくする。ただし、コストは0以下にならない。


 

www.dmasters-pohu.com

 

また、このような形で呪文を詠唱し続けることができるなら《超宮兵マノミ》との併用も考えたいところですね。コスト軽減の種を出しつつ、手札も増やすことができます。

 


超宮兵 マノミ

水文明 ムートピア

コスト5 パワー4000

■G・ゼロ:このターン、自分が呪文を3枚以上唱えていれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを2枚引く。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

このようにしてGRクリーチャーを並べた後には、本家よろしく《攻守の天秤》《センキン・ウォール》でクリーチャーをアンタップしてコスト軽減の再利用も可能です。《イッツ・ショータイム》等の大型呪文を唱えてフィニッシュに向かう……というのも考えられるでしょう。

 

ワンダフォース陣営のトリックスらしい、呪文による大量展開を強力にサポートしてくれるカードになってくれそうです。

 

まとめ

 《ベイBジャック》の強すぎた点をしっかり調整しつも、独自の使い方を模索したくなるような力を持った、面白いクリーチャーだと言えそうです。

 

……ミルクボーイの新規くれよ!!!!!!って感じですが、カエルが嫌いとかでなければ、ちょっとおもしろいデッキを作ってみたいですね。

 

以上。ポフルでした。