ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ジェイ-SHOCKER》考察―Jトルネードに震えよ【デュエル・マスターズ】

 光ジョーカーズが来たら、ジョーカーズの構築本気出す。ポフルです。

 

 本日は、コロコロオンラインにて公開されました《ジェイ-SHOCKER》を考察したいと思います。

 

 

 

カード情報

 


ジェイ-SHOCKER

水文明 ジョーカーズ/ワンダフォース

コスト3 パワー1000

GRクリーチャー

■このクリーチャーが攻撃する時。Jトルネードしてもよい。そうしたら、次の自分のターンのはじめまで、そのJトルネードしたクリーチャーとコストが同じカードを相手はバトルゾーンに出せない。(Jトルネード:自分の他のジョーカーズを1体、手札に戻す)


 

考察

Jトルネード持ちのGRクリーチャーですね。

 

Jトルネードという条件を持たせる事によって、GRクリーチャーに能動的かつ強力な能力を持たせる事に成功した……と考えるべきですかね。

 

Jトルネードについては、以下の記事にて触れています。

 

www.dmasters-pohu.com

 Jトルネードによる能力は、戻したジョーカーズクリーチャーのコストと同じカードをバトルゾーンに出せなくする能力ですね。

 

単純に考えるなら、この能力で出す事が出来なくなるカードは「クリーチャー」「クロスギア」「ウェポン」「フォートレス」「フィールド」「オーラ」ですね。

「呪文」のプレイを止める事はできませんね。唱える際にバトルゾーンに出すような形でプレイこそするものの、厳密にはバトルゾーンに出すわけでは無いので。

 

 「攻撃時」「自分のジョーカーズをバトルゾーンから手札に戻す」「戻したクリーチャーのコストと同じコストのみ」と制約は多いですが、その分上記の通りかなり多くのカードタイプを制限できる点は魅力ですね。「デュエル・マスターズ」において一番使用頻度の高い「クリーチャー」から、一度場に出されると除去が困難な「フィールド」や「フォートレス」、また、現状直接プレイを封じる方法が無い「オーラ」のプレイまで制限する事が出来るのはかなり心強いでしょう。

 

ただし、《ジェイ-SHOCKER》+相手が次のターンに使いそうなジョーカーズクリーチャーを並べなければならない点は少しだけ厳しいですね。止める事の出来る範囲こそ違いますが、《「本日のラッキーナンバー!」》が見た目に反して使いやすいカードだった事を考えると、少々使いにくさが目立つかもしれません。

とはいえ、幸いな事にジョーカーズは大量展開に優れた種族なので、文面で見た印象よりも使いやすいかもしれませんね。

 

また、相手が大型のカードを大量に使うデッキの場合、自身も大型クリーチャーを隣に出さなければならず、更にそのクリーチャーを手札に戻さなければならないという点も、明らかに使いにくい点だと言えるでしょう。

ただし、対バラギアラでは、ループに必要な《始虹帝ミノガミ》や《コンダマ》あたりのコストのジョーカーズを手札に戻せば、とりあえず返しのターンの最悪の事態は回避できますし、黒オーラもコスト5を戻してケルベロックを防ぐか、コスト3でエダマを防いで耐性を付けさせないようにというプレイも可能です。

 

最大の問題点は、狙った時に出しにくいGRクリーチャーである点と、Jトルネードの発動が攻撃時である点でしょう。折角出しても、パワーが低いので火力やマッハファイターで簡単に壊れます。元ネタの時計とは大違いですね。

 

これら欠点を同時に防ぐ事を考えるのであれば、GRクリーチャーを一気に場に出す事が出来る上に、スピードアタッカーまで付与できる《BAKUOOON・ミッツァイル》ですね。……ここまで色々な事できるとなると、本当にミッツァイルでOKな感じになってしまってそれはそれで嫌ですね……。

 

 


BAKUOOON・ミッツァイル

火文明 ビートジョッキー/ワンダフォース

コスト9 パワー9000

■このクリーチャーを召喚する時、自分のクリーチャーを好きな数破壊してもよい。こうして破壊したクリーチャー1体につき、このクリーチャーの召喚コストを2少なくする。ただし、コストは0以下にならない。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このクリーチャーを召喚する時に破壊されたクリーチャー1体につき、GR召喚する。

■自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。


 

www.dmasters-pohu.com

【ミッツァイルジョーカーズ】というデッキタイプの存在が示す通り、ミッツァイルとジョーカーズの相性は中々高いです。このタイプのジョーカーズの超GRに《ジェイ-SHOCKER》を入れるだけで、かなりの力を発揮してくれそうですね。

勿論、《ガンバトラーG7》との相性も良好です。

 

この《ジェイ-SHOCKER》の欠点をしっかり埋める事ができ、更にこの子を活躍させるだけの力を持ったデッキを組む事が出来れば、「攻撃時に相手の行動を縛り、次のターンに手札に戻したクリーチャーを召喚する事で、永遠に特定コストの使用を禁止する」という、凶悪極まりないスペックを発揮してくれるでしょう。《ジョジョジョ・マキシマム》との併用で呪文のトリガーまで封じてしまうというプレイも、また恐ろしいですね。

 

 

まとめ

使いにくさこそありますが使いこなせば凶悪という、中々玄人好みのクリーチャーです。

ジョーカーズを使用している方は是非。

 

以上。ポフルでした。